記事一覧

疑わしきは、罰せず?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2011/2/25(金) 午後 8:43

ファイル 7457-1.jpeg

なぜ?

 刑法における裁判での習慣に、
「疑わしきは、罰せず」と言った
観点が有るらしい。

 つまり、「疑いがあっても、
その事実が明確でない限りでは、
被告人の利益となる」と言った
観点がある。

 逆に、冤罪などの防止を兼ねて
いるとも言われています。

 そうした疑わしき利益に対する
問題が色々と浮上しているらしい。

結語

 従業員が知らずに、企業側にて
何だかの不当、不法行為に関与を
行っている事も有るようです。

 また、不当、不法の事実を知り
ながらも、平然と従事していると
言う状況も、人間性の観点で正常
だと言えない。

 最悪なのが「知らなかった」と
言えば、過失で済むであろうとの
観点も、問題視をされている。
(議員に多い、御決まりの台詞)

 さて、あなたは、大丈夫?