記事一覧

No.95 公立学校の利点を拡大する必要がある。その1

配信 2006-06-07
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.95
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-02-23
問題 公立学校の利点を拡大する必要がある。その1
副題 義務教育とわ何か?

 公立学校の利点は、地域密着型の学校であり安易に
地域住民との交流が行える点にあります。

 そもそも義務教育課程において、殆どの国民たちが
義務教育を経て社会人となってゆきますが、少子化の
影響などもあり、その学術的機関の衰退が懸念される
ところでもある。また近年では、中学生以下の児童を
狙った犯罪も頻繁に発生をしており、これらにおける
問題も取り上げられています。

 そこで今回は、少子化への対策を主体に他の二つの
要素を解決すべく目的で内容を進めてゆきます。

 まず少子化における問題は、「只単に人口増加等を
願う」と言うだけでは、動物の繁殖を願うの大差ない。
やはり、生まれてくる子供たちにとって人間としても
有益なる文化を築き上げる事ができる社会的環境等を
提供できる体制を十二分に整えてから、初めて多産を
喜べることができる。

 只単に人口が増えたとしても、それわ貧困地等でも
発生をしている「子供を産む事は、悲劇を生むことに
等しい事実を把握できない状況」では、いくら援助を
行っても限りがない。つまり、”褒美”と言う訳でも
ないのですが、一定の文化形態を維持する為の慣習を
確立させ実行し安定期を迎える事ができるのであれば、
高度文明への援助を、その文化形態の進化に合わせて
行うと言うのが好ましい。

 そもそも少子化という結果として既に算出されてる
事実を、その世代で増加させることは、不可能です。
そこで学校機関としては、少子化により劣るとされる
機能を強化しなければならない。

 まず義務教育の分野では、学級における減少などが
深刻化されており、”学校教員”の不要性が問われて
いる。つまり雇用問題にも発展している事実がある。
また学校の統廃合により、遠方地域からの通学などを
強いられる事もある。

 学校と言う機関が、その機能を衰えることなく更に
発展をさせることが可能だろうか?

 ”義務教育”という分野は、憲法でも謳われている
内容であり「日本国憲法第二十六条  すべて国民は、
法律の定めるところにより、その能力に応じて等しく
教育を受ける権利を有する。 第二項2 全ての国民は、
法律の定めるところにより、その保護する子女に普通
教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無
償とする」と定められている。これらの点で考えると
まず『すべて国民は、法律の定めるところにより、その
能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する』との
点では、”受験”と言う難関を設置してしまい権利を
与えても、平等的に”資格”が与えられていないのが
事実となります。更に悪い事に「権利と資格」とでは、
その後の人生において『資格を得たものは、理想的な
人生を更に追求できるが、資格を得られなかった者は、
社会的にも認められた自らの理想とする社会的地位を
得られる事ができない場合が多すぎる』と言う現象を
引き起こし、今日の社会的な不振や国家不振における
現象から「国会、都道府県、市会議員などの選挙」に
消極的になる傾向を引き起こしています。その点では、
更に拍車をかけて、不正行為や不正企業からの献金、
そうした不正企業への保護、温床たる事実があります。

 まず”義務教育”が、何の為に必要とされているか
考える必要があります。

 特定の人材が、他の人員を配下に治め社会的運用を
保持しつつ、配下の人員の文化を保護することだけが
執りえの”会社企業”で、現代日本の多くの大企業は、
それすらも守れない状況下にありますが、そのような
社会的地位を得る権利を取得するだけが、義務教育の
利点だとわ考えられません。つまり、義務教育により
得た学習だけが現代社会に役立っているとも限らない。

 高学位取得者は、学位の無い者達を軽蔑しつつも、
自らの学校事業運営の為に、生徒を過剰に確保しては、
毎年に多くの退学者を出し、更に入学金などの資金を
入学した学生の家庭から摂取して運営を成り立たせ、
更に、軽蔑を繰り返し自らの学位を高調させる風習が
私立学校にわあるようです。予断ですが、私立学校と
公立学校とでの出身者による人の接し方には、特徴が
あって、会話などからも解ることがあります。つまり、
特定者による”Elite主義”が現代日本社会の足枷に
なってしまっている。挙句の果てに、悪行をもこなし
民衆単位で悪影響を及ぼしながら、さほど効果の無い
罰則規定にて対処され、悪行に対して錬金的効果等の
高い方を選択する資本主義者が、政治家を含めて多い。

 義務教育は、社会的地位の有る者達が必要としてる
人材を育てる為の場でわ無く、義務教育に参加をする
国民個々が、後の人生において日本国憲法の下により
日本国繁栄と更に世界的規模での協調性を持つ国家へ
転移すべく人材を育てる為に必要とされてる。しかし、
今日では、社会的地位を得られい人材を配下において
優越感に浸り、”他人の苦悩を尻にひいて”成り立つ
社会構成が大きい問題とされており、そうした社会に
強調できでない30代を中心とした人達が、色々な形で
武力を使わずして現代社会を向上させようと、影での
努力が行われています。

 Internet(インターネット)の普及が進み、学校で
学ぶより、自宅にて独学で学んだ方が効率が良いかも
知れないと判断する人もいる今日では、学校教育での
”質”が問われています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、義務教育とわ何か?

天使 辞書を引きなさい、辞書を!

悪魔 辞書で理解できないから課題にしてんだろ?

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =