記事一覧

No.105 弁護士の国務化への検討を論議して頂きたい

配信 2006-10-02
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.105
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-08-08
問題 弁護士の国務化への検討を論議して頂きたい。
提出 2006-08-22

1.弁護士の現状
 現状における弁護士の存在は、弁論Serviceであって、
社会倫理上において、正義論者であるとわ限らない。

2.弁護士の意思
 弁護士になって初めて解るのが、正義への矛盾である。

3.弁護士達の正義を確保する為の環境
 それわ公務化により、弁護士達の生活環境を安定させ、
不条理な以来を正当化させるような、人間としての心情の
隙間を作らせない環境を提供することである。

4.法規弁護は、国家のServiceである

 私が実際に裁判を提訴し終結に至る迄、一連の流れを
実際に体感しました。裁判所の窓口では、当初でわ必ず
「弁護士に相談をされた方が・・・」と言われていました。
 公務員である彼らが、なぜゆえに民間営利組織所属の
弁護士へ相談をしろと持ちかけるのか大きな疑問でした。
 それに対し、公務側の人材は、「法的知識などを必要と
しているからであり、地方自治体でわ無料にて法律相談を
しているところもあるので、利用することを勧める」などとも
言われる。

 何度も記すが、「弁護士は、Service業である」わけで、
これといって只の詭弁家でわ無い。また、法的知識等の
無い国民を、法的に詳しいものが粗探しの如くに論破を
しかける仕事が弁護士でも無い。

 しかし弁護士は、人間であり、利益を得て生計などを
養っている存在である。よって時としては、不条理となる
依頼を法規的にわ表見上正当化させ、相手の社会性を
論破することも、多々ある。

 医者も、重悪犯罪者の命を助ける、又は、助けたいと
思っている患者の命を救えないなど、最も人の生命にと
関連を持つ職業と、それに類似して考えることも出来る、
弁護士稼業も、現代日本国でわCompliance(こんぷらい
あんす)と言う観点からは、苦しい状況にある。

 弁護士は、必然的に日本国民に働きかけ、それらの
行為は、日本国法規あってのことであり、国民へ法規の
理解が十分に行えない現状の義務教育では、法的なる
理解を含めて、弁護をすると言う行為を考え直す必要が
あるかと判断しています。

 近年では、法廷に代理人が立つことも多く、それでの
状況では、法的理解を国民が遠ざける一方になって、
日本国の国民的品位を低下させる現象に至っています。

 警察官、医者、自衛隊、消防員、救急隊員等を含め
少年時代の憧れだけでは、ぬぐいきれない日本国での
国家倫理が問われており、それにおける追求心などを
多くの50代未満の日本国民が抱いている事実。

 それらに答えるべく環境として、法規の弁護=法規を
必要とする国民に対し、国家が提唱している法規にて、
それを支援する行為が”弁護士”の存在であると考え、
個人的にわ心に強く願っている環境です。

5.国民の品位
 我が国である日本国は、日本国憲法条文に基づき、
日本国憲法前文に提唱された内容に基づいて、配下に
ある法規を守ることを基礎とし、多くの国民が、それらに
従うことで、ようやく世界の舞台へと国家として立てるとも
考えています。

 我々人類は、もしかすると理想的な社会環境を追求し、
それを超越したが故に現在の状況に至っているのでわ
ないでそうか?

 先進国と言えども、人類的発展へのStart Lineにすら
まだ並べない、近年でわ世界的な意味合いでの新たな
Compliance(こんぷらいあんす)等が必要とされており、
宇宙開拓など、更なる人類の発展を望む必要がある。

 Sports競技で言うところの試合の舞台にすら全人類が
用意できていない状況で日本国の文化発展を望むのは、
かなり利己的な事だとも、客観的に思われます。

 それゆえに、世界規模での規範をも納得させるような、
行動や工作が、世界中に向けて必要となっており、更に
軍事に対して、素手でも相手を確保でき、更に更正等を
実現させるような能力が必要となっています。

 軍事をも上回る能力があれば、軍事をも回避するとの
思考を模索する余裕が出来る。

 つまりは、”弁護士の公務員化”も、対軍事等における
対応、中和、和平など活動も、”中和工作”にて、多大な
軍事的な危機を回避できるとも、類推的に考えています。

 また更に国内事情としては、”弁護士と医者”とを類推。
正義論と暴力団の存在を中和論における類推を用いて、
それらを明確にするべく個人的調査、研究をしています。

6.私の生涯の希望が変更になりました。
 2001年宇宙の旅、そしてStarTrackなどの物語を含め、
私の生涯における希望であった「月の土になる」と言う、
考えが、改まりまして、「火星の土になる」となりました。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、弁護士の国務化への検討を論議して頂きたい。

天使 国民が十分に把握している事が本来の義務である。

悪魔 人間らしい生き方なんて、醜さあって美しさだろ?
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =