記事一覧

No.73 犯罪者の学歴を後悔する必要がある?

2005-08-20
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.73
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2005-07-02
問題 犯罪者の学歴を後悔する必要がある?
副題 学校は、犯罪者に悪意の為に知識を与えたのか?

 犯罪における根絶が問われると同時に指定暴力団の
存在を”追放”したいと考えいてる輩達がいる。なぜ
「暴力団を追放したい!」と言う事が輩事に値するか
言うならば、『暴力団無くして正義を語れない奴らは、
暴力団を含む悪党達の存在無くして、正義を語れない
輩であって、悪行の根絶に至らない』ことを意味する。

 そもそも正義と言う定義自体が問題であると考えて
います。(個人的に・・・・)

 と言うのは、暴力団に限らず犯罪者における犯行の
過程を、その人の人生を遡及して考えるなら、犯罪に
至るまでの過程において、それ迄の人生経験にいたる
知識や認識の範疇をどこで学んだのかが問われます。

 犯罪における種類には、大きく分けて二種類あると
考えており、その内の一つが”感情における突発的な
犯行”と、”綿密なる計画的犯行”があると考えます。

 ”計画的犯罪”と”突発的犯罪”の大枠意外にも、
『完全犯罪』と言う、分野がある事を予めに認識する
必要があります。

 ちなみに代議士の皆様であれば、”犯罪白書”なる
ものに一度ぐらいは、目を通したことがあるかと思い
ますが、それにおける統計以上に実際に犯罪が遂行を
されている事を、事前に認識する必要があります。

 犯罪における心理も大枠においては、二つあって、
”感情的からの動機”、”経済的理由からの動機”が
あると考えています。「感情からの動機」においては、
『犯行なる動機が、経済的利益を伴わない判断場合に
適応される』分野であって、「経済的理由からによる
犯行」においては、『経済的理由を換算した後にて、
行われる犯行であるが、犯行後における刑罰などでの
経済的利益の換算を含む場合』を意味しています。

 犯罪は、学歴を問わずして行われているの事実でも
ありますが、得た知識を元に犯罪を行う場合において
それが大学を卒業、公務員試験を合格していたなどと
言う場合においては、結論として犯罪を行う為に得た
知識(学位など)であり、資格であったと言えます。

 今日の日本国内大学等でのMoralの低下は、深刻で
某法科大学の生徒ですら平然と犯罪を行っているのが
現状であります。特に”新入生歓迎”等との名目にて
新規入学制である未成年者を飲酒や喫煙の場に先輩や
教授などが招き、平然と喫煙、飲酒を行わせる状況は、
”法治国家”を名乗る上では、かなり致命的な現象と
言えるのかもしれません。

 こうした状況下において、改善されるべき内容は、
”犯罪がなぜゆえに、規制されなければならないのか
を理解する”ことであって、それを教えられない法科
大学のあり方には、文化的先進国として深刻な問題と
受取るべきかもしれません。

 法科大学の設立目的は、法学における分野の活性と
言うだけでもなく、社会一般的に法規を理解しつつも
社会的(社会主義と異なる語源を意味する)向上を、
目的としなければなりません。

 更に文化的向上の基盤となる”民法”なども踏まえ
法的な理解を一般にも高める意味合もあり、今日での
大学における方か教育は、本来ですと一般的な常識の
分野として、一般国民の多くが理解すべく内容である
と解釈をしなければなりません。

 こうした観点からも”法的規範の解釈と認識”は、
義務教育にて学ぶ事が好ましいと考えるのと同時に、
その後での学校教育によって学んだ知識を基にして
犯罪を遂行させようと目論む輩の存在は、それまでの
学位や知識を、悪へと汚す者であると言えるでしょう。

 そうした意味合からも高校、大学による教育過程の
場を提供すると言う立場からでの社会的責任を追求し
知識を求める生徒に対し、結果的に学校が何を学ばせ
どのような人生を与えるに至ったか責任を負う必要が
あると考えています。

 例え放火の大学を卒したからと言っても、その後に
犯罪の援助を行うが如くの現実を目の当たりにすれば、
法科大学としての存在自体が社会的問題視をされても
いたしかたが無い事実となります。

 こうした観点から知識を学ぶ場での責任と同時に、
大学等の学生自治における”学生として責任(知識を
得る者としての責任)”を社会的に課する事が必要と
考えています。

 その初期段階として犯罪者の学歴を後悔する義務を
課する事で、”学ぶべき場において、その後の人生で
どのように知識を活用したか?”の責任を追及すると
同時に、学ぶ場を提供する学校機関の責任を問う事で
実践的知識の活用を必然的に学ぶ事に繋がると同時に
Moral(モラル)の向上にも繋がります。

 良く学位の無い人が、学歴のある犯罪者に対しても
”頭が良いから、あんな犯罪を行えるのだ!”などと
誤認する人もいますが、実際での社会評価においては、
「知り得た知識を悪用したり、悪行の模索等を検討し
目論む輩が、”頭脳的に悪い(頭が悪い)”と評価を
するのが正しく、学位の無い者が”頭が悪い”などと
定義するのは、一般的排他行為と同等であって、更に
自らを学位が無いが故に”頭が悪い”と称する事は、
自殺行為に等しい程に自らの人格損傷に繋がる行為と
考えています。

 しかし低学位者の犯罪行為が比較的に多いと言った
事実もあることから、現実的に家庭での認識を踏まえ
学位(最終学歴などの)公開を課することによって、
学位への向上を図りつつも、犯罪の低下を見込めると
言った画期的な手段であると、個人的に考えています。

 犯罪行為は、犯罪が行われたという結果に対しての
刑罰や社会的批判があるが、それらが完全犯罪となる
ならば、罪として評価されることが無い現実を基に、
”犯罪行為を根絶する(犯罪を行えない)環境”を、
作り上げてゆくことが、社会人として課せられている
私達の責任でわないでしょうか?

 私は、既に遂行された犯罪に対して社会的な評価を
下す考えでわなく、犯罪を発生されることが不可能で
ある環境を提供することに焦点を置いて考えています。

 以上の私的な考えや想いを踏まえまして”犯罪者の
学歴を一般に目立つように公開をすること”を提案し、
それにおける検討をして頂きたく思っています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、犯罪者の学歴を後悔する必要がある?

天使 知識を求める事が、人としての救いである。

悪魔 知識への欲を捨てる事が、悪の条件である。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =