記事一覧

まお坊の、あれこれ♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2013/2/12(火) 午前 3:02

まお坊と白鳥!

 芸術の分野で白鳥は、男性器にと
例えられることが有る。


 また仏教でも、白鳥が登場する。

 阿修羅の娘である舎脂が、水辺で
白鳥に化けて遊んでいた所を、狩りに
来ていた帝釈天に、手篭めにされて、
後に帝釈天の妻と成ったとの逸話が
ある。

 もともと阿修羅は、娘を帝釈天へと
嫁にする想いも有ったらしかったが、
帝釈天は、「狩場で狩りを行ったまで」
と(正当性を)言い張り、それを『道理の
通らない(筋の通らない)』として、対戦
が始まる。


 これは、戒めの物語であり、「とかく
同じ結果であっても、その過程により
争いが絶えない」と諭(さと)した内容に
成っている。

 そして、数千年に及ぶ人類史から、
変らぬ(不変)文化的な性質でもあり、
皮肉にも、「 対戦によって、人類が
進化している 」との事実である。

動画
 ・探偵物語
  ・YouTube



 そもそも Olympic(オリンピック) は、
Amateur(アマチュア)精神が基礎にと
成っており、Professional(プロ)とは、
区別されるのが好ましいのかと想う。


 そう言う意味合いでまお坊に対して
は、阿修羅の思いである。


とんで、とんで、とんで、まわって、まわって、まわるぅ~♪
 ・・・虚(むな)しい。

 
なんか・・・
 女性に成っちゃったよねぇ・・・w

 異性や同姓から、性的な魅力の有る
女性に成ったと言ういか、色気づいたと
言うか・・・ww


参照 Yahoo!NEWS


結語 
 そうそう、『 氷上の宝塚 』ってのも
好いのかと想われる♪

 つまり氷上で、本格的な演劇をする。

 そうだなぁ、Figaro(フィガロ)の結婚、
『恋とは、どんなものかしら』なんて、
どうかと・・・。

動画
 ・モーツァルト《恋とはどんなものかしら》(フィガロの結婚より)
  ・YouTube


 梅子ちゃんを、想い出す・・・w


 西洋贔屓も好くないので、日本舞踊
なんてのも、どうかな?

 まい坊と一緒に連獅子なんて、どう?


 日本舞踊の師範(名取)にと、招待を
された時に見せてもらった踊り、なんだ
けども・・・。

 この物語の意味合いも、重要だと思う。


おまけ
 とかく、この世は、筋の通らない・・・。