記事一覧

No.89 2.交通機関における機能向上

配信 2006-02-22
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.89
       Internet Ombudsman
*======================*
作成 2006-01-13
問題 2.交通機関における機能向上
A.軽油の価格向上に伴う企業負担を考慮すべき案
B.道路の建設について
C.自動車車両における不法改造車両への対策
副題 (衆・参)国会議員向けReport 2006.01 配布

A.軽油の価格向上に伴う企業負担を考慮すべき案

 近年、不況にもかかわらず軽油の値段も高騰して、
Gasoline(ガソリン)の価格とほぼ変わらないように
なってしまいました。

 これにおける負担が建築業界にとって大きな打撃と
なっているだけでなく、やむを得ずに軽油に灯油等を
まぜて燃料とするような、犯罪行為を助長してしまう
ことへとも繋がっています。

 我々、先進国にて生活をしる日本の国民性としては、
例え、耐えがたき状況下でも合法的に日々の生活等を
遅れるように試行錯誤や志を持って生活をしたいとも
思いますが、そういった究極の情況においての選択は、
不得意な国民性の持ち主かもしれません。

 交通機関においては、軽油分野で”Diesel触媒”の
改善が行われた後に”泣きっ面に蜂”の如くの経済的
打撃を受けていることになります。それこそ、雪隠の
火事(”ヤケクソ”と言う意味だそうです)の如くに
不当な行為へと選択肢を選んでしまう可能性もある。

 そこで早急に対応すべき内容として、主幹線道路の
渋滞現象の改善及び、それに伴った道路建設などへの
前向きな検討と予算の投与です。

 少なくても”Dieselの触媒”に関して、協力をして
いただいている状況下では、即急を持って改善対応を
するべき分野かとも考えています。

 また道路建設以外にも交通期間分野では、信号機や
電車線路通過における”踏み切り0”道路などでも、
鉄道会社と協力をし、それにおける改善が求められて
います。

余談でわありますが、戦後における都心での建築は、
Buildingを初めとする建造物が多く作られていますが
現代に至りまして構造における耐久年数が経過をして
いるだろうと思われる節があります。

 これにおける対策も、防災を兼ねて行う必要などが
あるかとも考えられます。この分野も資格を有すると
言う者が提起的に診断を行い、防災に役立てることが
求められてきます。

B.道路の建設について

 私達は、人を生産することを含め物を作り出すとの
ことに集中し、それによって生まれる後でのあらゆる
危害を予測することができないのが一般的であって、
予測がでてきも、それを防ぐと言う事ができないので
あれば、”経過的危機感”に対して自衛的能力などが
欠如していると言えます。

 交通における分野での今後に発生されると思われる
問題わ道路の建設方法と、それに伴う交通の利便性で
建設後における実的な効果を実績として残せるような
建設をしなければなりません。

 更に不可抗力となるが”交通事故”と言う問題で、
これらを考慮して的確なる建設や補強、補修を進めて
行かなければ、先進国文化を営んでいる建築物として
相応しくないと判断します。

 先進国にて生活をし、又それにおける文化を営むと
言うことに対して”誇りの持てる”と言うことには、
まず自らが携わる物事に対して、世界的比較感を持ち
自らが行おうとしている、行っている物事が現状での
日本国の文化に対して、先進的であるのか?それとも
退化的であるのか? を 常に問うことにあるのかと
考えています。

 「古き良き物は、破壊に対して空きの無い物である」
と私は、考えています。つまりは、”重箱の隅”等を
突っつかれたぐらいで壊れるような重箱を作ると言う
ことは、職人としての技能に破壊的要素に隙があると
言うことであり、古代Egypt(エジプト)文明に建設を
されたとされるPyramid(ピラミッド)でさえも外見の
風化があれど、その象徴を現代に至っても残している。

 その原理は、”破壊と生産”の二極性に対し人間が
生産を第一に考えるが故に、「能力の無い生産物」に
たいして”間接的破壊”を行うと言う本能的な行動が
備わっている分部が、”Terrorism(テロリズム)”へ
人の思考を転化させていると個人的にわ考えています。

 破壊(人口や災害天災、風化等の自然現象も含む)に
たいして”空きの無い物”は、その個体を象徴を長い
月日の間、維持できると判断しています。

 我々人類の明確なる汚点は、”生産”にあります。
犯罪者は、自らが犯罪者となると知っていたら人間に
生まれて来ることを喜んで誕生したでしょうか?また、
人工的産物に関しても、”公害を引き起こす”と言う
予測できても防ぐ能力の無い物事に対して、どうして
そのような判断を”群集心理の中”で黙認しなければ
ならなかったのでしょうか?

 それは、戦後において明日と言う日が見えていない
人々にとって、今一瞬を生きることが精一杯でした。
そうした時代から、生活にゆとりができて人生と言う
物事を個々が考えてみれば、自らの可能性を引出せず
空のGlass(ガラス)瓶に閉じ込められた一匹の蟻の
如く、孤独で恐怖心に怯えているのです。

 そうした状態から一国民の意見としては、それらの
情況を今までの人類史から奪回し進化を遂げなければ
ならないのとも思っています。

 Diesel(ディーゼル:軽油)に関してでの問題は、
既に化石燃料としての軽油の価格が高騰した半面で、
BioDiesel(バイオディーゼル)の価格が安くなって
いるかとも思われます。これを期にTVなどで代替的に
広告を行い、利用をする人、出資をする人、技術的な
協力や能力を提供してくれる人を集い、活性化を図る
ことができるとも思っています。

 また特殊重量車両であっても、ハイブリットなどの
高性能を踏まえて改良を重ねることで、更なる工業の
発展と文化的向上、そして経済的向上を期待できると
考えています。

C.自動車車両における不法改造車両への対策

 自動車の”不当改造”に関する問いでわありますが、
不法改造だけでわ無く、整備不良と言う観点からでも
同等と言う事を先に定義を致します。

 日本国産でのAnimationや漫画の効力を国会議員の
皆様は、御存知でしょうか? 自動車における漫画の
影響を受けて、どれだけの交通事故が発生をしてるか、
また、その逆に漫画やAnimationにより、どれだけの
人が栄光にと輝いたでしょうか?
          (Animation:アニメーション)

 とある日本国内の企業において、二足歩行型Robot
(ロボット)の現実化にたいして主たる志の原点が、
「鉄腕アトム」にあると世界中でどれくらいの人達が
信じるでしょうか?

 それほどまでに影響力のある日本国産漫画の効力は、
世界にも及んでいることは、Animationを含めて立証を
すでにされてますが、それにおける効力の結果と言う
観点を見逃しているように思えます。

 これは、恋愛感情だけで異性と交わって子供を作り、
その後での育児に、嘆いている親の如くの現象です。

 生産が得意な割りに過剰なる生産の調整を行うのが
動物界で言うところの”捕食者”に値すると言えます。
しかし我々人類の進化は、不思議と平和を好むと言う
不思議な社会性を持っています。

 この時代に、なぜか20年前に流行した車両が若者に
受けていたり、それにおける交通事故が増えていたり
するのですが、漫画などの影響上で、高性能の車両を
被写体にすれば、交通事故の現象に繋がるのかもとの
思考があったにせよ、減る事があっても無くならない
原因として、「不健全な志の源」を指摘いたします。

 時代を経て、MotorSportsと言う分野がここ最近は、
一般的に高価で且つ危険度の高いSportsであることは
誰しもが認識している事実です。しかし、そうした
Sports競技に憧れるのが男女を問わず人間としてでの
本能なのかも知れません。

 つまり、MotorSportsを好む国民が居ると明確に知り
つつも、それにおける配慮を行えない国民性に付いて、
疑問に思います。

 人間の世界で言うところの”遊び”と言う概念には、
経済的効率の良い結果を出せるか出せないかによって
Professional(プロフェッショナル)と言ったり、又
Amateur(アマチュア)と称したり致しますが、当の
本人にしてみれば、”楽しむ”と言う事が重要であり、
経済的効果に対する考慮ができるようであれば野球の
Central League、Pacific League、などと言う区分に
拘りを持たないのです。

 それほどまでに拘ることを国民性としている日本が、
なぜか「政治的観点からのMotorSports”に関してでの
取組みには、無頓着である」と判断しています。

 既に諸外国では、小企業が個人の趣味から空を飛ぶ
自動車なるものの開発を進めて、試作段階にて成功を
していると言う現代に対し、あまりに無関心であると
感じています。

 応援団の学ランのハイカラー(高つめ襟)に長ラン
姿は、世間でも認められた現代でも引継がれた風貌で
ありますが、果たしてそれにおける印象を問うならば、
それにおける俗性の健全性が問われるに至ります。

 人を殴ると言う行為、Boxing(ボクシング)と言う
Sportsでの正式なる対戦であれば、公的に暴力行為を
Sportsとして認められるようですが、その真似をして
中学生どうした殴りあうと、どうなるでしょうか?又、
Professional Wrestling(プロ・レス)などの格闘技
にも同様のことが言えます。

 Professional WrestlingがなぜSportsでありながら
なぜ、Amateur Wrestling(アマチュアレスリング)しか
Olympic競技として認められないのでしょうか?

 暴走族の逃げる運転技術は、警察の追跡能力などを
超えると、逃れることが可能になるであろうと言った
解釈は、誤りでしょうか?

 公道と”Circuit(サーキット)”の違いについて、
一般人が的確に述べよと問うても、答える事ができる
人が明らかに少ないであろうと予測される日本国民達。

 我が国の都心で生活をしてる飼い猫は鼠を捕らえず、
ゴキブリを捕まえて自慢げに、飼い主の目の付く所に
遊び終わると置いて行きます。

 鼠を追う理由にわ捕食と言う本能がありましたが、
ゴキブリの捕獲については、”遊び道具”となっても
捕食としての足しになりません。

 公道でのRacing(レーシング)まがいの能力競争は、
猫がゴキブリを追いかけるが如くの現象に至ってると
言っても過言でないと判断しています。

 しかしだからといって、猫に鼠を追いかける訓練を
したところで捕食性を失った現代的状況にあっては、
無意味なのかもしれません。でも良く考えてみるなら、
猫におけるゴキブリの追跡は、人間の私生活において
”ある意味で役にたっている”現象であり、本能的な
代価としてわ良い意味で消化していと考える見方等も
できますが、公道を暴走する輩達に関しては、むしろ
猫でわなく”ゴキブリ”と言う存在に比較的に、近く
なると思われます。

 日本の若き少年少女達を本能を捨て切れずに進化を
代価的に続けている”日本国の都心に住む猫”の如く
と例えるのが好ましいのか、その猫に遊ばれ追われる
”ゴキブリ”に例えるのが好ましいのかを分けるのは、
日本国政府による車好きの人々への対応によるのだと
思っています。

 海外ですと、映画俳優を経て州知事になった後にて
大型Bike(バイク:自動二輪)で事故を発生させて、
それによる出来事が原因で、”無免許だった”と言う
ことが明るみになったとの話は、最近の出来事です。

 ”鏡の論理”の如く、光を自ら輝かせているのと、
その他人の光を利用して自らが輝いているかの如くに
反射をしている状態は、一般の人達にとって見分けが
つけずらいことであり、誤認、誤解をしてた大衆にも
責任があるにもかかわらず、鏡の如くの存在に対して
憎悪を抱く、それこそ逆反射型の心理を抱いてしまう
と言うのが、人間としての一般論なのかもしれません。

 不当改造、整備不良に関する問題点わ現前性であり、
見た目の健全性を問うのでわなく、文化的、社会的な
健全性を基に、国家としての健全性に発展しつつも、
他国から見れば、それが国民性となると私的に解釈を
しています。

 自動車Racingの好きな人達にとって不足をしている
ことは、金銭や運転技術でなく、健全な運転技術等を
楽しめる環境が無いと言う点であって、環境と言った
大枠での事に対して、一般の国民にわ想像することが
できても創造に至れない。そうした分部を国家機関が
どのように補うのかが、交通事故防止や交通安全など
あらゆる分野への発展に繋がるのだと思われます。

 日本の国家機関は、自らが輝いていますか? 
それとも他国の輝きを反射しているだけなのですか?

 自らが輝ける日本国の国家機関に対して少なからず
御協力できる事を光栄に思いますが、例えそれらが、
反射的な輝きの基であっても、その光の効力から見て
直射に等しい成果を得られるのであれば、その真意を
問わないというのが、人間の歴史から基づく評価だと
私は、思っています。

(あとがき)

 今までの私は、私一人の個人的な意見として情報を
提供してきましたが、その”志”としてまして、皆が
同じなのかもしれないとも思い始めています。

 文中における”我々”と言う言葉は、多くの人々が
そのように感じであろう現実に対し、理想的な対策を
定義する為の前置きの言葉として、使用をしています。

 良案は、これ留まらず星の数ほどありますが、その
光って見える夜空の星でさえ、自らが光を放っている
ものと、反射によって輝いているものがあるのです。

 国会議員として、自らが輝きますか? それとも、
他人の光を身に受けて、反射をさせて輝きますか?

 Einstein(アインシュタイン)の相対理論にあまり
詳しくありませんが、彼が鏡の中の世界を相対的にと
説明することが可能だったでしょうか?惨劇を鏡にて
写し、鏡の中で発生した出来事などが相対性になると
論証できるのでしょうか?二重鏡、二重鏡の世界は、
どうでしょうか?

 光の反射関係は、距離によってわ光星からの直光と
変わらない場合もあります。つまりは、建物、社会的
地位、能力なども、光と反射の関係を旨く使えたらな
自ら輝く星、つまり実力的な能力者に等しく見えると
考えています。

 交通機関における機能向上は、自らが輝ける人材に
協力を経て、そして実力者に対する見習いは、自らの
実力を磨くのでわ無く、自らが熱を持って光を放てる
人材になれるよう能力を学ばなければなりません。

 そして”あいまい”言う技術者の適度な判断により、
絶妙なBalance(バランス)が保たれていると言った
ことを再認識する必要がありそうです。

 以上、この内容に付きましても私的な感情が前提と
なってしまうような文面になりましたが、その意思が
もし伝わりましたら、それに皆様の多大なる知識等を
加えて頂くことで御役に立てられれば光栄であります。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、交通機関における機能向上

天使 交通機関の流れは、日本経済の流れでもある!

悪魔 動脈硬化で麻痺すれば、楽しみが増えるだろ?

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =