記事一覧

No.107 裁判所における対応について

配信 2006-10-04
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.107
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-08-22
問題 裁判所における対応について
提出 2006-08-22

 個人が裁判所や司法の窓口に直訴をすると対応として
二言目にわ「弁護士に一度相談をされてみて下さい」と、
言われる。

 弁護士と言う職業は、民間業務であって営利企業である。
それを司法公認で「弁護士に相談をして下さい=弁護士に
利益を与えて下さい」と言う言葉に変換できる。

 ちなみに司法分野は、国家の存続に対し人体医学での
例えでは、Helper-T細胞と同等の機能を果たすのでわ?

 医者もそうですが、人体が健康だと成り立たないなんて、
医者になって、どう思うのでしょうか。医学博士号を持って
いながら機械的に薬品投与で完治をさせてしまう。

 本来病気の原因は、別の所にあると言うのにも拘らず、
その点については、さほど触れることがない。

 司法においても類似している。

 三権分立の名目では、司法、行政、立法になりますが、
弁護士は、そのどれにも所属しないと言うことを当人達も
気が付いていないような感じもします。

 司法では、検察、裁判等の分野含まれますが弁護士は、
Service業だと言う事を理解されている日本国民が少ない。

 床屋もそうだが、自分で髪の毛を散発が出来るならば、
それを頼まないし、医者も同様で自分の能力だけにての
治療が可能であり、更に健康を保とうとする日頃の生活が
文化的な向上心の種となる。

 病気や犯罪までもが、経済効果で言う所の消費となり、
それら全てが資本となる。つまり、日本国国家は、民主や
法治国家でなく、立憲資本主義国である。

 しかし面白いもので、100円にも満たない材質の紙幣に
その数百倍の価値を課して、大衆を躍らせる状況などは、
端から見ていれば、さまざまな人間模様を露にします。

 司法機関における対応で「法律的な相談が出来ない」
と言う言葉を一般の人が解釈するには、次の二つです。

1.「弁護士に頼む金のない奴は、来るな」
2.「法的な知識もないのに窓口で直訴するな」

 此れに対して連想的に思うのが、「でわ法律は、何の
ためにあるのか?法規とは、私たち民が共存的に生活を
この日本で営むために必要なのでわないか?それらの
審判を裁判所でしたいのに、それを拒否される!!」と
なると、国家不振に至る。

 で、義務教育で”日の丸と君が代を敬称”させた所で、
民にとって何が残るのでしょうか?

 Islam教や共産主義だって、似非民主の資本主義者と
誰もが笑い、『そんな民達が何かの惨事にて多死しても、
悔やみの言葉と保険金を支払えば事が済む』と言う事を
実証しているのが、Terrorism活動における結果対応で、
現代先進各国の状況です。

 そこから抜け出すには、司法分野の改革が必要なり、
先進国としても、何もかもを”黄色い猿”の如くにまねを
しなくても良く、むしろ独自のModel(もでる)を形成して
西洋地区に見習わせる程の能力が、現代に日本には、
未開拓な分野だけに、可能性があります。

 西洋地区の司法では、金銭Game化しており、芸能の
Scandal(すきゃんだる)でさえ、金銭に換金できると言う
ことは、現代日本でも発生をしている現象です。

 特に刑事分野における分野では、なによりも先にて、
改革を必要としています。刑務所から出てきた人間は、
更に賢くなって悪行の学習をして出てくる人もいるし、
悪行団体から抜け出れなくて悩んでる人も居るだろう、
たちが悪いのが、刑務所内で信仰を学びながら出所後、
神仏に懺悔しつつ、『今日と言う日の悪行に対して、今
個々にこうしていられるのは、神仏のなせる業』などと、
信仰も厚く、悪行に励む輩も少なくない。

 さて司法としての裁判所の在りかたですが、司法等と
言っても実際には、それに纏わる人材と共同に行政も
動いており、司法公務員と言うのは、聞いたこともないし
辞書にも載っていない。

 裁判官や裁判に伴う、係員を除いて、各裁判所での
窓口の人材は、公務員でわなかったであろうか?だと
しますとやはり、行政Service同様に民にとって利便性が
求められる事になります。

 訴訟における書類の形式などは、業務などを安易に
行うためにわ必要であり、裁判業務が安易になるとの
事実は、裁判行為が円滑化されることを意味しており、
提訴に至った、原告の救済にも深く関係をしているのだ。

 また更に、犯罪に対する検察、警察側に見えて来ない
と言う犯罪行為も、だいぶ前から存在をしているともされ、
政治、会社(企業)、、宗教など団体による集団行為にて
Gaslighting(がすらいてぃんぐ)、Anchorin(あんかりんぐ)、
コリジョンキャンペーン、StreetTheater(すとーとしあたー)、
Shadowing(つけまわし)、ほのめかし、Noise Campaign
(のいずきゃんぺーん)、Brighting(ぶらいてぃんぐ)、
Mind Games(まいんどげーむ)、Mobbing(もびんぐ)、
COINTERPRO(こいんてるぷろ)、MKULTRA(えむ・けい
うるとら)などの行為があります。

(注意・・・上記内容の言葉の意味については、各自で
Internetなどで調べてみてください。とある政党の方達は、
既に周知していると思われるので不要かもしれません)

 そうした犯罪行為に対しての個人での対抗や、その外
民が自己救済の為に用いる手段は、現代世間に対して
暴力的に反抗をすると言うことでなく、法規に頼ると言う
行為が好ましく、それにおける救済をするには、民を養う
国会機関の必要不可欠な機関である司法分野の改革が
必要となります。

 司法の窓口では、司法における書類作成等に対しても
円滑に行われる為の努力をしつつ、そのServiceを提供し
民の救済に勤めなければならない。しかし、その程度にも
限界があると思われます。

 つまり国家規模で、民の健康と日々の健全なる活動を
保障する度合いは、国民自らが自衛する能力と、主張と
なる部分の審判の場、そして天災や犯罪から安全などを
確保しなければなりません。

 公務員試験や司法試験に合格しても、只の通過点で、
その能力が十分に発揮できるか、博士号を持ちながら
博学的な医者の少ないと言う現実と類似し、司法分野の
間接業務である”俗称・代書屋”に値する司法書士など、
営利分野での活動が絡めば、「倫理、共存、平等」と言う
言葉だけでは、彼らの生活が維持できないのです。

 Helper-T細胞やMacrophege(まくろふぁーじ)と言う、
人体医学における機能とも類似する、司法関係業務を
弁護士分野に関しては、国務にしても良いかとも思われ、
「代書屋分野を弁護士へと世間的立場を引き上げる」と
言うことが必要かもしれません。

 実際に「司法系の代書屋が係るのは、依頼人からの
法規を用いた司法書類作成の作成であり、弁護活動と
同等の活躍をしている」のが実態です。

 それらを踏まえて、司法における分野の意識改革等を
含めてまずは、窓口の対応や業務における利便性等の
向上を早急に検討して頂きたくべき、論議を国会等にて
検討をして頂きたく想っております。


 今回は、下記の皆様に、同内容文面を配布しました。

全国会議員(E-Mailが公開されてている代議士のみ)
法務省   
検察庁  

東京都知事      
東京都八王子市長  
横浜市広報室
長野県県知事広報室    
北海道
大阪府知事広報室       
沖縄県知事広報室

文節として、幼稚なもので博学的な代議士方々の心情を
苛立たせるものがあるかもしれませんが、どうぞ前向きに
ご検討いただき、ご活躍いただけることを望んでおります。

 E-Mailを一般に公開されてる国会議員の皆様全員(政党
派閥に関係無く)に、配送を行っています。

 代議士、秘書様、関係者の皆様方の御活躍と御健康を、
望んでいます。皆様あっての、一日本国民である私です。

                一般国民の一人より♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、裁判所における対応について

天使 双方で理解の出来る判決が、求められている!

悪魔 裁判で不詳里奈判決があるからこそ、面白のだ。
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =