記事一覧

『後の祭り』と言う言葉を、誰か警視庁に教えてあげなさい・・・w

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/17(火) 午後 8:13

ファイル 7381-1.gif

振り込め詐欺を検挙する!

 っと言うことに本腰を入れたようです!

しかし・・・

 私の知る限りでは、既に被害数が類型的に
増えているとされながらも、組織的な部分で
かなり壊滅状況にあって、現在だと個人的な
小規模の犯罪集団がGuerrilla(げりら)的に
展開している状況に有るようです。

『振り込め詐欺』の状況

 以前までは、巨大な犯罪組織にて、操作を
されていたと言われていましたが、現在では、
小規模の人員が、犯罪組織と関係なく利己的
観点で集まった人員と、少数で展開をすると
言う程度であるが、その数が増えている?

 大学生、高校生、中学生でも、行えるとの
ことが把握されてしまい、実際に息子などを
演じるには、同年齢となる人員を使った方が
信頼されやすいとのこと。

 また、別枠での公共機関などを装ったり、
金融機関などを装うなども生じている。

結論

 本来なら、被害が拡大すると言う予測等が
された時点で予防策を行う必要が警視庁側に
有ったのかと想われる。

 そして現状においては、悪気もなく悪戯の
感覚で高収入を得られることから、強盗より
Riskが少なく、犯罪的な刑罰も軽量であると
言った色々な観点から、悪用される事が多い。

 最悪にも、未成年者による介入が明確にと
なっており、犯罪組織と異なる、模倣的なる
活動が散乱した事から、世間的に大問題と、
なっているのが現状である。

 未成年の場合には、詐欺を働いたとしても、
成人と異なり、かなり軽減された状況により、
審判が進行される。

 彼らは、己の未来も予測できないことから、
安易に、今を裕福に活きようとする。

 しかし警察などに検挙をされ、また世間で
出会う、昔懐かしき学友な等と会えば、その
差が、どの程度広がっているのかを、徐々に
知る事となる。

 よく蛙は、御湯に入れると逃げてしまうが、
自ら徐々に火を炊いて、御湯にした場合には、
逃げることを忘れて、茹で上がってしまうと
言われている。

 また、泥鰌(どじょう)は、湯に豆腐を、
入れた後に泥鰌を加えると、熱さから逃れる
ために、豆腐の中に潜り込んで行き、やがて
『泥鰌豆腐』ができる。

 こうした他動物との心理的な部分もあるが、
人間観でも同じく、色々な駆引きが展開等を
されるが、それらに対して被害者が、苦痛を
世間に示した時には、既に誰も救済をしては、
くれない状態にあるのが現実である。

;
 私の知る限り、詐欺などの犯罪による行為
などにて生じた被害は、取り戻せないのが、
殆どである。

 以前には、巨大な犯罪組織が関与をしてた
と言うことで、その団体に対して損害賠償を
行うと言う方法が有ったようである。

 しかし現状でのGuerrilla(げりら)的な
展開で、且つ、その構成員も、日常における
友達同士などによって展開されてしまう事で、
かなり深刻な問題として、改めて取上げられ
警戒される事となった。

 つまりは、犯罪組織と関係の無い未成年、
一般者等が、模倣する事となった事に対して
深刻な状態と至っている。

 しかし、それにしても、活動が遅かったと
一般の民としては、想っている。