記事一覧

No.71 第一産業の活性化につきまして(農業)

005-08-01
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.71
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2005-07-25
問題 第一産業の活性化につきまして(農業)

 中華人民共和国における、経済的な開拓が進みつつ
文化的にも徐々に向上が期待され、農業等においても
日本を初めとする企業からのOrder(オーダー)により
輸出産業としての分野から活性化が進んでいます。

 我が国の農業事情は、以前より問題視をされていた
農業地域の過疎化問題、農業者としての人材確保等に
取組んでるようですが、これにおける農民への効果が
無く、自活できない農家が数多く存在をしているとも
聞いています。自活できない農家は、公的機関等から
支援をしてもらっている状態にあるそうです。

 農業が公的機関より支援を得ている状況は、出資的
支援と言う概念であれば理解ができますが、蔓延的な
”補助金受取農業”として補助金を受けること自体が
平然と当たり前になっているようでもあります。

 公的機関と農家における援助交際状態が続きつつも
向上が見込まれない状況にありながら、援助を続ける
意味合に疑問を感じます。

 つまり”農業”としての機能が破綻しいる状態で、
それを破綻状態を継続させるために公的資金などを、
適用するのは、好ましくないと考えています。

 でわどうすれば良いのでしょうか?

 農家は、農業としての業務を社会的な産業として、
維持してゆく義務が生じ、それを維持する事自体が、
農業としての営みを確保するに値する行動でした。
しかし、自由民権運動から農業における社会的なる
見方が変わり、過剰保護から産業的衰退に至るまでの
過程が”政治的権力者の社会的超越”によって形成を
されてしまい、農家としての土地を国家が真綿にて
農民の首を絞めるが如くに、税金、区画整備などでの
名目から、遺産相続などに至る経緯をへて土地回収を
行いつつ、政治資金に繋がりやすい経路を経て利己的
資本力へと転化されているのが現状に見えています。

 ここで余談ですが、とある政党の基盤と成っている
”自由民権運動”の基盤を知っているでしょうか?
農民における万年たる農業も、世界人類の発展により、
農業だけでわなく、”民”としての自由と言う権利を
取得するために設立されたものでした。

 ”米”と言うものは、穀物としての存在そのものが、
人類にとって大きな影響を与え繁栄をもたらしました。
また、日本の文化的象徴でも”お米”という存在が、
重要視されており、現在でも何事の儀式においても、
世界的規模で、使用されています。

 ところがその自由民権の発展となる政党は、その後、
技術的分野から極めるところの技術者による自由等の
追求へと方向を変え、建設、工業、資源等の科学的な
分野などを先端にして発展を続け、”農業産業”との
分野を蔑ろにしているのが現状です。

 何事においてもそうですが、自らが所属する団体の
”起源や原理”を理解せずして、今日に至る社会的な
地位を得たり、又、その起源原理の志に反する行動を
行えば、暴力など主体を正当化したい思考の団体達が、
「原理主義者」を名乗り、暴力を正当化しようとする
原因となってしまうのです。

 進化と発展、そして分離、散開。そのようなことは、
基の原理を保守しつつ、新しい原理として発展させる
ための行為であって、必然的な行為でもあると私は、
個人的に考えています。

 そして話題わ農業へ戻り、自由民権の発展の後にて
自由を超越した活動の後に、不自由を強いられている
農業を法規的に開放する必要があるかもしれません。

 また本来ですと、Cooler、TV、家などより何よりも
食品が重視されることが、文化維持において重要なる
着眼点となります。それは、”健康の維持”といった
長寿社会における必然的思考でもあります。

 定年後に誰の世話になるのか? を 問うのでなく
「定年後でも健康的に老後を過ごす為にわどうすれば
良いのか?」が求められています。その時に、重要と
なるのが”食品などの農産物”となってくるのです。

 結論としては、農協を通しての農産物売買などでの
活性化よりも、農家が直接に直販を自由に行えるとの
方法を活性化させ、なんだかの理由にて販売業務等が
行うことが困難な場合などに、市場などの場を通して
販売を行う手段を選んだりなど、農民における産物の
販売権の範囲を拡張する必要があります。

 農業における農民の販売範囲の拡張と、それに伴う
学術的研究施設の協力、そして更に未来的な農産物の
開発を大学研究機関などを通して積極的に行えるよう
政府機関が働きかける必要性があると考えています。

 ちなみに”農協”の設立原点も、農業における協力
団体であって、農業を圧迫するに等しい規制をかける
団体でわありません。

 床屋協会などもそうですが、工業における分野でも
経団連を初め、その起源の原点を改めて見直す必要が
あり、自らの社会的地位でわなく、必然とされるのは、
「企業の存続とのれに属する民(動労者)の自由」で
あることを忘れてわならない。

 それは、暴力を正当化する為の原理主義者の存在を
減少させる事にも繋がり、健全なる国家維持と発展に
繋がる事でもあると個人的にわ考えています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、第一産業の活性化につきまして(農業)

悪魔 飢え他者達は、いがみ合い死人の肉まで食う。

天使 しかし、生き残るという観点でわ正当化かも?

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =