記事一覧

いきなり最終回 1

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/21(土) 午後 1:24

ファイル 7712-1.jpeg

どんな本?

Title>いきなり最終回 1

定価>
400円

内容>

以下の9作品における最終回が見れます!

1.巨人の星
2.ターガーマスク
3.アタックNo.1
4.天才バカボン
5.男おいどん
6.父の魂
7.黒い秘密兵器
8.750ライダー
9.夕やけ番長

感想

 平成産まれの人には、解らないような、
戦後から昭和の好景気を迎えた時期にて、
漫画家達か、未だ世間で完全に認められて
いないような時期に、登場した人気作品の
最終回部分だけが収録をされている。

たいがーますく

 TVでAnimation(あにめ)にもなった
作品でありますが、とても残酷な内容だと
指摘された漫画、Animationでもあった。

 TigerMask(たいがーますく)に憧れて、
ProWrestling(ぷろれす)になるとの人も!

 そして、私が初めに行っていた足利工業
大学付属高等学校から、伝説のTigerMaskが
登場をした!!!・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 之までのProfessionalWrestlingのように
取っ組み合いだけでなく、Ringの中を舞う
と言うに相応しい、空中的攻撃を行なうと
言う実在の選手となった。

 しかし実際の漫画では、もともと孤児で
育った主人公が、孤児院を救済する為にと
UnderGrand(あんだーぐらんど)で非合法
となる決闘を行う事で、金銭を得ていた。

 そして、最終回に主人公がMaskを脱ぐ!

 実は、実際のProWrestlingも、日本国の
戦争孤児などを救済する為に、米軍などの
発案(FreeMasonが関与していると言われて
いる)で、開催されたのが切欠になってる。

 誰もが正義の味方になりたかった・・・、
そんな少年の時期を過ごしつつ、悪役達の
本当の姿に、月日と共に理解するようにと
成って行くのが人生なのかと・・・。

 悪役だって、正義の味方に憧れた少年期
などがあったかと想われる。

 人生における人の心情なんて、複雑だと
言われる程に複雑でも無く、単純だと軽視
する程に、単純で無い・・・。

 しかし、悪役は、純真単純でなければ、
成れないと知ったのは・・・・。

 現行における暴力団と称されている人を
解放したいと私が想ったのは、何時だった
だろう・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪