記事一覧

強盗が急増!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/28(水) 午後 8:54

ファイル 7373-1.gif

たかが数万円の為に、犯罪の犠牲にと・・・

 皆さんは、御存知か知りませんが、
海外でも色々な事件が発生してます。

 観光客を狙った、犯罪では・・・

1.
Bottle Crusher(ぼろるく・らっしゃー)

 高価な酒瓶に、安い類似した酒を
入れておき、裕福そうな人を見つけ
衝突して、Bottleを技と事件に落下
させて壊すことで、相手に弁済金を
請求する。

2.
Knockout強盗

 奇襲的に相手に、襲い掛かり暴行を
加えて、相手が、もうろうとしている
隙に、金品を奪う方法である。

3.
Hand Up強盗

 出会い頭に、「手を上げろ!」っと
銃や凶器を突き付けて相手を怯えさせ、
金員を奪う方法

 日本でも未成年者が『かつあげ』と
言う名称で、強盗を行う事がある。

とろこで強盗とは?

日本国 刑法

第236条

 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、
強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

 ところで、日本でも未成年者が『かつあげ』と、
呼ばれる行為があるが・・・

日本国 刑法

第249条

 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の
懲役に処する。

さて・・・

 Taxi(たくしー)、Convenience Store(こんびに)
などを襲う、強盗なども増えているとされており、
その中には、残忍な方法で被害者を殺してしまうに
至る場合もある。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 しかも、そうした犯罪行為に対して、犯人特定と
まで至ってい無い事件が、かなり多いようである!

<参考 YahooNEWS>

これらの観点からも・・・

 狙うなら・・・、そぉ~でなく・・・w

 無差別殺人などを含めて、自衛的な概念に基づき、
自己防衛的な思考で、日々の生活をする必要がある
時代なのかと想われます。

 そして、ふと思うのは、何だかの信仰が有ると、
相応に逼迫した心境から免れる知識を得ることにと
なるのかもしれませんが、その信仰が無いなどと
言う場合には、かなり精神的な負担が増す事にと
なるのかと想われます。

 宗教的な信仰が無くても最低限度、日本国民なら
憲法、他の法規などを、ある程度で把握してると、
相応に、あらゆる点での苦しみから免れるのかとも
想われます。

 私的には、犯罪をするよりも、未だ何もしないと
言う方がよく、何かをしたいなら、そして自由等を
求めるなら、まず規制された部分を把握して、それ
以外が自由であると言う事を把握する必要が有る。

 しかし人は、不思議と既に規制されてる部分での
自由化を求めつつ、自由な部分を『不便』を理由に、
『自由で無い!』と主張します。

 確かに自由と言われても、その自由に伴う活動が
行えないのであれば、自由といえません。

 裁判を行っていて、表現の自由に伴う書類作成の
自由を指摘される事があります。

 しかし私いわく「自由と言われても、その自由を
遂げられない状況は、自由と言えない」と言った、
発想で、次々に改善要求を裁判所に突き付けている。

( -ノω-)こっそり♪<公務員自身も、自由原則を誤解している・・・w

(∇〃) .。o(自由を遂げる為の条件を明確にしない場合には、成り立たないのに♪)

 これによって、よく裁判所と揉めてしまっていたが、
逆に言えば、裁判所と、訴訟の当事者と事務手続きで
紛争になると言うこと事態が、微妙である・・・w

( -ノω-)こっそり♪<この点に付いては、色々と工作中・・・w

(∇〃) .。o(もぉ、工作に着手して2年が経つよ・・・とほほ♪)

 そもそも犯罪を犯す度胸があるなら、裁判などで、
戦ったり、生活保護を受けたりすると言う勇気だって
あるのかと想われるが・・・。

結論

 日本、いや全人類規模で要るのが、『恥の文化』と
言う観点である。

 ○○をするぐらいなら、△△の方がましである・・・。

 この言葉使いは、若い世代だと軽々しい言葉使いに
とられるが、昔の人や、志を高く持つ人々は、それの
言葉の意味と、価値を重要視しており、平然と自決を
する行為に至ることも解っている。

 しかし、言葉の使い方として、「生活保護を受ける
と言うぐらいなら、犯罪を行った方がましである」と
言う発想に・・・なって無いのである!

 犯罪者の多くは、「もう、犯罪行為しかない」と、
言う発想に陥ってしまい、『何だかの保護を受ける』
と言う発想に欠如しているのである。

 そうした人の陥りやすい欠点を憲法の前文では、
次のように解いている。

日本国 憲法

前文(一部抜粋)

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 この言葉の意味は、かなり日本人が人類に対して重き責任が
あることを意味している。

 犯罪者が陥る絶望感、そして自己人格の倒壊(Burst:破裂)、
挫折や、失望感と、犯罪行為の有益性・・・。

 つまり日本人は、自国の民に留まらず世界各国の民に対して
「恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」
と言う事を確認する為に、それを十二分に理解する必要もある。

 なぜ、犯罪をするな・・・と、記載されないのか?

 『恐怖と欠乏』から免れる必要が有るのか?

 どんな恐怖なのか? どんな欠乏なのか?

 皆さんも、自衛的に考える必要がありそうです!

 犯罪者が陥る心理を理解しつつ、犯罪の発生しない環境を
造る為に、民の個々における内なる犯罪者と外なる犯罪者を
制する必要がありそうです・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 なお、私は、将来に法務大臣になって、死刑判決をされて
半年以上経過している者は、一斉に執行許可を出すことを、
理想としている・・・www

( -ノω-)こっそり♪<でも、死刑を執行したくないから、こうして環境作りを・・・w

(∇〃) .。o(万学で言う、『天(あめ)と無知(むち)』作戦である・・・♪)

 人は、大いに恥を書き、人間として学ぶ必要がある。

 心の言葉の使い方を学ぶ必要が有るのかとも想われ、
その為には、相応なる恥を書く必要があるのかとも、
想われるのである・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 尚、『気は、心なり』っと、きよし君(元暴力団員:
後に公共Fenceなどの職人となり、私と同じ職場に居た
一つ年下の人で、『気は、心なり』と言訳して、よく
私に、缶飲料の提供を促された・・・w)が、言って
おりました・・・w

( -ノω-)こっそり♪<これが又、性格が可愛い人で・・・w

(∇〃) .。o(怒っても可愛いが、行動が乱暴で、脅威であった♪)

 日本に限りませんが、『恥』と言う言葉は、人に
とって重く圧し掛かる、責任でもあって、一見して、
その無意味さに、狂気を感じる場合もありますが、
相応の意味合があっての自決行為が色々と発生した
歴史が日本でもあります。

 「武士の切腹、大日本帝国の自爆的特攻」そして、
現在でも、硫化水、練炭自殺などもある。

 逆に、自分を殺すぐらいなら、他人を殺すと言う
発想も、相応にして、誰しもが陥る心理状況かとも
想われ、それを、どのように制御するのかが、人の
倫理能力なのかと想われる。

 

つまり『はさみ』と『頭』は、使いようである!

 そして頭を使う為の、相応なる材料(知識)も
得る必要がある。

 ・・・それが欠乏すると?