記事一覧

No.88 主幹道路には、Lifelineが導入されて行く

*======================*
   万<よろずがく>学  2  No.88
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2005-02-10
問題 主幹道路には、Lifelineが導入されて行く

 都市政策などの関係で、国民が必要とするLifelineの
Infrastructureが主幹道路に集中しており、光Fiber等の
文化向上に繋がるLineも、含まれている。

 これらを考えますと主幹道路建設と限らずLifelineを
含む道路の建設には、後々の都市再構築などで負担にと
なららない工夫が、建設前の段階で考慮する必要があり、
これにおける発展型(再構築可能な)建設が求められて
いると思われます。

 それに伴い、信号機(道路交通情報、道路規制表示を
含む)なども効率化が進むことが見込まれていますが、
それにおける建築業者、設計業者、都市政策に伴う道路
政策の役員達の認識における広大でかつ将来的な視野が
求められてきます。

 私の知る限りでは、会議やすり合わせ等でようやくに
知った情報を話し合うのでわなく、各々が専門的情報を
回収し、外部や第三者の情報機関を利用して、それらを
取り入れる考えが必要になります。

 私の知る限り、主権者達の情報視野等が極度に狭く、
それにおける弊害が極端に大きい。恋愛も同様ですが、
魚眼lensで物事を見えているような状況の会議等では、
政策議論の場としての意味が無いと考えています。

 各大学における研究や、建設における各民間企業の
建設研究(得に中小企業における技術には、大企業に
なしえない部分を補える事があります)などの様子を
Internet等を通して、安易に把握するができる時代と
なった今日では、政策議論での場において処理される
べき情報の量の少なさと、それにおける解釈の無さが
目立つ感じがします(政治政策も同様)。

 それらを踏まえて、進展ある構築技術を取入れつつ
再構築可能な道路環境を踏まえて日々建設においては、
進化を遂げてゆかなければ、情報ばかりが飛び交い、
文化的向上の想像は、Internet等の画面だけに留まり、
物価の安いとされる海外の発展途上国等へと技術等が
流失し、自国の発展よりも後に途上国を支援しつつも
自国が衰退してしまう現象が発生してしまいます。

 また海外の道路建設などの様子とも比較し、発展的
且つ再構築可能、そして再構築においては、住民達の
生活を脅かさない、そして現状における公害的環境を
保護し、改善する必要があると思われます。

 日本国内における中小企業の小さな技術力を大きく
育てることができる視野も、道路政策において考慮が
される必要もあると考えています。

 上記は、下記URLに記されているHPに記載した内容です。

道路政策 MonitorHomepage

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学2的、主幹道路には、Lifelineが導入されて行く

悪魔 Lifelineに依存するならば、それを断てば・・・。

天使 Lifelineの経路を多分化する事で、経路を確保。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =