記事一覧

No.110 ASIA地域での援助方法の見直しについて

配信 2006-11-20
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.110
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-08-31
課題 ASIA地域での援助方法の見直しについて
配布 2006-09-27

 ASAI地域の問題として挙げられているのが、
近年に見られる、異常気象や天災による被害。

 これらにおける問題は、自然環境における
問題でもあるのですが、その異常気象などに
ついては、間接的に人為的な公害などによる
人類の過失が含まれている。

 そして大型地震の発生についてなのですが、
これにおける被害も、膨大な物となっており、
周辺諸国としても、援助金などの算出により、
多額の出費を要することになる。

 しかし地震における被害の復旧などには、
さほど難しいことでわ無いと言われています。
ところが、異常気象による天候の変化により
農作物が育たない、人としての生活環境等が
極限の地と化してしまうような状況を招き、
これにおける現象から、その地域から離れて
暮らすことができないと言う住民達にとって
かなりの驚異的な状況に陥っているそうです。

 此れにおける支援は、砂漠に水を撒くが如く
投資や援助された資金が、援助に値する効果を
発揮する前に、消費されてしまう状況にあって
もはや援助としての機能を示してないのが現状。

 こうした援助方法にも問題があるのですが、
そのような土地で生活を強いられる状況なども
深刻な問題と言えそうです。

 日本国は、もともとASIA地域での稲作業にて
国内で品種改良をこない、その苗にASIA各地で
飼育して、その実を御米として収穫することに
成功をさせている。また、それにおける支援に
多くの大学の研究者が個々に協力をしており、
その功績も認められている。

 しかし近年の異常気象による天候の激変には、
さすがに農業分野における産業への悪化防御を
食い止めることができず、深刻な問題になって
いる状態です。

 ちなみに二昔前では、熱帯地域で日本企業が
大量伐採をする森林への影響が非難されており、
これにおける問題も、ようやく解消された。

 ASIA地域での貧困等の問題には、未来環境を
予測して、それに対応した環境作り等を進めて
行かないと、援助などが無駄になってしまう。

 こうした観点からも、援助の仕方等について、
もう一度考え直す必要があるかと思われます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、ASIA地域での援助方法の見直しについて

天使 自らの国民を救済できない状況を解消したい!

悪魔 誤認した正義があるからこそ、この世が面白い。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =