記事一覧

No.104  北方領土問題に関しまして。

配信 2006-10-01
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.104
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-07-14
問題 北方領土問題に関しまして。
提出 2009-08-22

 北方領土に関しまして、以前から別枠視野からの
考えを個人的に提案しようと思いつつも、Reportが
遅れてしまった。

 そもそも”領土”は、国土の主張と言う意味でも
重要でわありますが、それを細かく考えるならば、
「その領土に住む民の人権」も優先されるかとも、
判断できるのでは、ないでしょうか?

 民法などによると、それにおける土地など所有の
権限に関しての枠などを考慮して考えるのであれば、
日本側が負利です。その半面で、領土を返還されて
日本に戻った場合において、現状に住んでる住民の
人権がどのように保護されるのかが、問われます。

 上記の考えは、それこそ二つに一つの選択肢です。

 しかし北方領土を双方の国が放棄し、その領土を
独立国として認めるのは、いかがでしょうか?

 この起案の発想は、英国配下における領土などの
問題で、地方の小さい領土を独立国として、更には、
英国権の軍事保護下に置きつつも、その国井自体の
軍事が存在していない国家が全世界にも数箇所あり、
それにおける存在の有益性が認められると個人的に
感じていることを、主体に起案させて頂きました。

 但し、立国としての協議相手は、Russiaであって、
それにおける方針から、西洋の領土立国方法などを
受け入れずらいかもしれません。

 しかし、その昔、日本国のとある自動車会社は、
旧Soviet連邦共和国にて使用されていた、化石燃料
Engine(えんじん)をModel(もでる)にした後に、
当時のUSAでは、難しいとされていた排気Gas規制を
USA国内の自動車企業を抜いて、規制を通過したと
言う伝説を残しています。当時の世界経済の状況は、
戦後でもあり、日本国内も産業として盛んな時期で
ありましたが、自動車の排気によって光化学Smogが
発生し、社会的な問題としても深刻な状況でした。
 そうした状況の中で、企業による情報収集の結果、
良案なる旧Soviet連邦の技術を原型として、作成し、
その後にUSA国内の規格を勝る自動車を完成させた。

 結果として、その技術の原型が、どこの国の物で
あっても、”世界に平和をもらたらす製品”と言う
製品として日本国によって生産された産物であると
認められた商品です。

 そうした先人の”志”を見習い、日本国の一人の
国民として、「北方領土を中立国として独立させ、
更に、Russia、日本国との平和への象徴国として、
双方で経済外交を主体に積極的に働きかける」との
内容を起案させて頂きます。

 物事を、”押したり、引いたり”しても横開きに
適した扉は、開きません。

 日本国内の愛国者の意思、及び、Russia側にての
住民などの人権の問題を含めて同時に解消ができる
きっかけとなると考えています。

 そして海域問題は、独立国の主権を優先し、その
国における利益を優先した後に、貿易を進める事で
貨幣における流通、及び経済における働きかけ等も
日本国とRussia国とも、中和的且つ友好的な関係を
まったく違った視野で検討ができるとも思われます。

 以上、日本国側の主張として”北方四島問題”を
「該当、領土を独立国家として双方で働きかけて、
日本国、Russia国に有益に働きかける国家としての
建国を働きかける」考えを示す事で、八方が収まる
と推測をしております。

 しかし、私個人の一般日本国民の考えですので、
専門家などにおける検討により、新たなる脅威等の
根源になる要素が、発生することの無い事を十分に
検討されてから、建国の着手をしてください。

 日本国としての世界規模の公的発言の場としては、
世界に向けて、大いなる有効をもたらす協和的なる
発案だと認められると思われますので発言だけでも、
かなり有効だと思われます。更に、私の推測では、
EU圏内でも、驚くような発言だとも思われます。

 以上の件につきまして御検討を、よろしく御願を
致します。

 この起案は、以前から私個人の心中にあった物で、
Reportの提出が遅れてしまった事を、日露の平和の
意に基づき、お詫び致します。

 時には、Reportの提出が期限間際に提出をする
         こともある一人の日本国民より

Ps.
 Reportの提出に、Just In Time 方式を取入れて
この時期に提出したわけでもありません。偶然です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、北方領土問題に関しまして。

天使 経済的効果を重視して、無理な変換を要望しない!

悪魔 無駄な事をし挫折する物が増えると得する奴もいる。
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =