記事一覧

BlackJack(ぶらっくじゃっく)

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/10/14(土) 午前 11:47

ファイル 7704-1.jpeg

Title>
BlackJack(ぶらっくじゃっく)

著者>
手塚治虫

価格>
580円

出版>
秋田文庫

内容>
 言わずと知れた、日本のAnimation会の創設者である
手塚治虫氏の作品です。彼の作品には、とても多くの
作品があり、他に類を見ないほど多くの名作を残して
その生涯を終えています。

 彼は、もともと医学部を卒業しており、それゆえに
描かれている内容には、現実に近い内容で漫画として
描かれているので作者の心情がとても現実的に伝わる
漫画でもあります。

 その作品には、”人を救う”と言った医者としての
使命感を主体とした主人公と、その半面でDrキリコと
言う、あの”有名な自殺Sight(さいと)事件”にて、
青酸カリなどを配布してた人物も、その名前の使用を
していた、末期の生命にある人物を安楽死させる事を
医療としているCharacter(きゃらくたー)と言った、
物語上では、二者の主義だが、それらが製作者自身が
医学を志した者として、日々の葛藤を解りやすくして
表現している。

 主人公は、無資格の医者であるが世界中でも有名な
外科医であり、多額の手術料と生きる事への希望等を
条件に患者の命を救う。しかし時として彼は、多額の
手術料を建前として、Volunteer(ぼらんてぃあ)を
することがある。御金が目的で、彼が高度な技術にて
人の命を救っていたと言う事実があれど、その真意は、
別にあるようです。

 また、手塚治虫の作品は、あらゆる視野にて物語が
形成されているので、Character絵柄の類似があっても
その個性が、それぞれ異なるので、まるでCharacterが
俳優の如く、それぞれの物語の中で演じている様子は、
実際の俳優並みの演出です。

 彼の作品を読み終えると、いつの間にか物事の見方が
変わっていることに気が付きます。

 目的わ一つ、しかし手段わ多種にある・・・。