記事一覧

東海大学が優勝!:World Solar Challenge

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/10/28(水) 午後 7:53

ファイル 7587-1.gif

砂漠地帯

 皆さんも御存知のとおり、電気製品や精密機器は、
埃などを嫌う傾向にあり、砂漠地帯や沿岸地で塩分
などを含む風や、湿気など嫌う傾向にあります。

しかし、あえて!

 私は、Olympicは、Africa(あふりか)などの自然
地域を主体に展開をされる方が良いかと想ってます。

 大自然に挑む為に、人の能力が追及をされる必要が
あって、無意味に記録だけを追いかけても、なんら、
天文学で言う数万光年先の惑星を見つけて喜んでると
言うのと変わらない状態にある感じもする。

 さて、そうした近代文明における奇妙な追求心との
観点から離れて、機械が苦手とする砂漠にて競技を、
挑んでいるのである!

 人類規模では、宇宙開拓と言う課題もあるのですが、
それ以前に、人類規模での文化的な観点に伴う意識の
平等性が問われている。

 そうした中で、あえて過酷なる大自然に挑むと言う
競技は、最も人類らしい活動なのかと想われます!

 Sports選手が、実社会において、その技能などが
役立っているというのは、極稀であって、多くの場合、
暴力的な幇助と言うような展開に至ってしまう。

 あらゆる分野でも、過剰な資本意識に伴う観点にて
展開をする場合が多く、挙句の果てに人命までもが、
消費の一つと換算をされ、更に『死亡』することにも
『過剰な価値』を見出した。

 そによって、人命における価値観は、資本換算等を
Linkをすることになり、本来だと日本で発生する事が
無いとされる『経済的な理由での自殺』が自殺原因の
約26%を占めているに至っている。

 今回の大自然に挑むような競技こそが、未来を開拓
する力になるのかと想われます。

結語

 電動自動二輪って、流行らせると、一気に文化風潮が
変わるのかと想われるんだけどなぁ~♪