記事一覧

女性が、自らの生理中を、主張する事の是非

賛否は、両論

 同性(女性)の観点から、両論が、有る。

記事
生理中の女性は「生理バッジ」でお知らせ 老舗百貨店の試みに「私も付けたい!」「プライバシーの侵害」と賛否
 ・J-CAST NEWS
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月25日 14時41分

男性の僕による、観点

 「自由に(当人の自由な意思的主張で)、行う事が、好い」のかと、想われ、過剰に、規制を、行わず、自己的な責任の範疇で、展開する方が、良いのかと、想える。

 また、男女の平等性から、男性側で、「不服論(過保護)」(平等的待遇の請求)も、生じるのかと、想えるが、「若い世代では、育児も、平等性が、高まっている」ので、『世代的な意識の違い』が、生じるのかとも、想われる。