記事一覧

東北大の「自給メニュー」?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/11(火) 午前 1:59

ファイル 7827-1.gif

もしも、食料が輸入されなくなったら?!

 東北大学で1月に実施をされた食料輸入が
停止してしまった場合での食事内容を体験する
『日本SHOCK!Fair』なるものが行われた。

で、食事の内容は?

 主に『芋(いも)』になると仮定をしており、
それに纏わる商品の販売なども行ったそうです。

米は?

 以外にも、米が出て来ないのが不思議ですが、
現状における農業事情では、米の自給率なども
昭和50年代から減速傾向にあって、近年でも、
その減少状態が留まることが無いとされている。

日本国の食品自給率

 これは、統計上での話しですが、日本国内の
食品における自給率が約39%で、昭和40年
以降においては、年々に減少している状況にと
なっている。

 その反面で輸入が膨大に増えており、食品に
限らず、あらゆる類での輸入が増えてる状態に
あるが、日本の民としては、安い方にと意識が
偏りがちで必然的に国家経済としてわ自爆的に
経済的な困窮分野を温床させるに至っている。

 これらの点を考慮するならば、本来であると
日本国内の第一次産業を進展的に再開拓をする
必要があったが、それらに対して国家機関等が
梃入れをする事が無く、むしろ補助金を支給し、
高齢化する農業に対し、幻覚的な効果を利かせ、
今日まで農林水産を維持している。

 私的には、現行において司法等で公務機関の
Compliance(こんぷらいあんす)向上などに、
着手をしており、農学分野にも着手をしたいと
言う意思もあったのですが、二の次になってわ
いるのが現状です。

 ちなみに『ニ』は、対Terrorism中和工作で、
その次に国内の農林水産業における向上にと、
なっているのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

ところで・・・

 身の回りにあるもので、輸入品じゃない物を
探す方が難しいとされる近年ですが、皆さんは、
国益と言う意味合をどう考えているでしょうか?

 日本の利益は、年々において海外に過剰流失
されている事が解っています。

 例えば、『海外救援募金』。

 国内に冠する福祉への募金も十分だとわ言え
ない状態にあるですが、芸能人や政治家などの
個人を経由して、数千万規模で海外に寄付等が
されていることを、あまり知られてわいない。

 そもそもProfessional Wrestling(ぷろれす)
と言う競技が日本で始まった初期の理由として、
『慈善金を集める為だった』とも言われており、
FreeMasonが関与されていたとも言われている。

 しかし後には、営利団体となって、結果的に
暴力を象徴する団体となってしまい、演技等と
言う類からは、掛け離れてしまった。

 ちなみに、例えProfessional Wrestlingでも
反則行為があれば、暴力沙汰であって、民にて
告訴があれば、刑事事件扱いがされるのである。

 ところが、それを行わず、人が殴りあうなど
残虐な光景をみて歓喜をしてるような民から、
公然に収益を得て、海外へと・・・w

 こう考えても、面白い仕掛けである・・・笑

自給率!

 やはり日々の生活においても、自給率向上の
原点は、其々の家庭の中にあって、それらでの
観点から、物に対する重要性を見出しつつも、
生産する者と、消費する者と信頼が発生をする

はずなのだが・・・(。-`ω-) ん~♪

 現状においては、御米のBrand(ぶらんど)と
言う観点でも、私の記憶だと6割以上が主たる
Brandの御米であれば、○○Brandと名称を付け
販売しても良い等とされている状態であって、
それを国が許可をしているらしい。

 そのような国内状況にあって、更にわ国家が
公認をしている不条理な名称が付いてる食品が
数多く存在をし、『こんびに・おにぎり』等の
『たらこ系』が「実は、『たらこ』でわない」
などとも言われている。

 その他でも色々な分野で、国内産であっても
偽装をされているが、皮肉にも輸入食品などに
対抗ができず、安価な素材を利用して偽装をし、
利益を得るのが、やっとの状態であるのが現実。

 そうした観点からも、国家機関が何を基準に
規定を設けたのかが、大いに問題になっている。

(。-`ω-) ん~♪