記事一覧

No.120 女性の再婚問題に関しまして

配信 2007-08-09
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.120
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-04-06
問題 女性の再婚問題に関しまして
副題 2007-04-06 全国会議員へと配布

==== 300日問題? ====
 女性の場合には、離婚後再婚をする権利を
得るためには、300日の猶予期間が必要だと、
法律的に定められています。

==== その理由 ====
 女性の場合は、妊娠期間があり離婚直前に
性交渉などがあった場合、その子供が新しい
父親の子供なのか、離婚前の夫の子供なのか
判定しずらいと言う点がありました。

==== 法的には? ====
 現行上に置いては、法的改正と言う手段で
検討をしてみたものの、その形式自体には、
改良を加えず、むしろ補足的に法的な根拠を
元とに認める体制となりました。

==== 法的な根拠? ====
 つまり、離婚前の夫の子供でわ無いと言う
証明があある限りでは、それを認めるとした。

==== 平等の観点からだと? ====
 むしろ離婚時に、妊娠をしていないことを
証明する事を必要とする義務夫婦間にを課し、
それにおける対処であれば、問題とも判断も
できる。

 そもそも破綻している夫婦関係に置いては、
その殆どが結婚相手の不貞行為、性交渉等の
不満足が原因とされており離婚に至る以前に
結婚に相手以外の子供が出来ている可能性も、
多くある。

 そうした場合における判定でも、男性側と
女性側と異なる。

 男性側の場合には、認知することで自らの
子供として認められるが、女性の場合には、
結婚していると結婚相手の子供として戸籍に
記載される。

===== でも女性に有利じゃないの? =====
 実は、現行法における女性の再婚抑制方では、
男性よりも女性の方が有利になると言うことを
あまり良く把握されていない。

 女性は、浮気をして子供を作るなどの不貞的
行為を働いたとしても、その子供が夫との間に
生まれた子供として保護されて、夫にも自らの
子供として保護するべき義務が生じる。

 しかし、それら不定的な事実などを民事等で
立証できると言うのであれば、除外されるが、
夫婦関係の絆と言う観点からは、例外的である。

===== 結果的に =====
 私的には、やはり離婚時において夫婦間には、
以下の義務を課す事を求める事が妥当だとする。

1.離婚に至るまでの間の性交渉の明示義務
 性交渉が離婚する夫婦間でいつ頃から発生を
していないのかのかを、夫婦間で法廷の場等で
明確にする。

2.女性側の医学的な妊娠状況の立証
 女性の場合、自らが離婚すべき相手の子供を
妊娠していない、もしくわ妊娠をしているとの
明確性を医学的証明により立証する義務を課す。

 これによって、遺産相続などの問題を安易に
解決できる事となる。

 ちなみに、この方法での有益点は、夫婦間の
子供の有有無に対して、明白な形で離婚をする
こととなり、女性の再婚を妨げると言う形には、
至らない。

==== 不貞行為での離婚では? ====
 逆に、不貞行為が発覚した後での離婚には、
むしろ、その時にDNA鑑定などが例外的にて
必要となり、それらによって夫婦間にて争うと
言うことになる。

 法律上や社会倫理上での論理上は、「夫婦間
以外では、子供が発生をしない」と言う形式を
意図しているが、現時的にわ異なる。

 その様な観点からしてみると改定を行う場合。
「出生時には、DNA鑑定の義務を課する」と
言うのが妥当である。

 そもそも、信頼、信用などと言う観点には、
確信性が無く、現状に置いても統計的に100人に
一人の主婦の割合で夫との夫婦関係にて出来た
子供でないのにも関わらず、夫の子供として、
夫も気付かず育てていると言った現象などが
発生しているそうです。

===== 第二の結論 =====
 出生時には、DNA検査を義務付ける。

 これは、親子関係を明白にすると言う事でわ
なくて、遺伝子的な情報をFileする事で遺伝的
疾患などを予め把握できる事にも繋がります。

 よって、これらの観点から考えるのであれば、
出生時にDNA鑑定を義務付け更にDNAFileを、
住民票登録などに記載する事で、遺伝的情報を
医学LevelでFilingすることになります。

 この出生時のDNA検査義務を血液検査義務
同様に扱う事で、今後の日本の医学の発展にも
繋がると確信をしています。

 そして、その後に個人情報の保護等が発生を
する事となります。

 今の現行における個人情報の語と言う観点は、
それこそ「ままごと」に近いものである。

==== 以上 ====
 そう結論としては、「出生時にDNA検査を
義務として、個人情報として住民登録などにも
その結果をFilingする。又、離婚時に置いては、
夫婦間で最終性交渉の日付及び女性側が現状に
おいて現在の夫の子供を妊娠をしてるか否かを
医学的に証明してから離婚を成立とする」との
大枠で二点を定める事で改善される。

1.夫婦間での性交渉の明確性
2.婦人側の妊娠の有無と、遺伝子検査

 遺伝子検査を義務化することで、医学分野と
民事における夫婦間での争いに纏わるDNAの
検査拒否などを事前に防ぎ、明確にできる。

 以上の対処により女性が300日を待たずしても
再婚が可能となり、例え離婚前の男性の子供を
妊娠していたとしても、医学的証明があるとの
状況は、子供の戸籍に対し後に争うまでも無い。

 またDNA検査による効果は、出生と同時に
幼児期でのAllergy(あれるぎー)「あとぴー、
喘息、そのた内臓疾患などを含めた遺伝的なる
病状」を予めに把握できる事にもなり、それを
幼児期から自覚させ、また両親にも自覚をさせ
身体的に健康な子供を育て、子供自身も自らの
疾患や遺伝的な病状を予めに把握することで、
後での自らの生活環境に置いて自衛的な生活の
環境を整えられることとなる。

===== 以上のReportを =====
 早急に全国会議員に対しReportとして発行を
致します。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、女性の再婚問題に関しまして

天使 そもそも家庭の破綻と言う事に問題がある。

悪魔 破綻していても一緒に暮らすんだものなぁ。
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =