記事一覧

日本国も、政府の先導で太陽光Energyに着手♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/12(水) 午前 1:14

ファイル 7531-1.gif

まずは、高速道路などから♪

 これまで、Energyと言う観点では、
異国からの資源物資の調達によって
成り立っていた日本国の事情がある。

 しかし、異国の資源に過剰にと、
頼らず、更に資源調達の費用などを
含めて、自国利益となる太陽光発電
などに纏わる環境政策が始まる♪

太陽光発電のPanel(ぱねる)

 実は、日本製の太陽光発電にと
使用をされるPanelの機能などは、
意外にも優秀だとされておりますが、
未だ改良の余地があるとも言われて
いる状態にあるようです。

 しかし自国の産物における利益と、
それを元に新たなるEnergy資源等を
調達して、更なる利益を得れるとの
観点で、それこそ『投資』と言った
感覚では、相応しい試みなのかとも
想われます♪

 がぁ~♪

( -ノω-)こっそり♪<政府がらみだと、過剰に資金が消出する可能性もありまして・・・w

(∇〃) .。o(その監視体制を、事前に強化する(つまり防御体制を整える)必要がある♪)

規模がでかい!

 経済産業省、国土交通省、文部科学省、
環境省で行動計画をするとの事である!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 つまりは、之までに無いような感覚で、
計画がされるのですが、相応の時間等も
要される可能性もある!

 のですがぁ~♪

 それを敏速かつ円滑にと指揮命令等を
するのが、総理大臣の役目にもなるかと
想われます・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 その観点から考えれば、解散などを、
考えている余裕も無く、1、2ヶ月、
いやいや、半年、一年なんて直ぐにと、
過ぎてしまうのであって、相応の損出
なども見込まれるのだから、むしろ、
早急に計画をして着手しつつ実現等を
早めながらも利益の確実性を保障する
未来が欲しいですなぁ~♪

結論

 太陽光Energyですが、もともと太陽
自体が、水素とHelium(へりゅーむ)
などで、構成をされている。

 つまりは、水素Energyの変形となる
と言うのが、太陽光Energyである!

 私の場合では、水素Energyにと先に
発送をしていたが、利用の安全性との
観点で大いに疑問に想っていた部分も
あって、それを解消する案も、同時に
考えていた。

 しかし『砂漠の緑地化』を考慮する
と言う観点で、太陽光Panelをひさしに
することで、その下に水道線を引き、
点滴給水にて、野菜をも育てる環境を
整備する案が、私の中で纏まってから、
少し思考が変ってきた。

 更にGlass(がらす)、Plastic等を
用いて、それに太陽光Energyの摂取が
できる機能を持たせることで、建物の
窓や側面、特にBuilding(びる)にて
太陽光Energyを広く摂取できるPanelと
『適度な明り取りとされる窓を担う』、
ものが設置可能になるとの案もあった。

 之によって緩和されるEnergy問題は、
只単に二酸化炭素の問題を解消できる
と言うに留まらず、Energy資源の調達
と言う観点などでも、資源の少ないと
される日本国は、大きなEnergy資源の
鉱脈を掘り当てたに等しいことにも、
値する。

しかし・・・

 予めに問題視をされるのが、それら
機器を、どのように発注をして設置を
するのかが、問われるのである。

 それに伴う、談合、不正競争なども
考えられることから、むしろ政府機関
などによって、合資会社となる企業を
設置して設置などの指揮を行った方が
良いのかもしれないけども・・・。

 そでも不正、不当なる行為などが、
発生しない環境とも言えないのである。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 どのように、今回の計画が進むのか
着目をされる分野である!

 あ、陣頭指揮に、小泉純一郎代議士、
または、八王子の市長でも導入すると、
対応が早いかもなぁ~♪