記事一覧

中華人民共和国内での紛争

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/7/9(木) 午前 1:25

ファイル 7148-1.gif

暴徒

 異なる部族による対立によって生じた
紛争であるが、中華人民共和国に限った
事柄でもない。

 つまりは、国家政府から孤立的文化を
営んでいる場合、相応なる文化的観点に
伴って、現行の政府活動に賛同をするに
値しないと、部族的な評価をする場合が
あって、それに伴い部族の不満などが、
原因になって、暴徒化する場合がある。

 基本的に、現行政府の体制によって、
不利益が生じていると感じられる場合に
限って生じる現象であり、利益が有ると
言うならば、何ら反乱する者も居ないと
されるのか、一般的である。

 こうした観点から『金持ち喧嘩せず』
と言う諺が有るのかと想われる。

127の部族

 中華人民共和国の9割が、漢民族で
あると言われているが、実質的には、
「127の部族が有る」と、知合いの
Chinese(中国人)から聞いた事がある。

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 また、其々の部族の文化的な風習は、
独特であって、政府からの法律や規制
などは、『 抑制力の無い法規 』に
なっていることが多いそうです。

 之における国家統治に伴う倫理性は、
意外にも低いとされ、且つ、今回での
事件のように、『殺人事件、暴徒事件』
などが生じても、事件の加害者が同胞
として見られるなら、それを過剰にと
かばう傾向にある事からも、法規等の
統治力が、然程に無いことを立証して
いるのかと感じられる。

 結果的に『 中華人民共和国 』は、
共和国でありながら共和体制の効力が
十分に発揮できてなかった事実が在り、
『 万年的な貧困生活が続く事により、
理想的な現実は、幻想である 』等と
民が判断をするようになった事などが、
反乱の原因になっているのかと想われ、
何も、中華人民共和国の現象に限らず、
どのような共和国であっても、発生を
する可能性が有る。

;
 逆に、そもそも根源は、政府機関の
『 超越的な裕福生活 』であって、
結果的に民を奴隷化して役人が肥える
と言う結果に至り、何ら共産制に習う
『 富の共有 』などが無いのだから、
相応にして、民が憤慨するのも解かる。

 特に、一世代で努力して、子供にと
その苦労を引き継ぐが、未だに日々の
生活が豊かにならないと、言うならば、
その次の世代や、三世代あたりからは、
政府に対して不信感を抱いても当然で
あって、「 公務員における、私腹の
肥えた体格 」は、先進国などでも、
指摘をされており、民間企業などでも
毛嫌いをされている。

 つまり、『 共産主義の幻想 』を
確立させてしまったのは、二世代や、
三世代目の役人達による、国家趣旨に
伴う、『国内万民における富の共有と、
生活の協同、そして福祉の向上』等で
あったが、それらが見込まれ無いと、
判断をするに値をする、政府機関での
対応では、相応なる反乱も発生をする。

結語

 暴動は、なぜ起こるのか?

 この課題は、複雑そうで、とても
単純であることが、解かっています。

 っと言うのは、「 人は、特定の
環境や条件により、特定の気持ちに
陥りやすい 」と言う事が解かって
おり、その観点からも、その事情を
知る者は、知らない者を陥れるとの
傾向に有ることが解かっている。

  • --

 これは、日本国でも公務員などが
一般の民に対して行う現象であって、
それらの減少は、現代に至って大夫
緩和されてきている。

 原因は、『 御上崇拝主義 』で
あって、現行の法規(国家公務員法、
地方公務員法)を紐解けば『公務員は、
奉仕者である(但し、所属する自体の
全体における奉仕者であって、特定の
個人に対してのみ、過剰に奉仕をする
と言うことでは、無い)』とのことが
定められている。

 しかし、その法規内容を一般人は、
理解しておらず、『 役人を敬う 』
と言う、『 古き慣習 』によって、
成りたってしまう。

 結果的に、起こるべくして発生した
暴動であって、むしろ発生をしないと
言う方が奇妙であったのかと想われる。

 こうした現象は、部族などで発生を
すると言うだけで無く、日本国内でも
『 企業と従業員 』、『 自治体と
民 』などと言う観点で、対立すると
言う現象と似ており、行動的な内容も
然程に変わらない部分が多い。

 特に『 公共建設に伴う立ち退き 』
などに伴う、住民の反対運動はどは、
今回の記事における事件と、動機的に
同じ心境に陥り、且つ、行動的には、
先進国として、紛争の場を訟廷にと、
持ち込むのが現代的であって、少々に
古典的なのが、Demonstration(でも)
活動になると、私は、判断している。

 とりあえず暫くの間は、国内問題に
収集的に着手をして、国際問題等では、
『 国内問題の拡大的な観点で対処の
模索をする 』と言うように、考えて
いる状態にある。

 一つの家庭は、国家の縮図であって、
広くは、人類の縮図でも有るのかと、
想うけども・・・。

( -ノω-)こっそり♪<こう言う言葉は、殆どが過去の偉人が既に言っていたりする・・・w

(∇〃) .。o(『 Original(おりじなる) 』な発想なんだけどなぁ~♪)

 っと言う悔しさを若かりし頃には、
感じていたけども、よくよく考えて
見るならば、『 古き良き物、常に
新しく 』と言う言葉もあるように、
『 不動の善意的な思考基礎 』が
以外にも、時代を経ても代わらない
と言うことが解かる。

 つまり、皆さんの何気ない発想は、
実は、過去の偉人も発言していたと
される名言であったりもするのだが、
それを把握する人が少ないので聞き
流される事が多いのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<その点で私の場合、話し相手が好い人ばかりで・・・w

(∇〃) .。o(「その言葉、偉人の○○の言葉だね!」なんて・・・♪)

 心の中で「独創的だったのだけど」
っと呟きながら、指摘してきた相手の
言葉を聞き流したり・・・www

 その言葉が何であれ、好いと言う
ならば、その言葉に動じなさい♪

 って感じで、Reportが作成されて
今日では、幾つかの内容が・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 なお私は、Nashよりも、Nutsの
方が好きである事が解かっている・・・w