記事一覧

Linux/OSS System構築最新動向Seminarへの参加

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/6/17(木) 午後 11:22

講習

 本日(平成22年06月17日)は、東京品川まで
Seminarへと出かけて来ました。

講習内容

Opening

Title :2009年度Enquete結果概況
講演者 :
 株式会社日立 System and Service 吉田行男氏
 The Linux Foundation 小薗井康志氏

Panel Discussion

Title : 『OSSシステム導入のそこが知りたい』
Moderator : 株式会社日経BP 高橋信頼氏
Panelist :
 Redhat株式会社 中井雅也氏
 株式会社日立 System and Service 吉田行男氏
 日本電気株式会社 淡路修一氏
 株式会社富士通 Social Science Laboratory 筒井敏人氏

Session1

Title : 高可用性・高信頼性SystemにおけるLinux/OSSの導入
講演者 : 日本HP株式会社 赤井誠氏

Session2

Title : Ruby on Railsの社内System適用事例
講演者 : 日立 Software Engineering 株式会社 堀江謙一氏

セッション3

Title : 国産OSS開発秘話?OpenPNE~
講演者 : 株式会社手嶋屋 手嶋守氏

感想

 毎回のことですが、解らない事が多いので、
色々と質問をしていまう・・・www

 が・・・。

 Linux系の講習に参加すると不思議と色々な
方に話しかけられる。

 今回は、『 TradeWindsConsulting(株) 』で
Consultantをされている、海外の方に御声を
かけてもらい・・・(*^・ω・^*) っぽ♪

( -ノω-)こっそり♪<ところで私は、英語を喋れませんよね?

(∇〃) .。o(頭の中で『I cannot speak English♪』と想いながら、口で「英語は、喋れないんですよ♪」っと!)

 英語で話しかけてきた相手方に、しっかりと
日本語で表現する私ですが・・・www

 「あ、日本語で大丈夫ですよ、解ります♪」

だって・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 主に各証券取引所を顧客としてSupportを
行っているとの事でした!

( -ノω-)こっそり♪<DayTrader程度の私には、大それた御方でして・・・w

(∇〃) .。o(小谷真生子嬢に成ったつもりで、色々と聞いてみることに♪)

 短い会話でしたが、色々と知ることに・・・w

 予断ですが、私の人生で不思議とAustraliaの
人には、出会う機会が多い・・・Σ(〃▽〃)♪

 その時に私が仕入れたかった情報としては、
「 公共機関へLinuxの導入を勧める時に、良い
物である事は、相手にも理解されるのですが、
それを現行の環境から転化する費用など、詳細
情報に欠けてしまう為、世間話で終わってしまう
ことが多かった 」ので、Hard VendorとSoftware
Vendorの中継となる、ProjectManager的な起案を
行う必要が有り、そのSoftware方面での開発にと
長けている団体や、企業などの情報や、それらの
相談の窓口に付いての情報を探していた。

 日本HP株式会社の方に講習終了後に訊ねたら、
「 HPが公共機関に関与をすることは、基本的に
外資企業と言う観点で難しい 」とのこと・・・。

 御門違いの質問をしてしまったのですが、
色々と、打開策となる情報などを頂けました♪

 他にも、株式会社日経BPの方にも、同じような
質問を行っており、「 講義終了後に♪ 」っと
私が言っておきながら、私は、HPの方へ・・・w
後から、話に加わって頂けました・・・w

( -ノω-)こっそり♪<HPの方と、つい夢中に話し込んでしまって・・・w

 今回も遅刻での参加となり、17時までの
講習を受けてきました。

結語

 IT系の要望を、公共機関に提案するときには、
相応の説明が必要に成るのですが、ITのIも知ら
ないと言う人達を相手に、良いものであろうこと
までを理解してもらっても、具体的な部分までを
理解してもらえず、『 子供の夢物語 』にと、
成ってしまう。

 そこで、もともとProjecManagerの資格などを
習得の為に学習をしていたので、それに使われる
企画書的な表現で、相手に説明するのだけども、
どぉ~しても、Softwareの部分だけが詳細説明を
行えない・・・とほほ。

 その部分が理解できれば正式な起案書(要望書)
などが作成を造れるのですが・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

 さて、私の本業と成るLinuxを家庭に導入する
との観点ですが、それに関しても、早ければ来月
から、無料講習などを展開する予定です。

 つまりは、「 一流企業などが導入をしていると
言うようなOSなどを、個人でも趣味程度で無料にて
運用が行える♪ 」っと言うのである・・・www

 それらを皆さんに、教え伝えようかと♪

( -ノω-)こっそり♪<今月、来月は、裁判所の業務改善を国会側へと提案する強化月間に・・・w

(∇〃) .。o(裁判所を民さまが裁いてくれる♪)

 ・・・冗談ぽく、聞こえるかもしれませんが、
かなり本気です・・・w

 確実に、遂行させないと!

補足1

 すっかり忘れていたのだが、私の恋愛感覚には、
どうも賞味期限が有るらしく、Idol的にな女性に
対しては、大体が3年程度で・・・。

 昔は、TVを見て好く尻尾を振っていたもので
ありますが・・・www

 ここ数年だとTVをまったく見なく成ったので
すっかり忘れている・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 現在では、HPで番組内容を見れるように
成っているようです♪

( -ノω-)こっそり♪<・・・っが! 私は、見てない・・・w

(∇〃) .。o(あの番組、または、HPを見ても、裁判所が改善をされる見込みが無い♪)

補足2

 公共機関へのLinux導入よりも、裁判所の
業務改善を優先しないと、多くの民が世間的な、
不信を強めてしまい、現状だと既に倫理の飽和と
成る状態に至っており、それらが原因で日本国の
経済性が弱まっていると、個人的な結論として、
判断をしています。

 ・・・ので、「 つまりは、日本国の経済や、
文化向上の為には、裁判所の利用効率を上げつつ、
倫理性の向上を目論む必要があって、民事訟廷の
利用品質などを高める必要がある 」のですが、
現状だと程遠い状態にある。

 司法分野と、医療分野に、社会制度を導入した
ことが悪原因と成っており、司法(医療)人員が
神秘化している状態を、国民から見れば陳腐化と
成っており、法規(健康)を守るよりも、不法な
行為(不健康な行為)を行った方が利益性などが
高いのだから、法規(健全性)を守る義務などが
あっても、倫理性(健全性)の価値を見出す理由
なども無く、倫理が飽和しても当然である。

 しかも最悪なのが、司法公務員に経済的観点が
無い人員が、殆どであり、挙句の果てに違憲的な
対応を平然と行ったりするのだから、倫理感等が
飽和しても、別に変なことでも無い・・・。

 裁判所が、何とか改善をされないかなぁ~・・・とほほ