記事一覧

No.123 公共職業安定所の市場化について

配信 2007-08-18
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.123
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-04-07
問題 公共職業安定所の市場化について

==== 国会議員は、実際に利用をした事があるのか? ====
 公共職業安定所の利用と市場における広告媒体の
利用率とを比較した事があるのだろうか?

 今更ながらに、次期の国勢調査の時に、是非にも
質問に加えて頂きたいのが、「何を媒体として、
仕事を見つけたのか」を統計調査をして頂きたい。

 当方は、今迄に70以上の職場等を経験しており、
苦学をして国立の夜間短大(現在は、夜間主)を
卒業しつつ、現在でも、色々な学習や私的研究を
続けながら色々な職業に付いてますが、公共職業
安定所の求人媒体を使用したのは、数回であって、
その内容でわ参考程度で、実際に面接まで至った
ことがない。

 むしろ市場にて無償提供されている求人媒体を
利用して、仕事を探しているのが殆どとなります。
つまり私個人にとって、公共職業安定所で提供を
されている情報提供期間は、無駄であって役には、
たっていないのが現状です。

厚生労働省が「公共職業安定所は、就職が困難な
人を救う安全網であり、民間開放は難しい」との
表明をしているとのことですが、就職が困難等と
限らず、就職先の情報を提供している機関であり、
求職者に与えらた国家の権利履行機関でもある。

 逆に、就職情報などにおける媒体においては、
雑誌などを含めて、求人者に無償にて提供などを
されているものが数多くあり、Internet上でも、
多くの広告会社が、求人広告を掲載している。

 その観点から公共職業安定所の求人広告機能を
比較するなら「あんな大した建物等がありながら、
あの程度の情報しか提供ができないのであれば、
御大層な施設など要らず、Internet形式によって
記載し、その人員を減らした方が良いとも考える。

 また、労働基準監督官の権限を持ちながらも、
それにおける公権力に鈍く、労働者達の悲痛を
聞いたり感じていても、身動きもしない。更に、
個人的な憶測でもありますが、贈収賄等の関係が
比較的に安易に結ばれやすい状況にもあるとも、
推測されます。

 現行における厚生労働省の公共職業安定所や、
労働基準監督署、東京労働局、東京労政事務局を
含めて、その機能的にも国民に対しての完全なる
機能をしておらず、不当雇用などの現状などでも
抑制力が無いのが現状です。

 道路交通法と同様で、制限速度などの法規等を
守ると言う志に対して、国民性が問われる点でも
あります。

 現在は、不法駐車などの分野からの改善にて、
国民意識も変わり「SheetBelt(しーとべると)を
しない方が、むしろ「かっこ悪い」と言う意識に
なっている。

 それ同様に、企業としてでの健全性に伴って、
雇用関係、取引関係、販売、生産物の品質などや、
産業廃棄における環境への問題を含めて、我々が
健全に働きかけるべく箇所は、多様にあることが
伺えます。

==== 公共職業安定所の市場化よりも ====
 部門的に、Internetを通して安易に、求人等が
行える体制を整えつつ、監督官としての権限での
活躍を増やして、企業の健全なる運用の警備にと
人員を割り振る事が求められています。

 近年に増えている、労働者派遣企業に置いては、
その規定が頻繁に更新されている事で、労働基準
監督官自身も把握しきれていないのが現状です。

 公共職業安定所の機能としての求人分野では、
人員を減らしつつもNetwork経由にて、Internetを
返して安易に行えるようになれば、それ相応での
人員を削減できる半面で、人員が足りないと言う
基準監督官としての調査人員の増員を図れます。

==== 馬鹿の一つ覚えじゃあるまいし・・・ ====
 何でも、民営化すれば事が済むと言うわけでわ
なくって、逆に優良企業を国営化し、その企業の
社員を公務員として保護すると言う概念も必要と
なっている状況を打ち出すことが求められてます。

 民営化、市場化などの志向では、国民に対して
どこまでのService(さーびす)が可能であって、
一般営利企業の能力が、国家機関を超えつつ更に
国民の利用なども国家機関より、一般営利企業の
ほうが有益的だとされている場合には、むしろ、
国家機関として不全状態であり、更に経費k的にも
無駄な消費分野と判断して、処分するのが妥当と
なります。

 そうした国家機関の解体処分的な対処として、
民営化があげられており、それに伴っての人員の
削除なども、同時に行われているのが現状です。

 民間の求人広告からの就職などが有効的ならば、
国家機関としての職業安定所の機能等も比較的に
民間に劣ると判断し、それを踏まえた解体的なる
対処を行うのが現代的であり、事前にて改善等が
され、国民により良いServiceを提供できるような
環境を整える次期を怠慢に過ごした結果と言える。

==== 結論 ====
 公共職業安定所の市場化Testよりも、早期にて
情報提供部門のInternet配信化に伴う人員の削減、
及び監督官、調査機関への人員の増員割り振りが
必要かと想われます。

 実際問題として今日に至るまでのあいだ、公共
職業安定所の機能不全が論議されていなかったと
言うこと事態、国民の生活状況を軽視していると
言う事であり、成り上がり達によって形成された
国家組織における人家によって「主権者」として
驕っている状況にあったことを、国会議員として
恥じ入る部分だとも思われます。

 まぁ〜、そういった国会議員の皆様を投票する
国民性が一番の問題であり、そうした問題国民の
代表が皆様なのですから、然程気にするとこ等も
無いかもしませんけどね・・・。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、公共職業安定所の市場化について

天使 人材も株式同様に取引されると。どうか?

悪魔 っで、廃止株の処理を私に任せてくれると♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =