記事一覧

新しい仲間が登場した!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/30(日) 午後 8:04

『あみねこ』探検隊

 三匹の『あみねこ』が探検をするのだが、
まだ三匹とも産まれたばかり・・・w

 でも産まれて、数日で既に私のところへ
旅に出ているのである・・・Σ(〃▽〃)あはぁ♪

よろっちゃ王国の伝説

 よろっちゃ王国でわ古くからの慣わしで、
満7歳を迎えると、男女を問わず一人旅に
出なければ、ならないのである。

 しかし、その殆どが1日未満で、帰って
来てしまうのである。

 そんな子供達であっても、その家庭や、
王国の民は、改めて迎え入れるのである。

 ところが極稀に帰ってこない子供がいる。

 旅立つ子供への掟は、二つ。

1.落ちている武器を拾っては、ならない。

2.旅立つと同時に、王国を追放されると
 言う事になるので、王国の民であると、
 言う事を語っては、ならない。

 当然に、帰ってこない子供の消息等は、
解らないのである。

 ですから両親にとってわ弱虫でも帰って
来てくれた方が、嬉しいのが本音である。

 しかし、帰らぬ子供は、王国としては、
騎士の称号が与えられるが、未だ国内で
その授与を行った者が居ないと言うのが、
現実である。

 ・・・又、国家としても国を出た子供達の
行方を追う事が無いのである。

 両親わ例え一時であっても、子供を失う
と言う苦しみを知り、子供わ親の温もりの
重要さを知る。

 人知れず、その存在すらも明らかにとは
なっていない『よろっちゃ王国』に三匹の
『あみねこ達』がやってきたのである。

あみねこ達の身分

 あみねこ達は、産まれたばかりの子供で
あって、民として迎えいられるのであれば、
当然に、例の儀式の対象となる。

 つまり、又再びに旅に出されるのである!

 っと、言いたいが、もともと、よろっちゃ
王国の民の子でわないので、産みの親の元へ
一時帰宅を兼ねて、道中を旅をしながらに、
帰り、そして改めて、よろっちゃ王国の民に
なるのかを、決めると言うのである。

 しかし、その帰り旅にも条件があるのだ!

1.日記を付ける
2.Digital写真をとってもらったら、時々に
 BlogsのGuestBookに報告をしてもらう。
3.よろっちゃ王国による召集命令、その他の
 命令があった時には、即座に駆けつける!

 などが、初期に検討をされているのですが、
後にどうなるのかは、未だ定かでわない。

(-ω☆)きらぁ~ん♪

ファイル 7960-1.jpeg