記事一覧

煽り運転は、法の設置で、抑制が、可能と、成るのか。

警察庁は、道路交通法の改正を、検討

 抑止力と、成るような、法の改正が、求められ、「単に、違反者へ、罰金、及び、懲役など、刑罰を、課す程度ならば、それと引き換えに、着手する輩が、生じる」と、想われる。

記事
あおり運転を道交法に新設、厳罰化へ 警察庁検討
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月06日 09時20分

補足

 本邦の現状は、「交通違反者の罰金刑における、徴収率は、悪い」と、判断するにも、至っており、挙げ句の果に、恩赦の対象にも、成る事が、有って、倫理性(罪と罰)の関係から、『行政に、対する、鑑査の活動』では、問題視するにも、至る。