記事一覧

No.113 仮出所者による逃亡を考える

配信 2007-05-20
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.113
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-09-04
問題 仮出所者による逃亡を考える
配布 2006-09-27

 2004年10月末現在で仮出所を受けていた全国人数が、
8270人でしたが、その内の609人が行方不明になり、
2002年に42人、2003年で52人が時効となっている。

 この現象は、仮出所後に保護観察状態にあるのですが、
その観察状態から逃亡を図り、行方不明となる状態です。

 逃亡後の対処としては、大半が再犯における再収監で、
逮捕をされるのを待つ状態になっているそうです。

 本来ですと仮出所を受けられる人物達は、刑務所での
行いが良い事を前提に、刑罰の軽減に等しい評価として、
仮出所が認められる。つまりは、”第二の軽減”としてある。

 しかし仮出所に対して約一割が素行不明になり、更にわ
約1%が時効を迎え、逃げ得になっていると指摘されてる。

 あらゆる犯罪にも言える事ですが、”海外逃亡”と言った
路線を日本の警察機関として考え難いとしているようにも
思えるのですが、個人的な推測だと「安易に海外逃亡が
可能である」とも、推測しています。そもそも、拉致事件が
発生した当観点があるならば、その経路を別枠にてでの
方法に利用できると言うことを、予測しないわけも無い。

 近年での密輸入(品を問わず)や、密入国などの点でも
組織的な関与が認められると指摘されてながらも、出国や
密輸出に関する点に関して、防衛的に弱いと思われます。

 もともと、Terrorist(てろりすと)やMafia(まふぃあ)
などの組織は、Network化した人脈を巧みに使い、世界中の
闇市場で取引を行い、闇の経路にて取引をしています。

 ちなみに、そうした構造基盤は、一般社会での倫理的な
規制を制御すると言う概念で、対処することが難しいとも
言われている。その理由には、相手も不義なる社会的な
組織を形成しており、独自の文化を持っていることからも
それにおける批判が合っても、不義の世界でわ生計等が
成り立つことを保障している、組織でもあることを認識する
必要がありそうです。

 それらを踏まえて、一般的警備や一般市民の刑事的な
問題は、警察機関での対処でも良いのですが、現状での
対処には、限界があります。犯罪者の行動は、戦略的な
行動をにて自らの集団を保護していることがあり、更には、
取引や犯罪目的を達成するために、武力的な戦術等を
行う場合があります。

 それらを考慮するならば、Terrorist等に対抗するのが
警察官でわなく、自衛隊などが相応しいのかとも考える
ことが可能かと思われます。

 また、警察における拳銃や武装機器の所持なども、
解除し、それでも一般犯罪者に対して対抗ができるとの
訓練を必要とし、警察官としての国家治安と万民共存の
胸の厚さを強調することが、日本国に求められています。

 TVやHERO物語にて先入観がある警察などの業務も、
現実且つ実用的で、近代文化としての最新なる対応を
求められていると言うことを認識する必要があります。

 警察における対Terrorist対応(相手が殺傷能力等が
高い武器を所有しているとされている場合、又わそれら
武器を保有しているとされる集団に関与しており、隠して
それを持っている可能性がある者との交戦がある場合)
から自衛隊対応への転化にて、自衛隊の防衛能力等を
有効にすることも考えられるかと思われます。

 以上を踏まえまして、本来だと模範となり、早期にての
社会復帰を促すための仮出所を悪用し、逃亡してしまう
問題点の強化と、それに関連する海外逃亡等の可能性、
現状における警察官の公務枠が広過ぎるために発生を
している人手不足を補う手段として、対Terrorist対策を
自衛隊に移行する方法、及び、自衛隊の部隊細分化も
必要になるかと思われます。

 日本の自衛隊は、Don Quijote(どんきーほーて)でわ
ありません。しかし、彼らに課せられる分野が広範囲で、
人員的にも不足がちだとも言われています。

 第二期思案においては、警察・自衛隊の公務範囲の
再編成後にて、民間や自治体における自治、自衛等の
強化をすることが上げられます。

 理由としては、自衛の概念は、国家自衛隊でわなくて、
「自らを守る」と言う事を原点とし、一般の国民にも自衛
能力を強化させるのが目的であり、本来だと防犯を含め
義務教育で必要とされる分野かとも思われます。

 犯罪者を批判するのか、犯罪者を生み出す環境等を
見極めて改善するのかによって、犯罪発生を根絶する
意識を広く一般国民が意識して生活をすると言うことが、
最終な目的となります。

 仮出所から逃げて得をするのか、それとも受刑期等を
終えて社会復帰する方が得となるのかを明確にさせる、
環境作りが求められています。

 以上、複数の課題を含めた内容となりましたが、改善、
対策検討の論議を一国民として、御願いを致します。

 犯罪行為ができない環境作りにて法規制定の必要を
軽減し、人として論理的に拘束される部分から、自由の
枠を少しでも広げ、多民に多くの希望を託せる国家の
体制を希望いたします。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、仮出所者による逃亡を考える

天使 刑罰を全うすれば、罪を免れたものを・・・。

悪魔 罪深き子羊達よ、食われたまえ・・・w
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =