記事一覧

民事訴訟の活性化で、刑事事件が防げるか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/19(水) 午後 1:03

ファイル 7320-1.gif

微妙!

 民事的な紛争から刑事事件に至ると言う
ことは、その事件の殆どからして明確だ。

 つまり、民事訴訟にて解決すべきことを
考慮していれば、犯罪にわ至らなかったで
あろう刑事事件が7割以上あると個人的に
考えています。
何故に刑事事件の7割以上を防げる?
 犯罪者の多くは、民事事件で物事を解決
しようなどと考える知識が有りません。

 又、多くの人が「裁判沙汰」と言う様に
裁判行為を、むしろ敬遠、社会的構成から
除外しているのが、日本国民の一般的考え。

例えば恋愛>
 恋愛における紛争を、裁判所によって、
調停や審判にて、解決ができたならば?

 未確認犯罪(夫婦間での暴力等が発生を
しても、届けや、発見、通報が無く、又、
事件当事者が犯罪行為を通報しないことで
成立する事件として取り扱われない犯罪)は、
犯罪行為があっても、摘発されにくい。

 親子間では、虐待(ぎゃくたい)と、
躾(しつけ)との問題がある。

基本的に犯罪行為は・・・
 一つの目的を果たす手段である。

 感情の浄化、金品などの利益物略取や、
他人への特定行為を要求するなどがある。
感情の浄化?
 俗に言う「気晴らし、うさ晴らし」や、
不機嫌な心情を解消する為に暴力や犯罪を
行う分類である。

 裁判等の法的解釈では、『一般的に、
耐えうるべき心情』と言う部分がある。

 例えば、満員電車の混雑、交通渋滞や
色々な大衆現象がある。それらは、他の
一般人も耐えている状況であるのだから、
『当然に、耐えろ!』と言う解釈なのだ。

 しかし人間は、個性を含む性格があり、
憲法で平等に扱われている法的解釈等が
あっても、それが国民万人に都合が良く
適用されているとも言えず、憲法、法の
限界と言う分野がある。

 行為としては、暴力、器物破損などが
該当する。又、強姦、殺人も含まれる。
金品などの利益物略取?
 窃盗、不法薬物などの販売、強盗等が、
之に値する。

 つまり、物欲的な部分で発生する犯罪。
特定行為を要求
 自分以外の人に特定の行為をさせると
言う為に、示唆、強要、脅迫等が値する。

 つまり相手に特定の行為を行わせたい
要求に対して、当事者が働きかけるとの
状況である。
但し・・・
 上記の三種が複合的になる事もあるが、
基本的に一つでも含まれる事で成り立つ。
刑事事件の発生を事前に防ぐ為には?
 国民が、民事的な解釈を可能にすると
言う状況、能力が必要になってくる。

1.感情の浄化
2.金品などの利益物略取
3.他人への特定行為を要求する

 刑事事件に発展する様な行動でわなく
合法的な代価的な浄化方法を選択すると
言う様な環境を整え、それを利用すると
言う考えや能力が求められる。
おまけ:闘争心とSports
 闘争心には、あらゆる分野があるが、
大枠でわ論理、物理に分けられる。

 論理的な闘争では、発送、想像、思考、
活字的な表現を含む、思想などが値し、
物理においては、肉体、創造などの産物、
記録的な結果などがある。

 その中でも、Sportsと言う分野では、
格闘や身体的な運動を主に論理的戦略を
必要とする分野でもある。

 しかし、その原点は、なんであろうか?
走る、飛ぶ、跳躍(ちょうやく)、水泳。

 それらの運動の必要性は、もともとは、
何だったのか?

 走る能力は、人として人間としてでの
能力として何をする為に習得した能力で
その発展としての競技があるのか?

 ・・・その当事者が、必要としている
能力を得る為の訓練や、練習でわあるが、
端から見て、そして自分を振り返るとの
意味合で見ると・・・。

 必要でないが性格的に求めてしまうと
いうような感情に伴う行動を運動的欲求
と、今の所では、個人的にわ解釈をして
いるのですが、代価浄化とも言えるかも
しれません。

 私は、刑法に関して『一ツ橋出版』が
発行している書物や一般的に図書館や、
本屋さんなどからの知識を元に、上記の
内容文面を作成している。

 通信制の法学部に所属をしていた事も
あるが、それにおける教科書からによる
参考にわなっておらず、私個人の原作で
ある。