記事一覧

振り込め詐欺事件が、減少傾向?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/12/24(木) 午後 9:57

3分の1に減少!

 東京都内での振り込め詐欺が認知件数、被害額が、
『昨年と比較すると、3分の1にと減少する』との
予測を警視庁がしているらしい。

そもそも・・・

 不思議なのが、ここ数年に至って、散々に振り込め
詐欺に関する情報などが、世間を賑わしていた状態に
あったのに、一向に犯罪件数が減らなかった。

 当初は、暴力団などの組織犯罪等によって、展開を
されている視野から、取締りが強化をされたらしいの
ですが、その後にて未成年を含む一般の市民が事件の
加害者と成ったり、広範囲で犯行が広がってしまった。

 私の記憶だと、確か小学生による犯行もあったとの
記憶があり、成人でも組織的にでなく、個人によって
行われた事件もあり、その手段や方法も其々で異なる
ことから、捜査も行ない難い状態にあったようです。

防御

 比較的に高齢者を狙った犯罪だとの観点から、金融
機関やATMなどを設置している場所に対して、警戒
体制を行ない、相応の協力などを関連企業に求めたと
言う結果の成果が、ようやくに出たのである。

 各種金融機関では、ATMの利用に付いての指導を
含めた監視体制を行ったりして、自動支払機付近には、
店員を配置させ、高齢者がATMを利用する時には、
積極的に声をかけ、『犯罪の防御』と『業務案内』を
同時に対処していたようです。

 近年では、『 Bike(ばいく)便 』などを装い、
該当者宅にと直接出向く行為も有ったりするらしく、
その手口も、日々に変わっているようです。

( -ノω-)こっそり♪<まるで、AIDS Virus みたいですが・・・w

(∇〃) .。o(後天性不健全(不当、不法行為を慾する)症候群♪)

結語

 「騙す方も悪いが騙される方も悪い?」との観点が
有るのですが、どうしてでしょうか?

 「攻撃者と、その被害者との観点にて、攻撃力にと
勝る防御力があれば、攻撃者が攻撃を仕掛けられない」
との論理的な、考えが有ります。

 これは、何事に対しても言えるのですが、攻撃者が
防御力の高い者に対して、被害を与えようとしても、
攻撃者側の損失が多くなるだけなので、基本的には、
攻撃を行わないのですが、極稀に攻撃を仕掛けるとの
場合も有るようです。

 例えば、軍事などの場合だと、軽量な攻撃を仕掛け、
相手の戦力を観察して、次の攻撃時には、相応の戦闘
体制を整えて、挑むと言う方法が有ります。

 その斥候行為なのですが、犯罪などでも悪用される
ことが解っており、色々な観点で被害者に対して下見、
観察などを行った後に、犯行に至るとも言われてます。

 その『 犯罪者による下見、観察 』とされる時に、
「犯行を断念させる心境に陥らせる」と言うことが、
防御力の効果となり、更に犯行に挑まれても、相応の
防御環境によって犯行を遂行できなくさせればよく、
その環境を整える必要も有ります。

 防災訓練も、そうですが、防犯に至っても、内容に
よっては、訓練を必要としており、一般市民の健全性
との部分で、維持する必要のある分野にも成ります。

 皆さんには、防御力が有りますか?