記事一覧

No.81 沖ノ鳥島の改善!

配信 2006-01-07
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.81
       Internet Ombudsman
*======================*
※万学2『第2回まぐまぐBooksアワード』にEntry♪
読者投票期間:12月7日〜12月21日 応援をしてね♪
結果発表  :2月上旬

作成 2005-12-01
問題 沖ノ鳥島の改善!

 Internet等で”沖ノ鳥島 画像”などと言うふうに
検索をしてもらえば直ぐに見つかります。

 日本の領土とされる”沖ノ鳥島”は、小笠原諸島に
属する島となっておりますが、この島の特徴や大きさ
などから、世界世論として島などとわ認め難いと言う
意見が出ているようです。

 国連等における国際基準での”島”としての定義は、
「住民が住んでいる、もしくわそれ相当の環境などが
備わっている土地」となっているそうです。しかし、
沖ノ鳥島に関しては、満潮時において水没してしまい、
そうした状況から腐食も激しく、島としての補強的な
工事などが行われている。

 現状において領土的な問題となるのが、漁業などに
関する領土問題であり日本国にとってわかなり深刻な
問題とされている。

 いまのところ、さほどの批判を世界規模での世論で
受けているわけでもないのですが、これにおいてでの
対処が早急に必要かと思われます。

 対処としまして国際的非難を浴びる前に、的確なる
対処をしておくというものです。その手段としては、
沖ノ鳥島周辺を徐々に干拓、もしくわ埋め立てなどを
行って行き、沖ノ鳥島に観光用のHotel(ホテル)等を
建設してしまい、観光地としてしまう方法があるかと
思われます。

 これによる手段によって、現状での”島”としての
見方に対する異論から、観光地としての土地の主張を
行えるようになり、海里問題等についても事前回避が
できると推測しています。

 今後、Asia圏などにおいて先進国としての主張等を
行う際に、やはり「国際的なMoral」が問われてくる。
その”国際的なMoral”を安定させることによって、
先進国としての信頼が初めて生まれてくるのであって、
国際基準となるMoralを低下させているような国家は、
これからの途上国側の対応としても「”ずるがしこい
国際関係”の延長線上に我が国家との関係もある」と
言われても反論ができなくなってしまう。

 近代諸国の最重要課題としては、国際的なMoralの
定着化であて、そのために事前に予め諸問題などを
自ら国際法にちなんで対処する、国際的協調能力が
問われることになっております。

 国土における問題は、外交として緊迫をしている
”竹島や北方領土”以外にも、海洋の名称などでも
指摘されており、これにおける日本国の国際的での
理解が求められている。

 ”国際開発援助”と言う名目で、比較的発展などが
登城している国や文化に対して、先進国の文明による
進出を試みる方法は、現代的視野でわ”文明的戦略”
とも解釈される場合もあるので繊細に対処したい点。

 それらを踏まえ、外交問題を内側から日本国民が
自ら国際的外交意識を高めつつ、日本国内の文化的
向上と海外との外交向上を模索する必要があり、その
貴台となる国際法及び国際的な慣習や国際規模での
規範の感覚を、日本国でなく日本国民自身が抱くとの
必要があると考えています。

 その為には、何が必要なのかを考えると言う事が、
今後の実践的内容になるかも常に考えたいものです。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、沖ノ鳥島の改善!

天使 事前に自ら改善する意識は、自衛にも値する。

悪魔 人類は、戦い合って進化するものであるのだ。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =