記事一覧

No.64 国内の教育問題に付きまして

2005-06-26-05
*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.64
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2005-06-24 (2005-06-25 配布)
問題 国内の教育問題に付きまして

 ”ゆとり教育”の成果が大夫でてきたようですね。
議員の人によっては、「なにを言っているんだ!」と
思われる方もいると思われますが、ここからが民衆へ
知的欲求工作を仕掛ける頃合です。

 学位や知識、教育に対して疑問を抱きはじめている
日本国民の不満は、一般家庭にも広く浸透しています。
そこで、「ならば一般の家庭では、どのような義務的
教育を望んでいるのか?」を、国民に問うのです。

 ASIA近隣の諸国では、学位における強化をしており
中華人民共和国、大韓民国、朝鮮人民共和国などでも
学位や知識、能力などの強化を、それぞれの国家的な
意識に沿って強化しております。

 そうした中で、日本国の政策でわ”ゆとり教育”を
選択して、国民の意思を探る選択をしております。
これにおける結果、一般家庭において学位への不安、
社会性への心配を各家庭が抱き始めています。

 そうした中で少子化も進み、むしろ本当の意味での
教育は、かなり内容の濃い授業を受けれる社会体制が
整っております。

 今までの義務教育は、”押し付けがましい”と言う
子供達からの反感を抱きがちなものでしたが、今後は、
子供達があらゆる分野に好奇心を抱き、探求、追及、
そして研究、実験などへと自らが、そうした行動等を
求める”自立的な行動”を主体にする必要があります。

 しかし正治的な思想として、一概にどの方法などが
正しいと言えませんが、そうした中で、民主、社会、
共産、資本、独裁などなど、あらゆる思想をもって、
個性的思想を持ちつつも、各分野の主義と共存などを
心がけなければならない事を強いられます。それらは、
自然の摂理であって、人類としての歴史的不可抗力と
言えるのかもしれません。

 それらを踏まえて教育機関は、例外なく一般家庭が
どのような義務教育を求めているのかを早急に調査し
それを繁栄させる必要があるかもしれません。そして、
その内容としても各地域により、その内容等が異なる
ことが予め予測されています。それは、その地方等に
おける慣習や風土などにもより、地域独特の教育等を
発展させることが可能となります。

 農業地域が主体となる地域に、それを省いた教育を
していれば、そうした人材が育たないのも当然です。
また、都市地域に居ながらMultitask(マルチタスク)
としての業務遂行能力がなければ、情報の波に飲まれ
自分達の将来を見失いがちになってしまいます。

 個人として己を知ること。文化として自らの生活や
慣習を維持する意思や種の保存等を意味して、社会が
文化の集団と定義致します。文化の結合=社会ですが
”社会主義”となると別で「階級文化」等を意味する
意識が強いと個人的に思っております。「ここで言う
社会とわ文化的集合を意味し、社会主義等を強調して
いるわけでわありません」

 現状でだと日本国民における能力は、常に依存的で
依存の基に和を強いられています。しかし現代人は、
それまでの義務教育から既に活動能力の範囲を大きく
現代社会の範疇から超えており、むしろ現代社会への
失望感から、就労等への義務を放棄したくなる心理に
陥ってしまいます。

 現代の経済危機を乗り切る為には、個人の夢を育て
社会への希望とし、そのれらの力を利用して会社や、
地域、国家、そして世界を運営する必要があるのだと
思われます。

 自らを自衛しつつ、周囲との共存を維持するための
能力が求められています。

 日本国憲法の概念は、国家的に適用される以前に、
我々日本国民である個人に適用されなければ、それの
効力を示しません。

 誰一人として”自衛の概念”を怠ることは、今後の
世代として許されません。例えそれが悪党であろうと
自らを自衛し、自分の文化の維持、向上を図ることを
するのが人の心理です。しかし、できることならば、
そうした悪意を自らが理解し改善しつつ、次からは、
少しでも社会的に良き行動を行える手段等を選択して
欲しいと思うのが私の本心です。

 教育、現代日本の家庭でわ知的な欲求不満に陥って
おりますが、それを国家が満たすことができますか?

 「世界規模で有能な人材を育てる」これは、人類の
大きな課題となり、そうした意識で国内問題から世界、
そして宇宙への開拓へと繋げて貰いたく思います。

 そして合言葉は、「子供達の好奇心をくすぐりつつ
その好奇心を我々、社会人(大人)達が満たすことが
できるのか!」となります。

 でも、いつだって自分の子供が、一番・・・でいて
欲しいですよね♪ その為には、何が必要でしょう?

 子供達に与えられる環境を整備できるのは、誰か?

 以上、疑問と自らに抱きつつ、教育問題へと取組み
子供達の存在を理解しつつ義務教育のあり方を決める
必要があると個人的にわ考えています。

−−−後書き−−−

文節として、幼稚なもので博学的な代議士方々の心情を
苛立たせるものがあるかもしれませんが、どうぞ前向きに
ご検討いただき、ご活躍いただけることを望んでおります。

 E-Mailを一般に公開されてる国会議員の皆様全員(政党
派閥に関係無く)に、配送を行っています。

 今更ですが、今回は、実験的に匿名希望です。

 代議士、秘書様、関係者の皆様方の御活躍と御健康を、
望んでいます。皆様あっての、一日本国民である私です。

                一般国民の一人より♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、国内の教育問題に付きまして

天使 知的な欲求を増大させる為のSwingByである。

悪魔 家畜の如く人を飼いならすことが私の選択。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =