記事一覧

石油関連から離れたい、国連総長♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/15(月) 午前 7:01

$FILE1_c

国連の総長が、SolarTaxiを体験!

 NYの町に、こんな凄い物がTaxiとして
走っていたなんて、知りませんでした!

 そのSolarTaxiを総長自ら運転をしたとの
ことです♪

しかし・・・

 地上において日照時間が長いとされつつ、
更に整備などの面で、経費などがGasoline
車両と比べて安いのであれば良いのですが、
相応に経費が高く、利用料も高いとなると
微妙かもしれません・・・(。-`ω-) ん~♪

むしろ先進国でなく、途上国で利用をすれば?

 途上国における貧困の原因で日照が強い
と言う場合があります。

 特に中東や、Africa(あふりか)なども、
砂漠の地域が多く、それらの観点で太陽電池
などが活躍をすることが見込まれています。

 しかし、欠点があります!

 太陽光電池では、蓄、発電時に生じる熱が
問題視をされています。

 この観点から小規模の発電には、環境的に
向かないと想われます。

 そこで中東では、石油に代わる燃料として、
大規模の太陽光逐電における工場を建設して
いる状態にあり、その工場がある地域全体を
太陽光Energyを主とした都市として、建設を
行っているとのこと!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 更に、その事業においてEU圏の国々から
出資に纏わる話も出ており、それに基づいて
Energyの市場を開きつつ、それを相応にと、
送電すると言う大規模なProjectになっている。

 しかし私の算段だと、水素Energyの方が、
最終的に燃料として、送電に纏わる経費等が
比較的に少なく済むのかと想われ、太陽光の
Energyで水を水素に替えてから輸送した方が、
効率が良いのかもしれません。

 がぁ~、水素を輸送しているのですから、
Tanker(たんかー)その物が、水素爆発物と
言う危険性となってしまう事が懸念される。

 その危険などを考えると、水素燃焼型にての
展開は、少し難しいかもしれない。

未来と言っても・・・

 どれくらい先の事だか、検討が付かない!

 でもNYに、そんなTaxiが走っていたとは、
想いもよらなかった。

 自転車Taxiなら、かなり話題になって後に
日本でも導入をされているけど、日本にても
SolarTaxiが既に走っているのかな?

・・・(。-`ω-) ん~♪