記事一覧

No.117 軍隊の無い国

配信 2007-07-27
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.117
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-10-06
問題 軍隊の無い国

 近年、英国配下の国では、軍隊を所有しない国があり、
個人的にも関心を寄せていました。しかし、英国配下での
限定らしく、U.S.A.での配下において、そのような国がある
とわ最近まで聞いたことがありませんでした。

 しかし、”Iceland(あいすらんど)共和国”に関しましては、
米軍の保護下にありましたが、その状態から解かれまして、
”無軍事国家”となっています。

 現状における日本の場合には、周辺諸国が軍事的なる
脅威となっており、これにおける”牽制”が日常的に発生を
している状態である。

 現状では、その焦点となっているのが、中華人民用和国、
大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、Russiaの四カ国に
なるのでわ無いでしょうか。

 対Russiaに付きましては、旧ソ連が崩壊した後に改革が
急速に進み、世界規模で主義としててでなく、人類貢献と
しての活躍思考へと転化されている傾向があり、U.S.A.とも
民間の隔たりが徐々に開放されている状態にあるようです。

 中華人民共和国におきましても、U.S.A.や自国における
西洋地域への留学などを経て、西洋地域での文化思考の
理解を深めつつ、共存的な活躍を人員に期待されている。

 大韓民国に付きましては、U.S.A.や日本国と連帯関係を
とりつつも民族主義的な意識が強く、これにおける隔たりが
本土に残っているが、留学などにより世界各国で商業的に
活躍している人員を含めて、その信頼を高めつつも共存的
思考へと転化している。

 朝鮮民主主義人民共和国は、周辺諸国において、その
存在が国家として不明確であるとも言われながらも、細々と
国家を運営している。しかし、戦後における因果関係では、
日本国と大韓民国をも含めて、因縁関係が認めらますが、
それにおける現象も、戦後における世代交代からも徐々に
薄れつつ、日本国、大韓民国では、その教育等においても
協議がされたが、朝鮮民主主義人民共和国に限っては、
日本国内にて一般的に公言されている情報での理解だと、
軍事教育を最優先にしているとしている。

 これにおける問題が深刻であり、U.S.A.を敵視しつつも、
表見上では、日本国を牽制している。しかし見方を換えると、
戦時中における日本国軍事教育などに類似している点が
見受けられるとの見解からも、戦後における朝鮮民族への
仕打ちや虐待、迫害などの事実を考慮するのであれば、
法律的な観点では、そうした現象を日本国がどう考えると
言うのかが問われてきます。

 しかし、戦後三世代から四世代へと引き継がれる中では、
そうした現象が薄れつつあります。

 既に大韓民国が産業分野での拠点構築を進めており、
経済的な回復が徐々に見込まれつつも、周辺諸国及び、
世界各国が産業面で関心を持ちつつある状態でもある。

 そして近日、”原子力開発”による公言が波紋を広げ、
世界各国から、周辺諸国、隣接兄弟国からも、その信用を
失いつつある状況下では、隣接国として国交の壁などを
厚く高くはり巡らさざろえない状況に、日本国の対応として
迫られている状況にもあります。

 その現象は、一戸建てを立てる人の心理にも類似して、
隣接する近所の家から自らのPrivacy(ぷらいばし)などを
守りたいと考えるならば、垣根(垣根)を高くしたくもなる。

 それらを踏まえて、”朝鮮民主主義人民共和国”と言う
国が、世界的にも国家として、その名の如く認められると
言うのかが問われてきます。つまり、対国として考えるなら、
それを認める事実と交流が必要なのですが、対国として
それ相応に認められない場合には、日本国が対国として
認めるというのも難しい。

 その半面で、在日朝鮮人、韓国人の存在もありますが、
日本国に永年するのであれば、日本国の国籍を取得し、
日本人として生きて行くことを促すのが日本国政府として
行うべき国内向けの外交であり、それに至らない原因を
追求し理解しつつ御互いの主張を共存的に考慮すると
言うのが、憲法配下での判断となるかと思われます。

 朝鮮民主主義人民共和国による原子力開発の着手を
基準として、それを基に集まった周辺諸国とも、主柱とも
なる問題が解決する条件に対して、軍縮等も考慮すると
言うことを公言し、実行することも求められている。

 相手国にしえ見れば、日本国内暴力団の武装心理と
同様に、武装までもをして大国と接しなければ安堵感を
得られない状況に陥っているという現象には、類推的に
その規模が大きく国家間になっただけの話であって、
その軍事の銃口を海外でなく、国内暴力団に向けつつ
背後の警戒を怠らないという、軍縮の基台を作る時期に
至っていると個人的に考えています。

 以上を踏まえ、”朝鮮民主主義人民共和国の原子力
開発問題”と平行して、軍縮問題を協議しつつ、工業、
商業的な外交を深め、それぞれの国で誕生した民が、
自分の住みやすい国を選択し、そこで文化を育む事を
「民の真意の基準」として、その国にも”朝鮮民主主義
人民共和国”が加わるための努力及び支援を怠らず、
国家外交として補助する関係の基台作り等も、平行して
進めて頂きたく思います。

 しかし美とは、罪作りなものです。個人の価値観により
醜いとされた物との比較で美を意識するのが美であり、
正義あるなら不義もある。

 もしも醜いと自己で思い込んでも周囲の民衆がそれを
認めず、万人が美しいとするならば、その関係は?

 人として生まれた以上、神仏を愛するよりも、神仏に
愛されるような人でありたいと想ふ。

 それわ愛は、与えられるものでなく与えるものであると
言うならば、神仏に愛を与えられるような人になれと言う
ことでもある。

 と言いつつ、私は、弁天、Maria(まりあ)が好きです。
信仰は、しませんけどね! 宗教的勧誘も迷惑です♪

Ps.
 某国、姫夫婦の”信仰”を阻害するつもりなどは、
ありませんが公務と信仰とわ切り分けて考えて下さい。

 また親族内での問題などが、纏まらないのであれば、
世界中の大小国々の同形式人員から情報を収集する
ことも、何らかの支えになるかも知れません。

 しかし、かつての”外交の女騎士(おてんば娘)”が、
気を病むなど大人気ない!

 大人の ケ あっても、
           大人 ゲ ないとわ これいかに?

  弁天も、尻を巻くって男社会に逆らえば、
               それに刃向かう男も居ない

      名刀が鞘(さや)に納まり 宝刀が顔を出す

  亭主ばかりが男じゃないが 
               惚れた契りに義理を立て
 
  身をまかすは、亭主だけなり
               それが妻の弱みかなぁ〜♪
    
                                 」

 下の句は、将来、私の妻に謳わせてみたい。ちなみに
某国姫夫婦へのAdvice(あどばいす)とわ異なる。また、
多産を助長している訳でもないので、注意して頂きたい。

以上

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、軍隊の無い国

天使 軍隊が存在しないほど、平和な国を求める

悪魔 そう望む者との戦いも、見ものである。
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =