記事一覧

Printer(ぷりんた)のInkCartridge(いんく かーとりっじ)

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/11/16(木) 午前 8:30

ファイル 7487-1.jpeg

課題>
Printer(ぷりんた)のInkCartridge(いんく かーとりっじ)
内容>
 近年では、詰め替え用のInkCartridgeが、むしろ
環境を汚染したり、無駄なCost(こすと)を強要を
されていると考えられている。

 又、製造物tが純正品として、付属消耗品でもある
InkCartridgeは、本体の生産終了後で5年以降では、
保障しないのが常になっている。

 そして、その関係から買い替えを余儀なくされると
言うのも現状になっています。

 そうした状態は、消費者としてわ”使い捨て的”で、
者の進化をたどると言う点では、そろそろ生産段階の
発展に過剰能力が上乗せされてしまい、使用をしない
ような機能が追加されつつ、商品値段が維持される。

対策>
 Niche(すきま)産業では、こうした状態の隙を突き
InkCartridgeの市販販売に、改善を含めて挑んでます。

EPSON用 詰め替えInk (InkJetPrinter用)
各一色 100円
手袋付き
一本で三回分
対応機種 PT系、PM系、CC系、などの多種
製造 (株)本林

 上記の商品から、どのような経済効果が出来るか?
また、純正商品側でどれだけの生産Costを落とせるかが
問われてくるようになります。

 この商品は、”だいそー”にて購入をしたものです。
効果>
 値段的な換算では、1200円から1500円の純正に対して
500円(100円/1色×5色)なので、更に三回補充分での
効果を考えると、純正を1200円と考えても3600円に対し、
こちらの商品ならば、”500円”で1/7の価格により、
対抗が出来るようになっている!=Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 産業として、これで成り立つのかが不安な所だけども、
でも商品としては、販売している物なので大丈夫かな?
 純正の物では、Cartridgeが1200円~1500円程度にて
売られていますが、これだと1/2から1/3程度の価格で、
三回分の補給が出来る。