記事一覧

No.118 犯罪行為、追求のための手段

配信 2007-08-01
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.118
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2007-07-22
問題 犯罪行為、追求のための手段

 犯罪行為が行われても、それを検挙できなければ、
結果的に、その行為が合法に等しいと言う事にある。

 そうした観点から不法行為者の検挙を行う立場に
ある公務員の責任は、かなり重大になってくるのだ。
社会倫理の信用度を高める為にも、不法行為者達の
検挙率を上げる必要と、法的な意味合いで抑制力を
働かせる効果をも担う事となる。

 しかし今日における犯罪の多くは、知能犯的なる
内容が多く、犯罪行為に対する検挙率等を、特定の
犯罪者が引き下げていると言う傾向にもある。

 犯罪の検挙率は、犯罪の発生に対しての犯人を、
検挙した数になるので、犯罪が三回行われた後にて
犯人が検挙されると、『二回で留めておけば、完全
犯罪で終わってしまっていた可能性もある』ことを
意味しています。

 だからと言って、警察官などが犯罪甲に対しての
捜査を強化しても、それにおける人員や能力などが
事件発生に対して、追いついていないのが現状です。

 そうした部分をどのように補うのかが焦点となり、
現在でわ『有償的な情報提供』などを初めとして、
色々な方法で情報収集の部分を強化をしている状態。

 しかし一般の人でも、推測力に優れた人達も多く
存在しており、そうした人々の推理力を基にしての
活動も期待したい所なのですが、そうした行為等が
逆に、捜査を困惑させるとの見方もあって、微妙な
感じである。

 又、『賞金稼ぎ的な一般人による逮捕』などでも
検討の枠があるのかと思われるのですが、Risk等も
伴う事から、あまり進められないのが事実です。

 犯罪行為を根本的に改善する為には『犯罪行為が
行為者にとって不利益である』と言う事を理解させ、
それを学ばせることが重要点となるかとも思われる。

 そうした犯罪学や法的理解などは、小学生の内に
学ぶ事が求められており、そうした理解力の無いと
言う人を法で裁くと言うのも、良くない現象である。

 逆に十分に理解した後に犯行に及ぶと言う状況は、
それこそ裁判などを経て犯罪行為への真理を解析し、
法的な意味合いでの欠損や、それを補う為の学習を
行う準備をしなければ、犯罪が発生する事が前提と
なる法律を、永遠に繰り返すことになる。

 それらは、私の個人的な考えの基での意見であり、
特別な学習など経ての意見でもありません。むしろ、
普通に生活をしている皆さんが感じた、千差万別の
意見が重要で、それを基に家訓的な教育で、自らの
家庭を守ってゆく事も必要です。

 つまり、個人の性格や育った環境によってでも、
行動における心理は、それぞれが異なり、それらの
状況に応じた理解力が求められますが、個々の生活
状況によって異なる部分では、国家等が関与すると
言うわけにも行かず、Privacy(ぷらいばしぃ)との
観点からも、難しい状況です。

 結論的に、それぞれの家庭や、生活状況などにて、
それ相応の犯罪に対する理解学習が求められており、
それによって、日本国の文化向上が図れるのかとも
想っています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、犯罪行為、追求のための手段

天使 追う者と、追われる者の攻防である!

悪魔 御前、天使の割りに悪魔的に楽しんでないか?
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =