記事一覧

太陽光燃料の船

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/2/27(土) 午後 11:32

ファイル 7591-1.gif

ちょっと微妙な感じも・・・

 一般人が船と聞くと、その燃料に注目をする
傾向に有るようですが、環境問題として指摘を
されているのは、船体の塗料や船底を加工する
『 特殊な加工品 』である。

 つまり、燃料の部分だけで考えるのならば、
原子力の方が効率もよいのかと想われます。

太陽光燃料

 次世代の燃料として期待をされている分野に
成っており、既に中東地域でも、化石燃料にて
得た利益で太陽光燃料の産出開発に投資をして
いるようです

 日本国では、既に『太陽光発電』を一戸建て
住宅の屋根に設置することなどを促進しており、
その補助金制度や、『余力燃料の買取制度』も
整備されています。

 近年では、都心部におけるBuildingなどにも
注目をされており、私的にWindow Glassの部分
などに着目しています。(既にReport作成済み)

 既に『屋上緑化』が進んでいる為に、それの
部分における太陽光燃料の生産は、期待が薄く
そもそも、設置面積の関係から効率性も然程に
期待されて無いのが現状です。

 家庭用品では、携帯電話の充電を太陽光にて
行うと言う製品も出ているらしく、自動車でも
各大学などで研究されているようですが、燃料
企業との『しがらみ』から民間の自動車企業が、
太陽光燃料の自動車の開発に、着手を行い難い
状態にあるらしく、既に個人や大学機関などで
ある程度の整備のされた車体なども有るらしく、
更なる研究が進められているようです。

太陽光の欠点

 太陽光に過剰に依存すると、天候不良などで
十分に充電を行えない時には、電力不足に成る
ことを懸念されています。

 また、Panel(ぱねる)が未だ高価な物として
扱われている事から、「環境配慮的な製品だが、
経済性を考えると購入を躊躇してしまう」との
結論が、一般的のようです。

結語

 実は、次々世代の資源として、「月面からの
資源摂取」も密かな話題として時々に経済雑誌、
科学雑誌の話題として見かけます。

 また『 風力 』と言う分野でも未だ開発が
十分であると言えず、あらゆる地域での利用や、
開発などが、現在でも行われています。

 その他に『 海の波からのEnergy摂取 』も
開発に着手をされ、色々と試されているらしい。

補足:Dietと発電

 Dietをする目的で、体育的な活動をする人が
居ますが、その燃料値は、どれ程の物に値する
のでしょうか?

 真意での環境を考えるなら、まず無駄な飲食
などを考慮する必要も有りそうです!

 無駄に食べて、痩せる為の運動をしていると
言う状況は、健康的だとも言えないかと想われ、
むしろ体の負担になる一方かと・・・。

 近年だと、食生活を自発的に『健康維持』と
なる部分で考えられるように成り、若い人達も
男女を問わず意識されるように成りました。

 また『菜食』にも関心が寄せられています。

 よって、人が環境問題を考えるのであれば、
「まずは、自分と自然環境の関係」を把握する
必要があり、自分が消費する物に対する消費後
での対処、それに自らが食する物等が含まれる
と言うのであり、同じく排泄物も含まれます。

 日本人の文化を遡ると、『 肥溜め 』との
存在が有り、人の糞などが平然と野菜の肥料に
使われていた時代もあったのですが、現在だと
想像すら行えないと言う世代が増えてきたとも
想われます。

 しかし英国などで、人の『し尿』から燃料を
生産する企業も現れ、それらの部分を考えると
日本でも、色々と検討をする価値があるのかと
想われます。

 皆さんの下っ腹にある贅肉は、必要ですか?
それこそが、環境問題の原点に成るのかとも、
想われます・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪