記事一覧

高齢者の場合は、定期的な運動が健康の秘訣♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/1/26(火) 午後 2:04

ファイル 7853-1.gif

定期的な運動!

 っと言ったら、Radio体操にほか無いのかと
想われますが・・・w

Sweden(すうぇーでん)で、『Radio体操』を広める女性が一人・・・w

 私のYahoo!Blogで御友達となる、Mejaさんは、
職場などを通して、彼女を中心にRadio体操が、
広まっているとのこと・・・w

参照 MejaさんのYahoo!Blog

>追伸

 mejaさんは、Swedenで女剣士として『{{{剣道}}』も、
広めています・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

体操

 定期的な運動と言われてもSports等の趣味が
無ければ、運動をする機会が無いと想われます。

 しかし仕事によって、肉体労働などの関係で、
運動性を必要としている職場だと、準備体操が
必要である事もあるようです!

 私が過去に体験をした職種で、建築現場での
施工業務関連では、日々の着工前に全体朝礼へ
参加する場合は、必ず準備体操を行います!

 そうそう一般には、準備体操をRadio体操との
名称で把握されている人が多いのかとも想われ、
『 Radio体操 』との名称は、番組名であると
想われます・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 つまり日本の職場では、建築現場以外でも、
工場などで準備体操が朝の朝礼後に行われると
言うところがあり、其れによって「運動性に
関する事故を防止する効果がある」として、
大いに役立っていると言われています!

結語

 日本国の場合は、厚生労働省からの公表に、
「 ひやり・はっと 」っと言う物があって、
それは、『 Heinrichの法則 』からの日本版
として公表をされています。

 Heinrich's law(はいんりっひの法則) は、
労働災害における経験則の一つである。1つの
重大事故の背後には29の軽微な事故があって、
その背景には300の異常が存在するというもの。

             引用 Wikiepdia

 それを私が知ったのは、HumanError(人的過失)
との観点で、色々と調べた時でした。

 皆さんも御存知の通り、嘗て私が作成をする
文章には、誤字などが多いことが不評でした!

( -ノω-)こっそり♪<でも理由が有って、誤字の修正をしてなかったんですか・・・w

(∇〃) .。o(その理由に付いては、又の機会に♪)

 さて、色々と私達の生活状況を調べてみると、
何にでも『 準備 』と言う物が重要であると、
されています!

 仕事でも業務準備、作業準備などがあったり、
食事でも前菜、食前酒があって、運動でも準備
体操がある。

 更に最後は、かたづけ、Desert(でざーと)、
整理体操まであるのだ・・・w

 それらの観点からも解るように、「人が日々
安定した生活を保つ為には、『準備』が必要で、
その作業が終わった時には、『整理、纏め』が
必要であるのかと想われます。

補足:文章における『初めと、終わり』

 文章でも、起承転結、序論・本論・結論との
形式の表現が有るのかと想われます。

 しかし一般の人だと、無限に展開する話題を
提供しつつ、それを体力の続く限りに話続ける
と言う人も居たりします・・・w

( -ノω-)こっそり♪< ここにも・・・www

 宇宙の拡大のように、広がる話題を放出する
人も居れば、それらの話題から興味を抱いたと
される部分を、更に専門的に調べたりするとの
人も居るのかと想われます!

 私が、現在のような文章形式で記載をすると
言うようになったのは、法律関係と、Project
Managerの資格試験に関する学習を行ってから、
その影響を受けて変化しました。

 更に裁判所などへ提出する書類の作成なども
影響が有りましたが、その基本が『 戦略 』
と言う部分で軍事戦略論から学んでいることも
影響しているのかと思われます。

 つまり文章で相手に表現をする時に、情報の
発信者として「何を伝えるかを戦略、工作的に
行う」との手段として使うように成ったが故に、
表現もだいぶ変って行きました。

 そうそう!

 ちなみに、裁判所でも、『 準備書面 』と
言う物があって、訟廷にて行われる審議などで
相手方との『 論争予定内容 』を、予めにと
提出するような形式と成っています!

 逆に、その関係から当日に裁判所へ出かけて、
訟廷行為が始まっても5~10分程度で終わる
ことも有ったりして、それに慣れてない私は、
激怒したことが有る!

 つまり、裁判へ行く為の費用や時間、労力が
どれだけ負担に成っているのか、裁判所側にて
理解されてない!

 っと言う感じで激怒していた事から裁判紛争
と言う形での争いが始まり、その後にて司法の
Ombudsman活動との観点で裁判所版も始まった。

 更に最大の課題は、経済的理由の自殺行為を
減少させることにあるのですが、3年を経ても、
それが叶わない状態にあり、関連的不可抗力と
言う部分で、防犯的な要素までも取り入れてる
ことが可能で有ることも解っている内容にとも
成っているのですが・・・。

 私が決意してから3年、経済的理由からでの
自殺数累計は、24000人・・・。

 交通事故の防止課題は、早かったけど今回の
課題は、時間がかかり過ぎているのかと想われ、
『 局所的な修正工作 』から、『 全面的な
攻撃形式 』にと切り替えてみようかとも・・・。

 ・・・っと言うのが私の文章における始まり
であって、現在でも続いている表現方法である。

 今年の課題は、経済的理由の自殺者を減少!
または、解消することに有る。

 その決意の理由には・・・

日本国 憲法 前文 一部抜粋

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な
理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に
信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、
平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する
権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視しては
ならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に
従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の
責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を
達成することを誓ふ。

第十二条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、
これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならない
のであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 日本の国籍を産まれもって有しているからといって、
日本人であるとは、言えないのかと想われます・・・。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪