記事一覧

No.26 農業分野における各分野の制度見直しについて

2003-08-01
*======================*
   万<よろずがく>学  ?  No.26
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2002-吉日
問題 農業分野における各分野の制度見直しについて

 高度成長期を迎え、その後に不景気を迎える事に
なった日本経済に対して、Service業の繁栄が一つの
問題になっております。

 産業における分野わ1次から始まり1次産業である
農業、畜産、漁業などが人間文化の基本的な産業です。
また見落としがちになるのが”人間の生産”分野です。

 JAをはじめとする機関を通して、農業分野の規制が
好景気経済時期に規制されたままとなっております。
その影響を受けて、農業における一般国民の見直しが
起こっているさなか、なにかと足枷となっている農業
規制に対し、一般のサラリーマンから農業への転職を
容易く行えるよう考慮改善する必要があると同時に、
農業における発展の為の”農地規制見直し”も必要と
考えています。

 中国における農地改革が進めば当然に圧迫されると
見られるのですが、農薬などに対する信用や安全面を
考えると、一概に1次産業を依存的に海外に頼る事は、
好ましくないと思われます。

 お米の備蓄から”優秀なるお米の輸出”に着目して、
新たなる輸出の利益確保を検討しておく必要があり、
これを怠ると、後に輸入食品における問題から農業の
衰退から消滅へと進み、産業基本である1次産業等を
失う事で連鎖的に日本経済の破綻に至る恐れがあると
考えています。

 今日の日経市場での不景気と別枠で深刻化されてる
『各産業分野での開発状況』でわ見た目の経済観との
観点よりも、かなり重要且つ深刻的に伸び悩んでいる
様子を見受けられます。

 開発は、産業界での新化を意味する事にもなります。

 産業の面で見落としがちな”人の生産”に付いても
『教育、環境』の二本柱を中心に考える必要があり、
これにおける分野の更なる見直しが必要と考えます。

 人口の生産は、本来だと社会的視野で語るのなく、
文化的に語られるべきであり、政策などで国民に対し
押し付けるのは、もともと良くない傾向だと思う。

 人間以外の動物達が、子孫を残す為にどのように
環境条件などを選択するかを考えてもらいたく思う。

 子孫繁栄と言う事が、必ずしも子孫が増える事を
望んでいると言うわでわありません。また人間は、
消費的な存在であるわけでなく、そうした観点から
経済的な分野でも、”灯台下暗し”となっています。

 物事の基本を科学的に考えるなら、動物が育児や
出産を考える場合には、それ相応の条件を限りなく
求めるのが親心であって、それを怠りつつ出産等を
考えるのは、ある意味で”量産型一般人思考”だと
私個人としては、思っています。

 人間の性交には、恋愛感情なども踏まえて発生し
好意に至った後に受胎となりますが、その安易的な
行動の中には、当人達が理解できない遺伝子交配も
行われている事を注目しなければなりません。

 人柄や性格は、育った環境や対人関係で幾らでも
変化すると医学的にも言われております。そこで、
必要となるのが、文化的視野での家庭環境保護です。

 今日でわ社会政策の一端に値する『家庭保護分野』
ですが、社会と言う観点から言うなら”社会貢献の
見込みのある者達を重視する”と考えてしまうので、
当然に排他行為が存在し、社会的貢献度や地位等に
大きく左右されてしまうことになる。

 人の能力は、もって産まれた身体や育つ過程にて
学んできたことを後の人生で役立てる事が人間的な
物事の原理となっておりますが、身体障害分野でも
近年でわ開拓が進み素晴らしい成果を得ていますが、
肝心な健康体である人材の管理、及び更なる育成が
不充分です。

 社会的地位を得る為に有益なる分野に着手しては、
扱いのしずらい分野を避けて、政界を渡ろうとする
輩や政治団体に付いては、文句の一つでも言いたい
のが現在の心情です。

 第一、不思議なのが世界的テロ国家である某国の
占拠では、全ての国民が指示しているという結果に
なりましたが、実際に見積もっても7割以上ぐらい
民間連鎖的な支持を得られているだろうと考える。

 それに対し我が国日本国家での政治については、
国民が只単に依存しているだけ出なく、議員選挙に
参加していない様子からしてみれば、その多くが、
『政治を依存しているので無く、政治的視野を放棄
している』と判断するのが妥当であると考えている。

 こうした状況に幾ら政府側が国民に呼びかけても
選挙権を持っている半数以上の国民自身がそれらを
放棄している状況下で、政策に基づく国民の動向を
間接的に促しても、意見や意気込み等をを支持して
いるだけであり、動向までに至らないのが現状です。

 日本の国民が、如何なる困難な状況下にあっても
後の経済発展の為に努力をする意気込みに付いては、
国民個々の”元気”無くして語れません。

 今日の日本における社会人としての人材の多くは、
精神的にも心身的にも、やんでいる状況下であって
鬱病などと言う病気を蔓延化している環境を維持し、
これにおける改善すら行える気力がありません。

 今迄の国家政策による各政党分野の主張が悪いと
言うわけでわなく国民に元気を与えるべき、”力と
知から”が必要とされています。

 国民は、常に元気の源である健康を求めなければ
ならず、これに対して国側の政策としても、それを
保護する受身の態勢を取るべきと考えてます。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学?的、
   農業分野における各分野の制度見直しについて

天使 農業の見方を変え、別の枠から農業と言う
   分野の利点を見出し改めての発展を遂げる。

悪魔 農業分野には、公的な機関の強制力によって
   規制をし、最終的に農業者から土地を奪う。

HIRO 農業と言う作業を分担的にして、会社的での
   各部門分野として作業処理してわどうだろう?

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =