記事一覧

米国だと1月1日に自動車泥棒が多発する?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/1/4(月) 午後 7:14

犯罪行為は、年中無休!

 米国では、1月1日に自動車泥棒が多発を
するらしい!

犯罪

 ところで犯罪行為に休日が有りましたか?

 犯罪の被害に遭う場合で、どう言う時にと
被害に遭いやすいでしょうか?

 正直なところ、裁判所が土、日、休日休みと
言う状況が異常である。

 そもそも、そうした日に犯罪や紛争が生じる
のであって、必要な時に存在をしないから刑事
などの事件にと発展をするのである。

( -ノω-)こっそり♪<東京高等裁判所なんて、裁判官が1ヶ月間も『夏休み』とか言われたことが有る!

(∇〃) .。o(ちなみに訟廷行為以外は、運用されているけど、実質的に訟廷が機能をしてないに等しい!)

参照

>裁判所の休日に関する法律 (昭和六十三年十二月十三日法律第九十三号)

最終改正:平成四年四月二日法律第三〇号

(裁判所の休日)
第一条
 次の各号に掲げる日は、裁判所の休日とし、裁判所の執務は、
 原則として行わないものとする。

第一号
 日曜日及び土曜日

第二号
 国民の祝日に関する法律 (昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日

第三号
 十二月二十九日から翌年の一月三日までの日(前号に掲げる日を除く。)

第二項
 前項の規定は、裁判所の休日に裁判所が権限を行使することを妨げるものではない。

(期限の特例)
第二条
 裁判所職員の給与、保障及び服務その他の司法行政に関する事項についての
 裁判所に対する申立て、届出その他の行為の期限で法律又は最高裁判所規則で
 規定する期間をもつて定めるものが裁判所の休日に当たるときは、裁判所の
 休日の翌日をもつてその期限とみなす。ただし、法律又は最高裁判所規則に
 別段の定めがある場合は、この限りでない。

   附 則

(施行期日)
第一条
 この法律は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める
 日から施行する。

(民事訴訟法の一部改正)
第二条
 民事訴訟法(明治二十三年法律第二十九号)の一部を次のように改正する

   第百五十六条第二項中「其ノ他ノ一般ノ休日」を、「、毎月ノ第二土曜日若クハ
  第四土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)ニ規定スル
  休日、一月二日、一月三日又ハ十二月二十九日乃至十二月三十一日」に改める。

(刑事訴訟法の一部改正)
第三条
 刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の一部を次のように改正する。
   第五十五条第三項中「一月一日二月三日、十二月二十九日三十日三十一日又は
  一般の休日として指定された日」を「毎月の第二土曜日若しくは第四土曜日、国民の
  祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日、一月二日、
  一月三日又は十二月二十九日から十二月三十一日までの日」に、「あたる」を
  「当たる」に、「但し」を「ただし」に改める。

(検察審査会法の一部改正)
第四条
 検察審査会法(昭和二十三年法律第百四十七号)の一部を次のように改正する。

   第十三条第二項を次のように改める。
    前項に掲げる日が検察審査会の休日に当たるときは、その日前においてその日に
   最も近い検察審査会の休日でない日に前項のくじを行わなければならない。

   第九章中第四十六条の前に次の一条を加える。

第四十五条の二
  検察審査会の休日については、裁判所の休日に関する法律(昭和六十三年法律第九十三号)
 第一条の規定を準用する。

(刑事訴訟法施行法の一部改正)
第五条
 刑事訴訟法施行法(昭和二十三年法律第二百四十九号)の一部を次のように改正する。

   第二条に次のただし書を加える。
 ただし、期間の計算については、新法による。

結語

 泥棒と言う稼業や、悪行とされる稼業、つまりは、窃盗など
財物を盗んだり不等に摂取すると言う手段が、古来から有る。

 それが国家間になれば戦争などによって、相手の財源などを
入手しようとする。

 これが個人だと、窃盗、強盗(犯罪)になるのかと想われる。

 この観点でのSimulationをGAMEに取り入れているのが、
SimPeople、The Sims2、3などであり、比較的に珍しい
分類になるが、過去に『 SimPeople 』をPlayした後に、
色々な事が見えてきた。

 実は、日本の文化で逸話となる『ねずみ小僧』の存在や
西洋では、『怪盗るぱん』が有名である。

 また、漫画でも『るぱん三世』などがあり、小説だと、
更に広く、『怪人二十一面相』なども登場をする。

 そして泥棒には、大枠で五種あり、「(1)生計の為に
利益を得る、(2)物品収集意識が強く、自己所有したい
との願望などによって、生じる盗品行為、(3)(1)と
(2)を掛け合わせたような心境からの盗品行為、(4)
悪徳資本主義者の利益を横取りする心境からの盗資産なる
行為など、(5)過剰な正義心から、不法な手段までもを
経ても入手する必要の有る物を他人の為に盗む行為」が、
あるのかと想われます!

 ちなみに(1)~(3)程度は、更正できるのですが、
(4)~(5)の場合は、根源が屈折をした正義感からの
『 手段として選択をした内容 』であるので、善悪等の
問題でなく、目的遂行のみを焦点に置いている行為である。

 その(4)~(5)に広い目で見ると戦争が含まれると
言うことになる。

 がぁ~♪

 権利者の視点は、民を守ることが己を守る事になって、
己は、一人だが、民は、複数であり、多少の犠牲も有ると
解釈している場合が多い!

 そもそも、その観点が無ければ、日本にHomelessなどが
存在をしない!

 さて犯罪行為の被害に成らない為には、やはり自衛力
などを養う必要があり、医学的な観点でいう免疫力にも、
等しく、外敵からの防御能力を身に付ける必要が有る。

 しかし!

 それが武力的な防御力だけとも、それだけに限らない♪

 何を手段として防御をするのか全人類が色々と模索して
いる状態に有りますが、『 武力 』と言うのは、それの
手段となる一つであって、別の選択としても色々あるのが
現状のようです。

 しかし基本的に霊長類が本能的(反射的)に防御体制を
行うのが「(A)『驚き』などによる反射行動、(B)憤慨
などにて怒りを表現しつつ強さを表現して相手を威嚇する、
(C)逃げる・・・ ((((((( >ω<)ノ わぁァ~!」などの
との三点が有るようです。

 結論的に、その出来事に応じた的確なる回避方法などが
選択をされれば、災難から逃れられるのです。

 逆に、災難に巻き込まれても、Survival術を得ていれば、
それを凌げるのかを想われます。