記事一覧

攻撃者を偽装するCyberTerrorism(さいばーてろりずむ)

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/2/20(土) 午前 0:20

攻撃者の偽装

 以前から、中華人民共和国圏でのInternet環境に
脆弱性があり、それによりChinaからの攻撃として
偽装が行われている可能性に付いて、私も前に記事
内容として取り上げていた。

 しかし今回は、私の憶測でなくMass Media経由で、
同じことが指摘をされている。

結語

 つまり、Chinaから攻撃だと偽造をした行為ですが
結局のところは、別の国からの攻撃となる。

 しかし一時期には、Chinaからの攻撃であったとの
内容で世界中のMass Mediaから公表をされた時期も
有る点を考えると・・・。

 今時期のTerrorismは、国家や主義と言う意味での
対立的な存在でなく、『 人類の敵 』との観点で
見られており、更に愛国や宗教的な観点での正当性
などを主張しても、人類規模の観点で支持をされて
ないのが現状。

補足

 よく『がん細胞』、『腐った蜜柑』などに例えて
言われるが、どうしてだろうか?

 意外にも『がん細胞』は、日常において誰でもが
日々に発生をしているらしく、それを免疫細胞等が
駆逐していると言う説が有る。

 それ以外にも色々な現象等に例えられるのですが、
その意味を十分に理解する必要も有るようです!