記事一覧

犯罪白書(昭和34年~平成20年度)

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/8/24(月) 午後 9:21

ファイル 7411-1.gif

犯罪白書

 犯罪に纏わる色々な公的機関の活動によって
収拾された情報をInternet上にも公開をされて
いたので、御紹介を致します。

参考
法務省 > 白書・統計・研究 > 白書 > 犯罪白書

結語

 私も犯罪白書に目を通した事が有るのですが、
中でも注目をしたのが、「①再犯率と②収監の理由と
なる刑罰の種類」です。

 女子刑務所の場合には、『覚せい剤』による収監が
殆どであるとされ、男性の場合には、『(A)窃盗』が、
比較的に多いのですが、次いで(B)覚せい剤』との
順になり、その割合的に大差なく(A)と(B)だけで
収監理由の半分程度を占めるらしい。

 別の枠でも、『 女性が薬物に着手する理由 』は、
『(あ)異性、(い)同姓の仲間から誘われて』との
大枠が二種であり、単独の意思で着手をすると言った
ことは、稀らしい。

 特に男性側にしてみれば、覚せい剤を使用しつつも
薬物依存の影響を逆手に、人間関係の依存性と、その
効果から『資本的な回収』を目的としたことが多い。

 また、初期の手口として、煙草、飲み物、食べ物に
密かに混ぜ与える場合も有るようです。

 当人には、『覚せい剤』による影響であることが、
把握をできずに、特に『御酒の効果』と誤認をする
場合も有るようです。

 これらは、犯罪の手口であって、相応となる防御の
知識や対応能力が求められます。

( -ノω-)こっそり♪<Editor業務として、『各年度毎の白書』へLinkを張りました♪

(∇〃) .。o(こう言う、ちょこっとした作業に着手を!)