記事一覧

漫画家さんちの猫

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/3/10(火) 午前 0:58

ファイル 7714-1.jpeg

どんな本?

Title>
漫画家さんちの猫

出版社>
こみっくす

内容>

 15人の漫画家たちが飼っていた猫たちが
紹介をされている!

01.石坂 啓
02.伊藤理佐
03.岩館真理子
04.緒方もり
05.神奈幸子
06.CANICO
07.倉持知子
08.白鳥はと
08.須藤真澄
10.のがみけい
11.松笛あけみ
12.山下和美
13.よしまさこ

14.手塚治虫
15.松本零士

感想

 以外にも漫画家や文豪は、猫を飼っている人が
多いらしく、むしろ猫好きな人が多いと言うのが
正しいのかもしれません!

 漫画の主人公や脇役などとしても大活躍をする
Character(きゃらくたー)でもあります。

 今回の作品では、漫画家の家にて飼われている
生の猫を題材にした作品の数々となります!

 あの有名Animation(あにめーしょん)巨匠も、
その作品著者として列挙されている!

 意外に、かっこ付けたり、美化したりするとの
感じの作品が多くなるのかと想ったのですが・・・。

 漫画家の皆さん達は、本当に苦労をしており、
その関係からも、物事に対して養われた優しさに
よって、『捨て猫を飼う♪』っと言うことが多い
ようです・・・(。-`ω-) ん~♪

 しかも健康的な猫・・・でもなく、衰弱をした
捨て猫や、怪我、病気などの猫を拾って来るとの
不思議な性格の持ち主達である!

 つまりは、作品の殆どが捨て猫の猫生を描いた
作品なのですが、その猫達が漫画家たちを、どの
ように支えていたのかを、見ることができます!

 猫の悪戯(いたずら)や世話などに振り回され
つつも、漫画作品を制作する作家達を、その猫が
そこに居るだけで、支えになると言う不思議なる
存在でもある。

この本から学べること

 古代Egypt(えじぷと)文明に伝わっていたと
される神話で、太陽神Re(らぁ)の
娘となるBastet(ばすてと)は、猫の頭を持ち、
夜は、『太陽(Re)』を、蛇などから守るためにと
寝ずの番をするとされている。

 現実的には、穀物を荒らしたりする小動物を、
狩る役割を担っていたのかとも想われ、昆虫等も
それに含まられるのかと想われる。

 なぜ昆虫が含まれるのかと言うと、猫を飼った
ことが有る人なら経験が有るのかと想われますが、
『ごきぶり』などを捕まえて、『狩りをしました』
っと言わんばかりに、見せ付けるような感じで、
置いてある事がある。

 時に『ごきぶり』に限らず、色々な小動物や、
昆虫を捕まえて来る・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 そうした観点からも、猫に対して敬意を表した
ことによって、神として祭られているのかとも、
想われる。

 実は、日本の文化でも古来から猫や犬に対して、
また、猿、雉(きじ)など、あらゆる動物たちが
人間と生活を共にしたと言われている。

 しかし干支の物語で、登場をするものの、その
十二支からは、外されてしまう!

 その観点から『好まれていない動物』、特には、
『寝坊、遅刻』などをする、規則に疎い動物だと
言う印象が広まっている。

 そんな状況にあっても猫の存在は、我々人類に
大きな影響を与えており、確かに文化を維持する
と言う意味合いでは、大いに人間に貢献をしてる
動物でもある。

 そんなな猫達を、むしろ救済的に飼おうと決意
する漫画家たちの姿も見られ、猫が主人公だけど
内容からは、それら漫画家達の性格が明るみにと
なった作品になっている。

 病気であっても、拾って病気の猫を看病したり、
猫特有の病気と、一緒になって奮闘する漫画家。

 その猫が、猫として産まれた事を航海させない
と言う為の活動にも想えるが、なぜ、そのような
行動を人が行うのかは、不明である。

 手塚治虫の作品に登場をする猫は、不倫関係を
展開する猫でもあって、しかも同性愛猫だったり
するから、大いに考えさせられる!

 がぁ~、今も昔も然程に変わらない事沙汰が、
猫でも変わらないと言うようなことを表現してる
とも想われる。

 猫を飼ったことがある人は、『そう♪そう♪』
っと場面を見ながら、頷(うなづ)きつつ納得を
するような内容から、病気の猫を抱えた人達等を
励ますような作品にとなっている。

 なぜか、どの作者も、猫に対して不思議と敬意
などを表現している場合が多く、拾って来た時に
『守ってあげたい』から始まって、いつの間にか
『尊敬する(憧れ的な)存在』にと変っている。

 作品の中で、自らがCharacterとして猫に変化
する形で、登場をする作家も居る。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 全国の猫愛好家達を、励ましてくれるような、
作品となっているので、必見である!

( -ノω-)こっそり♪<最後は、購買意欲を煽る・・・w

(∇〃) .。o(その理由は・・・・↓♪)