記事一覧

No.51 押し付けがましい、義務教育に意義あり!

2005-01-01
*======================*
   万<よろずがく>学  Ⅱ  No.51
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2004-08-08
問題 押し付けがましい、義務教育に意義あり!

 この世の中にわ万人の人がおり、更に千差
万別の性格を持ち合わせている。十人十色と
言う発想では、物を考える規模が狭いのだ。

 世界規模で物を考えられる日本人としての
国民性が育たない限り、”平成”と名付けた
時代の意味合が、薄れてしまう気がする。

 義務教育とは、先に社会人となった者達が
後に社会人となる国民舘の礎となる為にと、
生まれ持っての本能と別枠に、むしろ本能と
同等に必要とされる社会的な知識を認識する
べき内容を、教育していると国側でわ主張。

 しかし戦後を経て日本人としての国民性も
豊かになり、生活等においても十二分過ぎる
環境を与えられた未成年者達がいる。彼らは、
日本経済社会という社会環境に対して困惑を
示すばかりである。

 学習と言う言葉には、『物事を学ぶに対し、
訓練、研究、実験、好奇心、開発、動作など
自らが人間として可能な、活動を論理的かつ
物理的に理解し、効率の良い方法を見出す、
また求める行為でもある』と私は、考えてる。

 人間とわ不思議なもので、日常の生活等で
どうすれば自らの生活が自分にとって効率が
良いものになるかと考える生き物であって、
日々の生活での仕事量が自分自身にとっては、
大目だと感じる生活空間が自分自身の能力を
最大限に、引き立ててくれる。

 つまり、適度に忙しいと言う生活環境こそ
人間の向上を図れる環境であると言えるのだ。
が、『それは物理的な作業効率を上げるとの
観点でしかない』ことにも注意して頂きたい。

 芸術や創造には、時間をかけて取り組むと
言う必要があって、急激な進化により人間の
本能として急激な環境変化に対する不安から、
警戒心を抱き、更に暴力的な防衛意識を抱く
場合もある。これら等は、貧困層に見られる
”革命の種”となる部分である。

 「感情や好奇心から学びを求める」等との
観点以外に『自らの生活において必要となる
知識を補う』との目的から、学習を望む者も
今の時代の若者達には、沢山居ます。それら
学習の場を求める者達の中には、義務教育の
分野を含む”再学習”を求める人達もいる。

 義務教育を受けていた時代、それら学習を
拒否したり、ただ”こなす”だけの学習等を
していた場合には、長年の月日を経てそれが
忘れらされてしまう。ところが後の人生で、
それらの義務教育で教わったらしき内容等を
”忘れた、学ばなかった”等の理由によって、
妙な人生の壁に当たってしまうことがある。
しかもその壁に対して”諦めて回避する”と
言う行為が日本や先進国の文化的定番となり、
怠慢なる文化生活を送るようになる。

 そうした小さな歪みによって発生している
人類的文化の方向性は、分度器などで見るが
如くに、拠点でわ大差ない1度の角度でも、
距離が離れれば、その差が歴然になってくる。

 現代企業の反社会的不正行などが発祥する
原因が、恐らくそうした歪みによって発生を
しているのでわないかとも、私的にわ思う。

 どうせ○○だから…、皆だって、○○だし。
そんな観点から物事を考える環境を維持して
いることにも繋がっている文化的先進諸国の
生活環境には、”帯に短し、襷に長し”との
状態である。そうした状態を検証するならば、
”帯に短い”部分を、付け足す為にわ更なる
能力を必要とする。ならば”襷(たすき)”
として短く切ってしまうならば、どうだろう?

 襷として使用する発想は、やらしい欲等が
ある場面では、効果が現れれない。それらは、
市場における利益確保等にも通じます。また、
”短く切った襷の余り布”を再利用するとの
発想は、物を再利用すると言う意識のなかに、
それを工夫する為に思考をしなけれならない
思考への挑戦が含まれることにもなる。

 戦後の間もない時代は、そうした環境から
主婦達が大活躍したと言うことを、万学にて
とりあげていますが、経済的な高度成長期も
各一般家庭や企業でも、似たような現象等が
生じており、そうした適度な負荷を与えると
言うことで、人間個人の向上が図れるのだ。

 実は、”危機管理意識”と言うのは、その
極論であって、その応用に当たるのが訓練的
環境である、学習の場であると私は、思う。

 押し付けがましい義務教育を一度だけ受け、
それを習得した人間が、その能力を誇りにし
生きて行くことは、勝ってである。しかし、
再教育と言う観点を社会的に取り入れるなら、
かなりの意味合で、文化的視野が広がる事が
期待されるのだ。

 義務教育は、社会諭(世間諭)としてでの
評価的な時期相応での義務教育でわあるが、
個人の納涼苦や生活環境によっては、そらが
適切だとは、いえない場合があるのだ。

 民主主義と言われている現代でも民を表す
言葉の意味が日本語的だと『国家社会を形造
る人であって、人民、万民等を表している。
(広辞苑・新村出編)』それらか察するには、
「個人を示した言葉でわなく、民数的集団を
表してる言葉であって、個人の存在を守ると
言う観点が無い」と考えるべきかもしれない。

 三権分立からは、”立法、司法、行政”が
唱えられているが、立法が意味しているのが、
「立法とは、法律の制定であって民衆たちの
合意の下で成り立つ」。更に、行政などが、
それらを保安し、管理する立場にありますが、
これら二つが、骨組みとなっている。しかし、

 司法と言う分野は、なぜあるのか?

 その立法や行政行為が、万人が生活してる
環境全てに当てはまるとわ限らず、それらを
事細かく分析し、判断する場所でもある事を
認識していない人達は、かなり多い。

 平和と言う状況は、万人の生活が維持され、
好条件を零と言う基準にして保つことなどが
求められると思われるが、いかがだろうか?

 しかし、個人と言っても限界があるのが、
人間の特徴であり、個人の個性が認められて、
更に男性、女性がいて文化があり、そうした
文化の複合が社会で、それらを一つの括りと
したのが国であって、それら地球上の国々を
まとめた言葉が、世界である。

 社会的常識を認識させるまたは、そらでの
予備的知識や補足的な知識を得る為の手段を
得る為の義務教育を、習得する方法が人生で
一回だけど言うのは、Nonsense だと私は、
考えている。

 私は、あらゆる手段を用いて知的向上等を
個人からなるべく大きな規模での向上を図る
べく手段を常に思考している。との観点から、
この”義務教育”と制度の再度改善が必要と
考えている。

 ”ゆとり教育”からの第二段。その名も、
”知的欲求を抱かせる教育”へと転化して、
学習を自ら求める国民性を求めてみたい♪

 といった、個人の考えが何処まで国家に
認められるのかが、私の人生での面白みで
あると言うことは、言うまでも無い。笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学?的、押し付けがましい、義務教育に意義あり!

天使 心の内から学ぼうとする人が大好きです♪

HIRO 知的な物を求める人は、大好きです♪

悪魔 無知と鞭が、大好きです♪

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =