記事一覧

雇用保険や、生活保護を受けると言う考えが無いと・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/12/17(水) 午後 7:49

ファイル 7363-1.gif

犯罪行為に至る判断をする輩が増える!

 これは、誰しもが陥る心境なのかとも想われ、
どんな宗教に関与していても、それを規制のは、
当人自信の判断に委ねられてしまう。

なぜ、そう言う発想になるのか?

 基本的に、その欠如によって就労に対しての
危機感を過剰に民に抱かせつつ、その恩恵にと
授かっているのが、国家となっている。

 但し、日本の民は、憲法の第十七条によって

「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ」

 っとの定めがある。

 しかし、勤労と言う観点で、「何を勤労と言う
のか」が問われるのかとも想われます。

つまり?

 日々の生活において、一生懸命な人ほど、保護
などを受けると言う考えが欠如しているようにも
想われます。

 一度は、義務教育などで知り得た内容なとも、
想われるのですが、それを知り得ても後における
人生において、役立っていないのであれば、その
ときに十分に学んだと言えない。

( -ノω-)こっそり♪<そもそも、卒業証書と言う観点で、大いに問題が有るのかと想われる!

(∇〃) .。o(義務教育課程において卒業証書を出した以上、その責任が有るのかと想われる♪)

結論

 国とか公共機関に、責任を移行したくなるのは、
民と言う立場での人情かとも想われます。

 しかし、公共機関における活動責任は、民にと
責任が帰属されるので、結果的に民の責任になる。

 よって、公的機関に対して的確に改善の要請を
行えない場合には、結果的に、責任が民にあると
言うだけで、留まってしまうようです。

 それを、どのように回避して的確に業務改善を
求めるのかが『民としての請願、要望戦略』かと
想われます。

 ちなみに、弁護士などを通して行う必要性は、
基本的に無いのかと想われます。