記事一覧

No.109 Neet の思考改善につきまして

配信 2006-11-15
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.109
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-08-23
問題 Neetの思考改善につきまして
副題 Neetの思考改善「”うずめ”の舞・大作戦」
配布 2006-09-27

 Neetになる原因の根源などわ様々にあるようなのですが、
それにおける環境から次のことが確立されています。

1.自らの生存場所の確保
2.他者による思考関与への防壁
3.日々の生活のよる自由(但し、これわ当事者の錯覚)

 今回は、大きく三点を課題に挙げてみました。

1.自らの生存場所の確保
 生命体として現状の自分自身が生命を維持する環境は、
本能的にも基本的に確保する行動を示します。

2.他者による思考関与への防壁
 該当者が生まれもって今日までに、経験をした学習にて
”自分の生き方などを他人に関与されたくないと強く思う”
傾向が強いようです。

3.日々の生活のよる自由(但し、これわ当事者の錯覚)
 当事者や世間からの客観的な見方からとしては、自由な
行動に見えるかもしませんが、”当事者の勝手”との言葉が
当てはまるかもしれませんが、”当事者の自由取得”と言う
観点からは、客観的にも判断できません。

 上記の三点の主旨を骨格に下記を論じます。

 引き篭もる要因が何であれ、該当者が引き篭もるには、
それなりの利点があるからであり、もしも当事者としては、
不義の要因が強いと感じつつも、引き篭もると言う結果は、
当事者の不義理念を上回る利点環境が、そこに存在を
すると事実が、真髄にありそうです。

 その本能的とも言える”引き篭もり現象”に対し当事者に
その理由を説明させたり、その改善を他者の理念により、
押し付ける行為は、当事者より反感をかうことになります。

 一見して該当者は、”引き篭もった空間”の中で自由を
会得した様な感覚に陥るようですが、現実的主観では、
それが誤りであり、自分の都合の良い生活場を取得した
と言うことに過ぎず、かなり制限された空間の中で生活を
している自覚が欠落している場合もあります。

 しかし宗教上における修行では、時として対人などとの
人為的関係、社会構成などからの離脱等により、自らの
自らの精神の自覚をすることで、現状の自分を把握する
と言う修行があるように、ある意味でわ類似している状態。

 また引き篭もりの該当者によって、経済効果を齎さない
業務を行っているが故に(このようにReportを作成してる
環境も同様だと言えるでしょう)、他者から客観的に見て
引き篭もっていると感じられることもあります。

 引き篭もりの原因や状況は、上記以外にも様々ですが
応急処置としては、下記の”うすめ”の舞・大作戦によって
簡易的に解消することが可能かと推測しています。

 ことは、単純です。

 日本の神話において、天照大神が洞窟に引き篭もるが
それに対して洞窟の外で、宴を演じる者達が現れます。

 西洋の物語から例えるならば、風と太陽との勝負事で、
「向こうから、やって来る人間の上着を脱がせる」と言った
条件で争います。風の手段は、”吹き飛ばす”と言った、
行為であって、現状における日本国家の国家権力にての
強制及び、国民としての客観的排他行為であって、それは、
人権差別や、不当強制にも値するかと思われます。そして
太陽は、日差しを暑くし、難なく簡単に上着を脱がせると
言うことに成功します。

 つまり日本古来の物語からでの引用だと、”岩の扉”を
完全に開けて天照大神を洞窟から引き出すには、多少の
強引が物語上にありましたが、その後に天照大神の自由を
束縛したとは、記載されて居なかったはずです。それらの
観点から考えると、該当者の興味を広くさせて引き篭もりと
言う状態から広く世間へと興味を示す演出が必要になり、
多少の強引をもって扉を開いたにしても、該当者の自由を
奪うのでなく、新たな意識の開化を促す方向へ働きかける
要因を持っていなければなりません。

 しかし西洋風での物語では、もてる能力からの差であり、
お互いの手段が個々に限られた状況でした。太陽による
選択は、日本国国家にNeetを解消する能力がある場合、
”風”の選択肢は、現状の日本国にNeet解消の能力等が
無い場合での選択肢であり、むしろ"風”の立場で勝負に
勝つ手段を模索しなければなりません。その手段としては、
風が程よい熱風を吹き付けたり、上着を剥ぎ取るとしても
そのTiming(たいみんぐ)を図る能力が求められたりなど、
未開拓な状況だけに色々な方法が考えられます。

 Neetと言う状態が好ましくないと言っても、その状況は、
好き好んで生まれ出し人々でなく、生まれる前からNeetと
して生活をすることになると解っていたなら、それを自身が
この世に誕生することを求めただろかが問われる事となる。

 「”うずめ”の舞」となる代用は、”労働への楽しさ”であり、
近年における産業視覚の観点から、一生懸命に産業へと
加担した労働者が、結果的に大量の不良品等を生産して
いたり、関与している工場が公害を齎す要因になっている
と言った状態では、健全な状態と言えない。つまり、宴等の
人材が揃っても、その舞が天照大神の好奇心を抱かせる
ことが出来なければ意味を成さず、健全性が求められる。

 各種企業は、労働者に働く環境を提供していると言った
宣伝を必要とし「引き篭もっているより、企業に働きかけて
収入を得て、その収入を消費すると、色々と楽しいことが、
ある♪」と言うことを、大体的に宣伝する必要がる。

 現状では、そうした宣伝効果を発案するよりも、10代の
女性達の露出度が高い服装に対して、男女とも好奇心を
そそられている現代日本の文化現状でわ自らが第三者の
好奇心にそそられてしまっている状態であり、公務としての
役務を果たす以前の心構えから、改善が必要になるかも
しれません。(とりあえず、ここで笑っておいて下さい)

 さて、宣伝の方法ですが、公的機関の働きかけよりも、
企業における求人の方法を改善することに焦点をしぼり、
Neet生活と比較し、労働をすることへの利点を大体的に
企業線でや求人広告を踏まえて、表現する事が求められ、
それにおける宣伝の場を、国家側が今まで以上の成果を
出せる環境として整備をして頂きたく思います。又、それに
ともうなう論議を国会等にて行って頂きたく思います。

 以上、日本国国家における「”うずめ”の舞・大作戦」の
思案でした。

 ちなみに、これに連動して民の生活に活気付いたなら、
私の個人的な予測では、どこかの国の”皇太子婦人”も
心の扉を国民へと開き、元気になられるかもしれません。

 が、皇室制度継続や皇室に纏わる政治的意味合での
関与及び憲法改正、皇室典範の改正、女子継承権等の
観点に付きましては、当Reportに付きまして不関与です。

 ただ、人として若干に気にかけている程度です。また、
今回のReportに付きまして、日本の神話や西洋などの
物語を例えにしていますが、これといって信仰や贔屓を
している事は、ありません。私の表現力として持ち合せた
能力での表記であって、中国やRussia、その他各国等の
物語で類似があり、私自身が把握していれば、それらを
この場での表現に利用していましたことを、御理解下さい。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、Neetの思考改善につきまして

天使 思考の改善が、志を改善するのです♪

悪魔 悩みに悩んで、地獄の使者として目覚めよ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =