記事一覧

死刑の基準は、何か。

法曹界では、永山則夫連続射殺事件が、基準

 現在の一般人は、日常の生活で、『永山則夫連続射殺事件』を、知り得る機会は、稀と、成っている。

記事
新潟女児殺害、死刑判決とならない事情
 ・47 NEWS
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月07日 10時30分

参考
・永山則夫連続射殺事件
 ・Wikipedia

僕の見解

 法学を、『(A)大学、(C)法科大学院、(C)司法資格試験の学習』で、そう、『意識的な操作が、行われる事が、多い』のかと、想われる。

 ところが、裁判員の場合には、一般人で、前出の(A、B、C)を、経てない事から、即席に、裁判官からの指導によって、知る事が、多く、成るのかと、想える。

 また、「裁判官は、『事件慣れ』する傾向に、有る」ので、やはり、一般人とは、違った、観点で、事件を、評価するのかと、想われる。

 それらによって、生じる、『感覚の違い』(『裁判員と、裁判官』の感覚における、違い)が、控訴時に、顕著に、現れる事も、有る。