記事一覧

No.90 1.日本国憲法 国民からの改定要請の是非

配信 2006-02-26
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.90
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-01-18
問題 1.日本国憲法 国民からの改定要請の是非
副題 (衆・参)国会議員向けReport 2006.01 配布

 戦後における日本国憲法を平成を向かえ、正式にと
日本国民個々との間でFix(フィックス)する必要が
あるかと考えています。

 これは、義務教育と観点が同じであって、良案でも
反対意見が出るのが社会であり、反対意見を基にして
更なる万民に受入れられる良案の執行へと論議されて
行くのが通常です。

 しかし我々の歴史から考えれば、個人の一生の内に
その全てを叶えたいと言う、貪欲な現実的欲望の果て
他人の生命を脅かし、また消耗的に利用することにて
今日の現代日本を気付きあげてきました。

 人間とは、不思議なもので本能的に他人から定義を
強制されることを非常に嫌う生き物であり、それらの
環境の中で平然として、何事もなく生きている人達は、
むしろ”社会的定義”よりも、周囲との調和を最善の
社会性としています。そうした環境から”義理”との
言葉が生まれ”正義・不義”の言葉も付随するのだと
考えています。

 第二次世界大戦後から今日に至るまで憲法や法律、
規律などにおける分野を基本として、受入れられ難い
情況から”義理”と言う言葉を「社会的中和」として
今日まで発展してきましたが、戦争の参加経験も無く、
現行上の憲法を踏まえて昭和35年以降に生まれて来た
人々にとっては、もはや”義理”と言う言葉”甘え”
と言う言葉に代わり、現状における40代の世代的なる
社会観を見れば解かるように”自由と解放、娯楽”を
中心として、50代の世代に可愛がられつつも、30代を
支配下において利己的に利用する、世代的支配関係が
明確になっています。

 更に公務員等でわ年功序列も加わり、学歴、人脈、
血統などを中心に、私的利得関係からなる客観的仮想
団体(客観的にみると人脈などの関係から、現実的に
団体として存在しないが図に表すと、しっかり団体の
形式を表す状態)が存在している。これらは、企業も
同様で、組織が大きければ大きいほど明確になる。

 ”義理”は、もはや現代において”不義”となった
存在であり、「正義と不義を中和するための効果」が
むしろ『不義を黙認する効果』へと昭和50年代以降で
変わっている。愛国を語り、不法行為を行う者たちの
存在や、神仏の存在を基に国際的にでも認められ難い
暴力的行為(Terrorism)など、これらの存在などを
更に『論理的思考を合法化するが故に”戦いの神や、
破壊の神”を崇めている』と称して、万民的共存での
表見的社会や国家、文化に対して迫害活動を行ってる
団体も存在する。そして皮肉な事に、”原理主義”を
名乗る場合もあって、活字の中だけの世界でわまるで
”正義におけるParody(パロディー)の如くの関係で
Terrorist(テロリスト)が存在している”ことにも
重要視をする必要があります。つまり、Terrorismを
行わせるMotivation(モチベーション)に、「実行が
倫理的に不可能とされている行為を遂行させ、正義の
ために働きかけて不義の存在によって正義を産み出す、
”不義 対 不義”の構図」を知っており、それらの
構造から自らを正当化させつつ、社会的悪人となって
人としての存在を自然へと浄化させると言った神秘的
正義感に外部から阻害されない純真性を感じてしまう
ことが思春期や感受性の強い人々の衝動を万民共存の
思考を阻害してしまうと考えています。

 現状の日本国内領域内でわ日本国憲法配下の国家と
国民、また領域内に居る者達との間に、法治的契約や
権利によって保護されてることをまず認識する必要が
あります。この情況は、別の意味で犯罪者等の温床を
引き起こしているとも客観的に指摘されている情況を
産んでいますが、これにおける真髄等を理解をさせる
ところが義務教育での範囲で、それらの理解をさせる
ことが出来ないと言う点では、義務教育機関としての
「不平等なる教育」を指摘する必要があるとし、その
不平等なる教育の原点は、『平等に指導をする事でわ
すでになく、平等に理解をさせる』ことが主体であり、
PC(PersonalComputer)などの発展から、講師よりも
的確且つ平等に情報を提供得きる機能として皮肉にも
人間の教師による情熱より、CPU加熱の方が重要視を
されている時代です。

 平等なる教育の観点は、平等に教えるならばPCでも
できるのであってむしろ効率的かつ経費が安く済む。
しかし人間が千差万別の性格を持っていて与えられた
環境に適応できる者と、そうで無い者が必ず居るとの
考えを持っていて良い。そして、万民への平等的なる
理解への指導に当たるのが人間的教育者の勤めであり、
その存在としての価値観でもある。それらに自覚等が
ない者達は、現状において社会的高位の地位に居ても
辞退して頂きたいのが本心です。

 ”憲法改正の貴台は、全国民にて現行憲法の理解を
十分に行えている状態(但し、理解を自ら放棄してる
国民を除く)”にて、初めて問われる問題でもあり、
私が数年前に、”平成時代による日本国の一大革命と
して「日本国憲法改訂の是非を問う」ことを課題にと
していますが、その貴台が無ければ脆くも”経済的な
活動の意味を可能とできない”のです。

 最近では、大企業における急成長が不健全性により、
日経平均をたった2日で1000円近く引き落とす現象等を
引き起こし、”貴台の重要性”を改めて認識する事に
なりました。しかし、「もっと恥入る点では、職人的
意識を中心に結社を集っている者達が、物事の基礎を
いかに理解していないか!」と言う点であり、職人的
意識の低下とBrand(ブランド)思考における過剰なる
仲間意識と拡大とが、教育の枠を大きく超えて配下の
職人達に十分に教育が行われていない情況を浮彫りに
している結果であって、国家建築職人、経済的構築の
職人達の品質が国際的に疑われつつある情況にあると
私は、思っています。

 近代先進国を語りつつ表見的文明の進化があっても
人的進化を伴わない家畜同然とされる民衆の価値は、
Terrorismや、自国の悪徳集団に不義なる行為により、
浄化されてゆく・・・と、考えてしまう人々が出てき
当然の情況にある。と、言う認識力に欠けています。

 憲法改定の提案は、平成の一大改革でもありますが、
それと同時に短期間で、行える内容でなく少なくとも
10年以上の期間を必要として、十分に義務教育にて
憲法の存在を理解した未来の少年達の代表が国会にて
論議することであって、現行の30代以上の輩国民達が
どうこう憲法について学者や博士であれ、批判をする
ことにわ至る権利もなく今と言う時の存在実感できる
情況は、日本国に居るからだと”無知な状態で崇拝を
することしかできない”状態にあること等も、国家を
集結してる立場としては、理解する必要があります。

 私個人としてでは、道徳、規律、法律、憲法などの
理解は、小学生の高学年の段階で、科目として導入を
されることが国家的基盤を形成し、国民万人単位にて
国家の基礎を形成し、更にそうした国家を周辺諸国が
認めつつ共存を積極的に求められ、よき分部を模範に
多くの国家に取り入れられることが、戦後においての
周辺諸国に働きかける勤めでわないでしょうか。

 「憲法改定の是非を問う為の基本構造は、全国民が
崇拝するのでわなく現行憲法の存在を理解し、自らの
生活に対し、”不利益を齎す分部の有無”が問われて
いるのであって、”国家の国際的な威厳”などを問う
ようなことでわなく、国際的理解の欠しい国民が大半
と言う情況にある現状で国際的権威を語るにをしない」

 これらを踏まえるとやはり、世代を考慮して本年に
義務教育での”憲法、法律、規律、”の存在を十分に
理解させた世代を基に、論議を進めることが求められ
その世代より10年(前期教育を受けた者達が選挙権を)
得た)後に、初めて”憲法の改訂への是非”を問える。

 そして現状での私達国民一般国民を含め働きかける
ことは、そうした環境を日本の未来の為に造り出す事。
それが日本国の国民性であって、そうした意識の枠を
広げれば自然のと国際的、また自然環境的な問題等も
視野に入れた「均等かつ折衷的に文化向上を得られる」
と推測をしています。

 これにおける前書きは、国民への公表と旗振りです。
それに対する国家的行動が第一章になります。そして、
第二章、第三章と、全国民が出演する日本国文化劇が
造られています。

 但し、注意する点が一点あります。
「役者達の悲劇、惨劇が事実として歴史に残る。更に
善良を振舞う役者も居れば、悪行を演ずることにての
役回りも居る。それら全てが事実であり、現実である」

 日本国憲法にで職業選択の自由が保障されてますが、
社会的役回りの選択の権利も自由とされてるようです。
但し、権利があっても資格を得れるかが問われます…。

 憲法の明確なる把握すらもされていない国民性では、
現状の国民に憲法改正の是非を問えず、十分に基礎的
憲法、法律的学力を持った国民性を得られたときにて
初めて実行できるのかと考えています。

 よって、私が「憲法改正を平成の一大改革的課題」
としてあげても、数年の歳月をかけて実行する必要が
あるだけでなく、それ以前での改正実行においては、
十分に理解を得れていない国民から、「特定権力者に
よって改訂された憲法」と解釈され、新規改訂後でも
よっぽどの良案で無い限り、一般国民にとってわ押し
付けられた憲法と解釈されます。

 そうした誤解は、原理主義者を生み出し愛国の名の
下に平然と国内法違反を犯す”輩”を飼育する環境を
精神的に与えてしまう事を、国家機関が十分に把握し
国民の繁栄を望まない限り、見せ掛けだけの先進国と
諸外国に言われても、反論できないと覚悟しています。

 日本人の特徴で、同時進行にて多種の作業をこなす
ことが出来ず、またそれができても過失発生を増やす
と言う理由から好まれません。しかし過失等の発生が
しやすい分部を訓練によって補えたなら人員としても
とても諜報をする人材となります。

 多くの可能性を持った子供達に対し、それを阻害し
相手の弱点を間接的に造っておきながら自らの権力で
それを補うことで、崇拝関係や社会的関係を保つとの
”牧師と家畜的関係”にをあまり、良く思いませんが、
それにおける存在と、そこから学ぶべき文化等が多い
ことは、確かです。

 以上、”憲法改正における課題”にては、先走らず
十分に安定した基礎を作ることが、国家建築における
職人の匠であり、重箱の隅を突付かれたほどで崩れる
重箱は、その構築技能に”製品としての空き”がある
と心得るべきだと考えています。

 基礎は、あらゆる部分での説明でも用いられる言葉
なのですが、これにおける”憲法改正での基礎”では、
「原理主義的過激集団」を不可抗力にて誕生させない
ことを基礎の段階で追求することが、”平和”と言う
文字に一番近い、思考だと思いつき、Reportとさせて
頂きました。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、日本国憲法 国民からの改定要請の是非

天使 ”馬の耳に念仏”と言う諺を知らないらしい。

悪魔 家畜的大衆は、しょせん殖民同様なのだに?

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =