記事一覧

ぷりんせす・まさこ

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/12/23(日) 午後 0:15

ファイル 7664-1.jpeg

結果的に販売されまして・・・

 私も今読んでいる所なのですが、内容的に
かなり微妙な表現が使われています。

どんな感じ?

 つまり『GAMEの理論』で言うところの
読んだ人が感じる印象が、予め意識をされて
言葉が使用をされているようなのです。

 表現的には、大げさであったりもしますが、
所々で、『へぇ~♪』と言うような意外なる
情報が・・・゜+.( ̄ω ̄ )゜+.゜

何となく解っていたけど・・・

 宗教関連や色々な意味合で、対人的印象を
どの様に感じるかなど、何気なしに解ってわ
いたのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

雅子様の色々・・・

 結果的に、この本は、雅子様の自己PRと
言うような感じの本となっているようです。

(∇〃) .。o(未だ初めしか読んでないから♪)

 外見から少女時代は、『おてんば系』だと
予測をしておりましたが、やはり・・・w

 その他にも、色々と書かれているらしい♪

これまでの感想としては?

 未だ本当に最初方しか見ていないのですが、
どうも、結論的にわ「皇室の制度、しきたり
などによって、雅子様自身における行動等が
制限をされてしまい…と言うより、報道等の
過剰な追求で、動けなくなってしまった」と
解釈するのが正しいのかもしれません。

 英国のDiana妃も似たような現象に陥ったが、
結果的には、もがけば、もがくほど深く深くと
沈んでいったのでした。

 その点では、なんとか雅子様の場合には、
切り抜けられたようです。

 日本国の憲法では、唯一に『国民の象徴的
なる存在』として謡われていることからも、
庶民に近づくことで、改めて受け入れられて
いるようです。

 その半面で、過剰な民主主義制度によって、
困り果てているのがEU等であって、そもそも
王室と庶民との間にわ貴族があって、貴族達に
よって王室の貴賓が守られ、庶民と王族とでの
中間の貴賓を保つことによって、民衆的均等を
保ってきましたが、その中間となる貴族関係が
殆ど経済的な意味合でのみ、又帰属としてでの
貴賓が明確にならず、民衆に対しての貴賓等が
明確にならない状態になっている。

 又移民などにおける文化的な現象によって、
文化的な意識が民衆の同情から低位置を指示し、
流行も、下流階級からFashion(ふぁっしょん)
などが流行をしている。

 日本国の場合には、皇室における関心などが
むしろ国民的には、少し離れていた事が救いに
なっており、過剰な追求といっても報道関係が
行っている割に、民衆からの同情などが高まり、
むしろ皇室の味方に付く主婦などが多かったと
言うのが現状のようです。

 更に不倫などと言うような他での恋愛ごとが
表ざたになるようなことが無く、過剰な報道で
それらしき疑いを公表された事もありましたが、
それでも、何とか通り過ぎたようです。

 私が『よろっちゃ王国』を名乗った原因は、
少しでも、王国、皇帝制度を理解したいと言う
意味合からであって、仮装であっても自らが、
皇室の人々が、どう言うふうに世の中が見えて
いるのかを知りたかったことにあります。

 まぁ~それでも、完全に理解すると言う事は、
難しいのですが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 只、この本を読む少し前から、皇室系統にて
どの様な現象が発生をしてるか、又公務と言う
観点での特徴などの解ってきました。

 解っていも、私は、何も致しません♪

 自衛における概念は、国民個々に委ねられて
いるわけですから、やはり国民のよきお手本に
なって頂かないと・・・w

 そうそう、『女性系の天皇』と言う観点では、
ようやくに理解いたしまして、日本国の皇室は、
世界的にも一番最古の伝統を、保ち続けている
状況にありました。

 私的にわ世間的な話題の均等工作から『女性
天皇も良い』と、中和していましたが論理的な
意味合では、むしろ女性天皇が有利でした。

 しかし悠仁様も御誕生になられ、一時的にわ
波風が・・・中和的に立ちましたが、現在では、
ようやく治まった感じです。

 これで雅子様の加重も、取り除かれたかとも
思われます。

 一時は、平成のLouis(るい)16世とまでは、
言いませんが、でも経済的に困窮している人が、
増えていた時期に、Fashionなどに金銭などを、
消耗している状況には、かなり不安を抱いていた
国民も多かったと思われます。

 現在では、地味な格好をしておりますが、むしろ
それでも、これが又人としての知性等が、それでも
感じられる御人柄だから、もぉ~たまりません♪

 国民としては、惚れ直してしまうような・・・w
これじゃぁ~皇太子様も、ちょっと大変ですなぁ♪

 まぁ~私の場合、雅子様の魅力が皇太子殿下妃で
あるからであって、もしも何だかの理由で、不倫や、
離婚説が出ると、流石に国民としてわ『どん底』と
言う感じですな・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 まぁ~恋の戦略には、適わなかったわけですから、
それ相応の覚悟で嫁いだ以上、それ相応の御苦労が
あるのかと・・・( ̄ω ̄ククク

 未だ、愛子様の『おてんばぶり』だって本領を、
発揮されていないようですので・・・Σ(〃▽〃)♪

 今後の育児への御苦労が楽しみですな・・・w