記事一覧

No.20 課題 司法試験と裁判の傍聴

2002-12-01
*======================*
   万<よろずがく>学  ?  No.20
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2002-08-14
課題 司法試験と裁判の傍聴 
副題 2002-08-14 <日記>より 抜粋

 司法試験合格者の多くは、実際の裁判を片手で
数える程度しか傍聴しておらず、卓上のみによる
資格取得の学習方法には、かなり問題も有るのだ。
 よって司法と言う分野において実務的経験との
意味合で、実裁判の傍聴を〇回数以上傍聴した者
等との条件も付け加える事を国会へと議題として
不特定多数の国会議員に提案して行きます。

 司法改革は、司法技術者が行うものでなくて、
社会の為に国民1人1人が、十分に考えて同意する
べきであって司法技術者にその判断を委ねる事は、
権威の超越的な行為と考えるのが妥当です。

 メタルカラー(特殊技術者)は、自分達が選択
した職種であって、民主的に選ばれた人材による
職種で無い場合も有り、これにおける場合には、
国民の社会性を問うべき分野であり、特殊技術者
だけの思考での社会構造行使は、民主的でない。

と言うことで、、、ちょ〜っと頑張ってみるか♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学?的、司法試験と裁判の傍聴

天才 実務における倫理観を養うためにも裁判での
   傍聴における体験を、必要とすべきである!

悪魔 医者もそうだが、経済社会において人の命も
   対価的に金銭で考えられる時代に善悪等無い。

HIRO 実は、医師などの分野でも経済効果における
   非社会性なる経済効果が問題になっています。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =