記事一覧

2010年に電気自動車が登場予定♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/8/3(月) 午後 11:33

ファイル 7577-1.gif

燃料の電気は、どうするのか?

 化石燃料における資本分野での依存状態は、
まるで『 煙草を止めるが如く 』に苦難な
状態にあるのかと想われます。

 そうした中で、まるで喫煙宣言をするかの
如くに、日産が電気自動車の販売予定を公言!

 しかし、電気自動車における燃料の補充に
付いての問題が、明らかに成って無い事から
私的にも、不安な状態にある。

結論

 時代を先行をすると言う部分では、文化を
牽引すると言う、物凄い力を必要としている
ことを、まず皆さんにも理解をされたい。

 嘗ての人類は、月を眺め「人類は、いずれ
月に行けるだろう・・・」っと想いつつも、
世代を超え、その希望を現代にと引き継いで
いることも、理解をされたい。

 小説やAnimationであった、非現実的なる
存在が、現実にと登場をする!

 現状では、日本からのAnimationの影響で
『 こすぷれ 』が先進国の全域にと広がり、
ある意味では、文化的な問題を表している。

 第二次世界大戦後における人類は、「物が
無くとも、希望がある・・・」との感覚から、
無い物は、造り出せばよい!、想像を創造へ
転化した時代でもあった」のかと想われる。

 限られた条件下に、色々な物を作り出す。
現行の自動車企業である『 TOYOTA 』が
繊維工場から始まり、初期の繊維機械などが
木製にて造られていたことなどを知る人達も、
少ないのかと想われる。

 そもそも、『 みしん 』などが無く、
『 木製の機織機 』が有った程度である。

 つまり日本の文化は、『 木の文化 』に
よって支えられて来た文明を現在でも、引き
継いでいるのである。

 さて、そのTOYOTAでなく、日産によって、
電気自動車が改めて世に普及をすることを、
目論むと言う事は、ある意味で意外だった。

 日本国、先進国の規模で、電気自動車が
どのように展開するのか、とても気になる!