記事一覧

犯罪各種の実情

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/9/2(木) 午後 11:10

万引き

 万引きが発生をすると、それによる被害者が
事件の届出を行うのに、多くの労力や時間を必要と
すると言われている。

 それに対して警察庁が経済的な業務改善を行った
らしく、事務手続きの簡略化も行われたらしい。


 万引きは、『窃盗罪』に値するそうです!

『闇金融、産地偽装』も減少♪

 闇金融による被害者が前年度の上半期よりも、
約40%も減少したらしい。

 また、産地偽装の被害も減っているらしい!

Cyber(さいばー)犯罪は、過去最多!

 Cyber(さいばー)犯罪に付いては、前年比よりも、
約三割も増えている状態にあるそうです!

 主に『著作物の散布』や『児童ぽるの』の分野が
増えているらしい。

結語

 警察官による活躍と、成果も認められるのですが、
逆に本来なら、世間沙汰で、あれほど被害が拡大を
する以前に、防御される必要が有ったのかと想われ、
それと比較すると、どうか?

 しかし防御と言う観点では、国民側も責任があり、
『やっつけ仕事な対応』と成ってしまった状態にも、
問題視される。

 今後は、国民と国家機関における相互関係からの
利益追求の意識が求められ、相応の協力体制により、
犯罪行為の無益化を追及する責任を日本国民が負う
時代を迎えたのかと想われます

( -ノω-)こっそり♪<それが真意での民主主義の国家かと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

(∇〃) .。o(ところで『民主』と名に付く政党は、偽装として問われないの?)